知っておきたい火災保険の相場

地震保険の加入率はどのくらい?あなたが住んでいる地域を徹底調査

地震保険の加入率はどのくらい?あなたが住んでいる地域を徹底調査

火災保険には加入しているけど、地震保険はまだ加入していない人も結構いるのではないでしょうか?

「損害保険料算出機構」では、前年度の地震保険加入率を発表しています。

今回は、各都道府県の地震保険加入率についてお伝えします。

地震保険の加入率は年々増加傾向にあり

ここ最近、地震による震災が多くなってきています。

地震保険は1964年に発生した新潟地震を機に法律が施行され、「地震保険制度」が創立されました。

しかし、創立して30年後に起きた阪神淡路大震災では、地震保険加入率が全国平均9.0%に対して兵庫県は2.9%という低さでした。

東日本大震災では、阪神淡路大震災で教訓を得て、地震保険加入率が全国平均26.0%に対して宮城県は32.5%に及んでました。

支払われた保険金額は、阪神淡路大震災では783億円に対し、東日本大震災は1兆2579億円と地震保険加入者に大きく貢献することとなったのです。

では、現在の地震保険加入率はどの程度なのか調査してみました。

地震保険の都道府県別世帯加入率

損害保険料率算出機構によると、2015年度の地震保険の世帯別加入率は、全国平均28.8%と前年よりも0.7%向上しています。

2016年に起きた「平成28年熊本地震」ですが、熊本県の加入率を見ると29.8%です。

加入率からみても地震保険で支払われる保険金額は、東日本大震災より下回ると予想されます。

ちなみに2015年度の宮城県の加入率は51.5%と他県と比べて大きく上回る加入率です。

都道府県 世帯加入率(%)
北海道 22.8
青森 19.7
岩手 21.7
宮城 51.5
秋田 20.2
山形 20.1
福島 28.0
茨城 27.9
栃木 26.5
群馬 20.3
埼玉 30.6
千葉 32.9
東京 36.1
神奈川 34.4
新潟 20.6
富山 20.3
石川 24.0
福井 25.4
山梨 30.2
長野 19.3
岐阜 33.6
静岡 29.7
愛知 39.4
三重 27.2
滋賀 26.4
京都 28.2
大阪 30.7
兵庫 25.6
奈良 27.8
和歌山 24.5
鳥取 23.0
島根 15.3
岡山 21.5
広島 28.7
山口 23.3
徳島 27.8
香川 30.0
愛媛 23.4
高知 25.2
福岡 32.8
佐賀 19.2
長崎 13.9
熊本 29.8
大分 23.1
宮崎 24.5
鹿児島 24.7
沖縄 14.3
全国 29.5

出典:損害保険料率算出機構「地震保険保有契約件数

地震保険の加入率で判断して加入すべきなのか?

地震保険の加入率をみて判断するのはあまりよくありません。

日本は地震の多い国にもかかわらず、全国平均の加入率が3割にも満たないのは異常と言える数値です。

いまの日本では、どの地域に住んでいようと100%安全といえるところは正直ありません。

ですから、地震保険はかけるだけ損とは思わず、万が一のためにも加入しておくのがオススメです。

地震保険のメリット

地震保険のメリットは、補償範囲の広さです。

地震保険法では「被災者の生活の安定への寄与」という保険の目的がさだめられています。

これは、建物と家財の損害補填だけでなくてもいいのです。

実際に東日本大震災の被災者の中には、津波や地震による破損した自動車の買い替えに利用したり、窮屈な避難所生活で気持ちを安定させるために、ちょっとした娯楽などに地震保険金を利用したケースがありました。

こういった費用に充てることができるのも、地震保険の大きなメリットと言えます。

火災保険だけでは地震による被害補償が全くされない

火災保険だけ加入した場合、地震による火災、津波などで建物や家財が損害を受けても、火災保険の補償内容では一切補償を受けることができません。

火災保険会社によっては、オプションとして地震保険補償が付けられるものもありますが、支払われる保険金額が低いので、損害が大きい場合は賄いきれないのです。

また、地震が原因で火災が起きた場合も火災保険では補償されません。

地震による被害補償は、地震保険に加入しなければ補償されないのです。

万が一に備えて、地震保険も同時に加入しておくのが一番安心かと思います。

まとめ

地震保険の加入率は全国的にみても、まだまだ少ないといえるでしょう。

地震保険は、政府と保険会社が共同で運営しているので公益性の高い保険なのです。

そのため地震保険に関しては、どの火災保険会社から加入しても地震保険料は一律となっています。

もし、保険料を安くしたい場合は、火災保険の補償内容や各社の火災保険料を比較することが重要です。

もし新規加入や見直しを検討する際は、複数社から見積書を無料で届けて貰える一括見積もりサービスを利用し、同じ補償内容内で比較するようにしましょう。

利用者数が多い人気の火災保険一括見積もりサービス一覧

年間見積もり件数が多いこと取り扱い火災保険が10社以上あることを条件にランク付けした、「火災保険一括見積もりサービス」一覧です。

火災保険一括見積もりサービスによって、見積もりに含まれる補償内容など異なるケースもあります。なぜなら、保険のプロによって提案の切り口が違うためです。

いろんな提案の見積書を比較したい場合は、2つ以上のサービスを利用することで、具体的な補償内容や保険料を知ることができるため、あなたの希望に近い火災保険が見つけやすくなるメリットがあります。

もし、契約日まで時間がない方は「価格.com 保険」がオススメです。最短で依頼した翌日に見積書の内容を確認することができます。

価格.com 保険

年間見積もり件数30万件突破!安い火災保険が見つかる価格.com保険

価格.com保険の火災保険一括見積もり

国内最大のNo1比較サイト価格.com保険は、大手火災保険会社12社から比較ができます!
また、あなたのご要望に合った火災保険の見積書を無料で作成してくれます。
最短で登録の翌日中に見積もりの案内が可能!
複数社の中から安い火災保険を見つけたい方におススメです!

価格.com保険の詳細を見てみる!

インズウェブ

住宅購入を検討中でも対応!安くてお得な火災保険が分かるインズウェブ

インズウェブの火災保険一括見積もり

インズウェブ火災保険一括見積もりサービスは、大手火災保険会社を含む最大10社から一括で見積もりが可能です!
また、SBIホールディングスが運営元なので信頼と安心感が大きいのも魅力の一つです。
なるべく多くの保険会社から火災保険の見積書を貰いたい方におススメです!

インズウェブの詳細を見てみる!

住宅本舗

大幅に保険料が節約できた実例あり!住宅本舗

住宅本舗の火災保険一括見積もり

住宅本舗の火災保険一括見積は、大手火災保険会社10社から比較することができます!
住宅本舗では、保険代理店と提携しており、あなたの要望に最適な火災保険のプランを提案してくれます。

住宅本舗の詳細を見てみる!

関連記事

火災保険と地震保険に違いはあるの?

火災保険と地震保険に違いはあるの?

地震保険による地震保険料控除とは?

地震保険による地震保険料控除とは?

地震保険加入の注意点と加入手続き方法

地震保険加入の注意点と加入手続き方法

地震保険の必要性はあるのか?

地震保険の必要性はあるのか?