一戸建て火災保険に必要な補償範囲

一戸建て火災保険に必要な補償範囲

一戸建ての購入は、人生で最も高い買い物のひとつです。

大切な自分の資産ですから、しっかりと保険をかけて守っていくようにしたいですよね。

ただし闇雲に火災保険をかけてしまっては、無駄に保険料が高くなってしまうだけです。

本当に必要な補償範囲はどういったもので、どんな補償範囲が不要なのかをしっかりと見極めていく必要があります。

一戸建て住宅の場合はマンションと比較すると、補償範囲が広いと言えます。

つまり本当に必要な補償範囲に絞りながら保険をかけていくようにすることが大切になります。

また一戸建ての場合は立地条件などによって、必要な補償範囲が変わってきます。

一戸建て火災保険の補償範囲の考え方

例えばですが、高台に建てられているような一戸建て住宅と海岸近くに建てられている一戸建て住宅ではその補償内容も変わってしまいますよね。

高台にある住宅では水害を気にするようなことはありませんが、地滑りなどの危機を考えないといけません。

逆に、海岸近くの住宅では水害の可能性は常に考えておかないといけないでしょう。

このように必要な補償は自分の家の立地などと大きく関係していると言えるのです。

また火災保険では火災、落雷、破裂、爆発の4つはセットとなっているものだと覚えておくといいでしょう。

どんなに補償内容を減らそうとしても、この4つは原則的に必須となる補償になります。

基本的にあっても困らない保険となりますので、逆にしっかりと補償されるようにしっかりと考えておきましょう。

建物だけの補償内容なのか、家財も含めた補償内容なのか、しっかりと検討してください。

火災保険を選ぶコツについては「火災保険の選び方」の記事でさらに詳しく解説していますので、良かったら合わせてご参照ください。

利用者数が多い人気の火災保険一括見積もりサービス一覧

年間見積もり件数が多いこと取り扱い火災保険が10社以上あることを条件にランク付けした、「火災保険一括見積もりサービス」一覧です。

火災保険一括見積もりサービスによって、見積もりに含まれる補償内容など異なるケースもあります。なぜなら、保険のプロによって提案の切り口が違うためです。

いろんな提案の見積書を比較したい場合は、2つ以上のサービスを利用することで、具体的な補償内容や保険料を知ることができるため、あなたの希望に近い火災保険が見つけやすくなるメリットがあります。

もし、契約日まで時間がない方は「価格.com 保険」がオススメです。最短で依頼した翌日に見積書の内容を確認することができます。

価格.com 保険

年間見積もり件数30万件突破!安い火災保険が見つかる価格.com保険

価格.com保険の火災保険一括見積もり

国内最大のNo1比較サイト価格.com保険は、大手火災保険会社12社から比較ができます!
また、あなたのご要望に合った火災保険の見積書を無料で作成してくれます。
最短で登録の翌日中に見積もりの案内が可能!
複数社の中から安い火災保険を見つけたい方におススメです!

価格.com保険の詳細を見てみる!

インズウェブ

住宅購入を検討中でも対応!安くてお得な火災保険が分かるインズウェブ

インズウェブの火災保険一括見積もり

インズウェブ火災保険一括見積もりサービスは、大手火災保険会社を含む最大10社から一括で見積もりが可能です!
また、SBIホールディングスが運営元なので信頼と安心感が大きいのも魅力の一つです。
なるべく多くの保険会社から火災保険の見積書を貰いたい方におススメです!

インズウェブの詳細を見てみる!

住宅本舗

大幅に保険料が節約できた実例あり!住宅本舗

住宅本舗の火災保険一括見積もり

住宅本舗の火災保険一括見積は、大手火災保険会社10社から比較することができます!
住宅本舗では、保険代理店と提携しており、あなたの要望に最適な火災保険のプランを提案してくれます。

住宅本舗の詳細を見てみる!

関連記事

火災保険がハウスメーカーごとに火災保険料が異なる理由

火災保険がハウスメーカーごとに火災保険料が異なる理由

落雷は火災保険の対象になるの?

落雷による修繕費用は火災保険の補償対象になるの?

火災保険で長期契約をするとお得になる理由

火災保険で長期一括契約をするとお得になる理由

一戸建て住宅の火災保険で付帯したい特約

一戸建て住宅の火災保険で付帯したい特約

台風被害で火災保険の補償対象になるの?

台風被害で火災保険の補償対象になるの?

家財保険の対象と適用範囲に含まれるものを徹底調査!

家財保険の対象と適用範囲に含まれるものを徹底調査!