火災保険の見直しで保険料を下げる!意外と知られていない秘訣

火災保険の見直しで保険料を下げる!意外と知られていない秘訣

自宅をリフォームしたり、増築または減築など住宅の広さや設備が変わったり、引っ越しをするときに、同じ火災保険のまま見直しを一切していない方はいませんか?

もし見直しをしていない場合は、火災保険の見直しをすることをオススメします。

火災保険は補償内容の自由度が比較的高いので、上手に見直しをすることで今よりも火災保険料が安くなることがあります。

意外と火災保険の補償範囲は広い

意外と勘違いしやすいのが、火災保険の補償範囲には、火災が原因のみに補償が適用されるのではないのです。

実は火災保険には、火災以外にも損害補償を適用してくれる範囲が広いのをご存じでしたか?

実際に補償される範囲としては、落雷や破裂、爆発といった損害補償や、自然災害(地震は除く)や水災など、火災以外にも多くの補償があります。

また、日常生活におけるリスクに対しても補償をしてくれるのです。

もちろん、これらを補償範囲に含めるには火災保険の契約時に、必要な補償を設定する必要があります。

一般的な火災保険料の相場

一般的な火災保険の相場として一戸建ての場合、建物の大きさや補償内容などによっても異なりますが、基本的なプランで年間12,000円~20,000円ほどだと言われています。

新築で住宅ローンを組んでいる場合は、住宅ローンとセットで火災保険に加入する場合もあるので、保険料を抑えることができます。

分譲マンションも一戸建ての相場と大きく変わらないと言われています。

火災保険の見直しが必要な理由

火災保険の保険料算出は、各火災保険会社によって異なりますが、まず基本的な情報といて、「一戸建て住宅」か「マンション」、建物の構造が「木造」か「鉄骨」などによって火災保険料が変わってきます。

さらに、自宅がある地域や築年数、自宅設備によって割引が適用される火災保険会社もあります。

このように、細かい部分からもきちんと把握した上で、各火災保険会社があなただけの見積書を作成するのです。

ですから、自宅をリフォームしたり、増築や減築などを行ったことがある方は、再度火災保険を見直してみることで火災保険料を抑えられる可能性があるのです。

リフォームや引っ越しをしたら火災保険の見直しをする

家を建て替えたり、内装をリフォームしてオール電化にしたなどの場合、火災保険を再度見直す事で保険料が下がることがあるのです。

その理由のひとつとして、各火災保険には独自の割引を設けているところもあります。

例えば、ある火災保険会社では、「オール電化住宅割引」制度があったり、ホームセキュリティを導入した場合は「ホームセキュリティ割引」制度が適用され、最高で30%以上の割引が適用されることも。

このように、リフォームなどで手直しをした場合は、火災保険を見直すことで保険料が下がることがあるので、必ず見直しをするようにしましょう。

火災保険は定期的に見直しをすると保険料が抑えられる

火災保険は、生命保険のように必要な補償額を自分で自由に設定することができません。

建物の評価額から保険金額が算出されるので、建物の評価額が下がればもちろん保険金額も下がります。

保険金額が小さくなると、保険料も下がる可能性が出てきます。

建物の価値は年が経つごとに変わっていくので、数年に1回は見直しの機会を作ったほうがいいでしょう。

建物だけではなく、家財も同じです。

所持している家財も変わっていくので、こちらも見直しをするようにしましょう。

まとめ

火災保険の補償範囲設定や割引制度、保険料などは火災保険会社によって異なります。

いま加入している火災保険ではなく、他社の火災保険に乗り換えるだけで、より安い火災保険料で同じ補償を持つことができる場合もあるので、複数社から必ず見積書を作成してもらいましょう。

少しでも火災保険料を節約するためにも、火災保険の見直しをしてみてはいかがでしょうか。

利用者数が多い人気の火災保険一括見積もりサービス一覧

年間見積もり件数が多いこと取り扱い火災保険が10社以上あることを条件にランク付けした、「火災保険一括見積もりサービス」一覧です。

火災保険一括見積もりサービスによって、見積もりに含まれる補償内容など異なるケースもあります。なぜなら、保険のプロによって提案の切り口が違うためです。

いろんな提案の見積書を比較したい場合は、2つ以上のサービスを利用することで、具体的な補償内容や保険料を知ることができるため、あなたの希望に近い火災保険が見つけやすくなるメリットがあります。

もし、契約日まで時間がない方は「価格.com 保険」がオススメです。最短で依頼した翌日に見積書の内容を確認することができます。

価格.com 保険

年間見積もり件数30万件突破!安い火災保険が見つかる価格.com保険

価格.com保険の火災保険一括見積もり

国内最大のNo1比較サイト価格.com保険は、大手火災保険会社12社から比較ができます!
また、あなたのご要望に合った火災保険の見積書を無料で作成してくれます。
最短で登録の翌日中に見積もりの案内が可能!
複数社の中から安い火災保険を見つけたい方におススメです!

価格.com保険の詳細を見てみる!

インズウェブ

住宅購入を検討中でも対応!安くてお得な火災保険が分かるインズウェブ

インズウェブの火災保険一括見積もり

インズウェブ火災保険一括見積もりサービスは、大手火災保険会社を含む最大10社から一括で見積もりが可能です!
また、SBIホールディングスが運営元なので信頼と安心感が大きいのも魅力の一つです。
なるべく多くの保険会社から火災保険の見積書を貰いたい方におススメです!

インズウェブの詳細を見てみる!

住宅本舗

大幅に保険料が節約できた実例あり!住宅本舗

住宅本舗の火災保険一括見積もり

住宅本舗の火災保険一括見積は、大手火災保険会社10社から比較することができます!
住宅本舗では、保険代理店と提携しており、あなたの要望に最適な火災保険のプランを提案してくれます。

住宅本舗の詳細を見てみる!

関連記事

火災保険の資料請求で見積書も同時に貰う方法

火災保険の資料請求で見積書も同時に貰う方法

火災保険を途中解約することができるの?気になる契約ルールを調査

火災保険を途中解約することができるの?気になる契約ルールを調査

火災保険で土砂災害による被害は補償されるのか?

火災保険で土砂災害(土砂崩れ)による被害は補償されるのか?

家財保険とは

家財保険とは?

マンションの火災保険の相場はいくら?簡単に保険料を把握する秘訣

マンションの火災保険の相場はいくら?簡単に保険料を把握する秘訣

火災保険がハウスメーカーごとに火災保険料が異なる理由

火災保険がハウスメーカーごとに火災保険料が異なる理由