新築の火災保険はどれくらい?

新築の火災保険はどれくらい?

火災保険の保険料は建てた場所、建築価額などによって変わってくる上、取扱保険会社によっても金額が変わるのでハッキリとした相場は表向きにはあまり公開されていません。

ただ、新築住宅の場合、おおよその建築価額がわかっているので、それに近い条件で建てた人をネット上で探して調べるという方法もありますが、けっこうな手間がかかります。

自分で調べるには限界があります

確かに1社ごとに火災保険の保険料を調べるのはかなりの労力をようしますし、加入条件も保険会社によって異なるので調べている途中で挫折してしまうかもしれませんね。

しかし、せっかくの新築住宅ですから万が一に備えてシッカリとした保険に加入したいですよね。

そんな時は、複数社の火災保険を扱っている保険代理店に見積書作成の依頼をするといいでしょう!特にポイントなのが”複数社の火災保険を扱っている”という部分です。

複数社扱っていると、それぞれの火災保険の見積もりを出してもらえる上に比較もすることができるので、よりあなたの希望する条件に近い保険に加入することができます。

保険会社によっては補償対象を細かく設定できたりするので、そのあたりの相談も気軽に相談できるのも保険代理店の強みといえるでしょう!

まずは、複数社の見積もりを出してもらい、無理なく保険料を支払えるよう相談をしながら決めていくのが一番ベストな加入方法かもしれません!

火災保険を安くするポイントについては「火災保険を安い保険料にする3つの秘訣」の記事で詳しく解説しているので、ご参照ください。

また、火災保険料のおよその相場については「火災保険の相場」の記事で詳しく解説しているので、ご参照ください。

利用者数が多い人気の火災保険一括見積もりサービス一覧

年間見積もり件数が多いこと取り扱い火災保険が10社以上あることを条件にランク付けした、「火災保険一括見積もりサービス」一覧です。

火災保険一括見積もりサービスによって、見積もりに含まれる補償内容など異なるケースもあります。なぜなら、保険のプロによって提案の切り口が違うためです。

いろんな提案の見積書を比較したい場合は、2つ以上のサービスを利用することで、具体的な補償内容や保険料を知ることができるため、あなたの希望に近い火災保険が見つけやすくなるメリットがあります。

もし、契約日まで時間がない方は「価格.com 保険」がオススメです。最短で依頼した翌日に見積書の内容を確認することができます。

価格.com 保険

年間見積もり件数30万件突破!安い火災保険が見つかる価格.com保険

価格.com保険の火災保険一括見積もり

国内最大のNo1比較サイト価格.com保険は、大手火災保険会社12社から比較ができます!
また、あなたのご要望に合った火災保険の見積書を無料で作成してくれます。
最短で登録の翌日中に見積もりの案内が可能!
複数社の中から安い火災保険を見つけたい方におススメです!

価格.com保険の詳細を見てみる!

インズウェブ

住宅購入を検討中でも対応!安くてお得な火災保険が分かるインズウェブ

インズウェブの火災保険一括見積もり

インズウェブ火災保険一括見積もりサービスは、大手火災保険会社を含む最大10社から一括で見積もりが可能です!
また、SBIホールディングスが運営元なので信頼と安心感が大きいのも魅力の一つです。
なるべく多くの保険会社から火災保険の見積書を貰いたい方におススメです!

インズウェブの詳細を見てみる!

住宅本舗

大幅に保険料が節約できた実例あり!住宅本舗

住宅本舗の火災保険一括見積もり

住宅本舗の火災保険一括見積は、大手火災保険会社10社から比較することができます!
住宅本舗では、保険代理店と提携しており、あなたの要望に最適な火災保険のプランを提案してくれます。

住宅本舗の詳細を見てみる!

関連記事

火災保険料値上げ改定の対策と最新改定情報

火災保険料値上げ改定の対策と最新改定情報

落雷は火災保険の対象になるの?

落雷による修繕費用は火災保険の補償対象になるの?

マンション火災保険の選び方と火災保険料を抑える方法

マンション火災保険の選び方と火災保険料を抑える方法

アパート用の火災保険を選ぶポイント

アパート用の火災保険を選ぶポイント

火災保険の構造級別を判別する方法

火災保険の構造級別(T構造・H構造・M構造)を判別する方法

短期で火災保険に加入するメリットとデメリット

短期で火災保険に加入するメリットとデメリット