知っておきたい火災保険の相場

火災保険の構造級別を判別する方法

火災保険の構造級別を判別する方法

火災保険の保険料算出するには、住宅構造を伝えなければなりません。

なぜなら、火災保険は住宅の構造によって、火災保険料が変動するからです。

火災保険料を算出する基本情報として「構造級別」は必須の情報となります。

住宅の構造がコンクリートや鉄骨構造であれば、火災のリスクが低いと判断され、木造であれば火災のリスクが多少高いと判断されます。

ここでは、火災保険における構造級別について解説いたします。

構造級別とは

「構造級別」とは、具体的にいうと住宅の柱が何によって建てられているかで火災保険料が変動します。

その理由は、コンクリートや鉄骨、木材といった材質の違いで、火災や災害時のときに損害の差が生じるためです。

住宅物件の構造級別は大きく3つに分類することができます。

  1. T構造
  2. H構造
  3. M構造

また、一般物件(店舗併用住宅)であれば、1級から3級といたかたちで分類されます。

ただし、これらの構造級別や名称などが各火災保険会社によって多少異なるので注意しましょう。

構造級別の判定方法

自分の住んでいる建物の構造級別を判断する方法として、まずは共同住宅であるかどうかを判断しましょう。

共同住宅の構造級別方法

マンションやアパートに住んでいる方は、次に建物がコンクリート造りなのかを調べます。

共同住宅でコンクリート造りならば、構造級別はM構造、つまりマンション構造ということになります。

コンクリート造りではなかったとしても、その建物が「耐火建築物」ならば、M構造です。

共同住宅でコンクリート造りや耐火建築物ではなく、「鉄骨造」であるならばT構造、つまり耐火構造であると判断されます。

また、「準耐火建築物」や「省令準耐火建物」である場合もT構造となり、上記のどれにも当てはまらなければH構造となります。

一戸建て住宅の構造級別方法

共同住宅ではなくて、一戸建て住宅に住んでいる場合はT構造かH構造のどちらかになります。

一戸建ては「鉄骨造」や「コンクリート造り」であれば、耐火構造であるT構造です。

「耐火建築物」や「準耐火建築物」、「省令準耐火建築物」であると判断されたら、その一戸建て住宅もT構造となります。

どれにも当てはまらない場合は、その他の構造であるH構造として保険料が決まります。

火災保険の構造級別判別フローチャート

上記の説明をフローチャート形式にすると次のようになります。
こちらを参考にして、構造級別を確認してみてください。

構造級別判別フローチャート

出典:価格.com 保険

※1 コンクリート造は、鉄筋コンクリート造(RC造)、鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)、コンクリートブロック造、れんが造、石造を含みます。
※2 鉄骨造(S造)は、鉄骨ALC造を含みます。
※3 一定の耐火性能を持つ建築物のことで、建築確認申請書の『(第四面) – 【5.耐火建築物】』の欄にてご確認ください。建築確認申請書は、通常、物件の引渡し時に受け取りますが、引渡し前に書類が必要な場合は、施工業者または販売会社に連絡することでコピー等をもらうことができます。建築確認申請書にて確認できない場合は、施工業者・住宅販売会社等にご確認ください。
※4 省令準耐火建物は、独立行政法人住宅金融支援機構法(旧:住宅金融公庫法)および省令に定める一定の耐火性能を有する建物のことで、書面では確認できない場合が多いです。その場合は、施工業者・住宅販売会社等にご確認ください。

まとめ

基本的に火災の際の被害が大きくなりやすい構造の建物は火災保険料が高くなります。

逆に、耐火性能をきちんと有している建物の場合は、支払わなければいけない火災保険料は安くなります。

また、火災保険料のおよその相場については「火災保険の相場」の記事で詳しく解説しているので、ご参照ください。

火災保険会社によってどのような判定をするのかは異なるので、火災保険一括見積もりサイトを利用して各社比較してみることをオススメします。

利用者数が多い人気の火災保険一括見積もりサービス一覧

年間見積もり件数が多いこと取り扱い火災保険が10社以上あることを条件にランク付けした、「火災保険一括見積もりサービス」一覧です。

火災保険一括見積もりサービスによって、見積もりに含まれる補償内容など異なるケースもあります。なぜなら、保険のプロによって提案の切り口が違うためです。

いろんな提案の見積書を比較したい場合は、2つ以上のサービスを利用することで、具体的な補償内容や保険料を知ることができるため、あなたの希望に近い火災保険が見つけやすくなるメリットがあります。

もし、契約日まで時間がない方は「価格.com 保険」がオススメです。最短で依頼した翌日に見積書の内容を確認することができます。

価格.com 保険

年間見積もり件数30万件突破!安い火災保険が見つかる価格.com保険

価格.com保険の火災保険一括見積もり

国内最大のNo1比較サイト価格.com保険は、大手火災保険会社12社から比較ができます!
また、あなたのご要望に合った火災保険の見積書を無料で作成してくれます。
最短で登録の翌日中に見積もりの案内が可能!
複数社の中から安い火災保険を見つけたい方におススメです!

価格.com保険の詳細を見てみる!

インズウェブ

住宅購入を検討中でも対応!安くてお得な火災保険が分かるインズウェブ

インズウェブの火災保険一括見積もり

インズウェブ火災保険一括見積もりサービスは、大手火災保険会社を含む最大10社から一括で見積もりが可能です!
また、SBIホールディングスが運営元なので信頼と安心感が大きいのも魅力の一つです。
なるべく多くの保険会社から火災保険の見積書を貰いたい方におススメです!

インズウェブの詳細を見てみる!

住宅本舗

大幅に保険料が節約できた実例あり!住宅本舗

住宅本舗の火災保険一括見積もり

住宅本舗の火災保険一括見積は、大手火災保険会社10社から比較することができます!
住宅本舗では、保険代理店と提携しており、あなたの要望に最適な火災保険のプランを提案してくれます。

住宅本舗の詳細を見てみる!

関連記事

火災保険で車庫・物置・門・塀などは補償範囲に含まれるの?

火災保険で車庫・物置・門・塀などは補償範囲に含まれるの?

住宅ローンで火災保険を選ぶ秘訣

住宅ローンで火災保険を選ぶ秘訣

落雷は火災保険の対象になるの?

落雷は火災保険の対象になるの?

一戸建て火災保険に必要な補償範囲

一戸建て火災保険に必要な補償範囲

火災保険料は家族構成や人数変更で変わる?!

火災保険料は家族構成や人数変更で変わる?!

新築で火災保険に加入するとお得!保険料が安くなる秘訣

新築で火災保険に加入するとお得!保険料が安くなる秘訣