火災保険を安い保険料にする3つの秘訣と選び方

火災保険を安い保険料にする3つの秘訣と選び方

火災保険を安い保険料にするには3つの秘訣と選び方が重要です。

とくに重要なのが、複数社の火災保険を比較することです。

その理由は、火災保険の保険料算出方法が保険会社ごとに異なっていることがあげられます。

ここでは、火災保険が安くなる3つの秘訣と選び方をご紹介します。

※今すぐ複数社から、火災保険が安い会社を見つけたい方はこちらからどうぞ
今すぐ安い保険が見つかる価格.comの火災保険比較サイトを見てみる

火災保険を安くする秘訣①
火災保険の補償範囲を限定する!

火災保険は火災のみの補償だけでなく、落雷や風災、水災などたくさんの補償を受けることができます。

全ての補償を付けることで安心感を得ることができますが、その分、保険料が高くなるわけです。

逆に補償範囲を限定することで、火災保険料を安くすることが可能となります。
また、免責金額(自己負担額)を設定することでも、火災保険料を安くすることができます。

しかし、全ての火災保険会社が上記の対応ができるかというと答えはNOです。

火災保険会社によって、必ず付けなくてはいけない補償(基本補償)が決められたり、免責金額が設定できない会社もあったりと、それぞれの火災保険会社が独自の設定方法を設けています。

なので、火災保険の見積もり依頼をするときに、1社だけしてしまうと他社と比較ができないので、その火災保険が安いのか高いのか判断することができません。

きちんと判断するためにも、火災保険が安いところに加入したい場合は、必ず複数の火災保険会社から見積書を作成してもらい補償内容と保険料を比較することが大切です。

火災保険を安くする秘訣②
火災保険の割引制度を利用する!

火災保険の保険料を安くするコツとして、各火災保険会社が提供している割引サービスを活用する方法があります。

例えば、オール電化の住宅に住んでいる人を対象にした「オール電化割引」や、セキュリティサービスに加入している住宅を対象とした「ホームセキュリティ割引」などがあります。

こうした割引は各火災保険会社によってことなります。

仮に不動産会社などから進められた火災保険に素直に加入した場合、他社の火災保険に加入すれば、同じ補償内容でも割引サービスが適用されて火災保険が安いケースもあるのです。

ちょっとしたコツで、火災保険料に差がつくので、複数社から火災保険の見積書を作成してもらうのが重要なのです。

火災保険を安くする秘訣③
複数社から火災保険の見積書を貰い比較する!

さて、ここまで複数社から見積書を作成してもらうことが大切だと言ってきましたが、1社1社代理店から見積書の作成依頼をするのは、とても手間がかかります。

なぜなら、火災保険の見積書を作成してもらうときに必要なデータとして、建物の構造や広さなど細かい情報を入力しなければ、正しい火災保険料が算出されないからです。

そこで活用したいサービスが火災保険の一括見積もりサイトです。

火災保険の一括見積もりサイトは、1回の情報入力だけで、複数社の火災保険会社から見積書を作成してもらうことができます。

しかも、あなたの条件に合った火災保険会社から見積書が届くので、同じ条件下で比較することできます。

補償範囲も同じなので、あとは火災保険料が安い会社を選択するだけで済みます。

まとめ

以上が、火災保険を安く選ぶためのコツとなります。

まだ、1社しか見積書を作成していない方や、これから火災保険に加入する人は、火災保険の一括見積もりサイトを活用して最安値の火災保険をみつけてくださいね!

注意点として、火災保険が安くなるからといって、補償範囲を減らしすぎるのも住んでいる地域によってはリスクが大きくなるので、保険料と補償バランスを考えながら選ぶ方法もあります。

おすすめは大手会社が運営する「価格.com 保険」と「インズウェブ火災保険一括見積もり」です。

この2社から見積書作成を申し込み、それぞれ提出された見積書を比較することで、より安い火災保険を見つけることができます。

見積書作成後は、火災保険の内容についてサポートをしてくれるので、気になる点があれば色々相談して補償内容を検討してみるといいでしょう。

利用者数が多い人気の火災保険一括見積もりサービス一覧

年間見積もり件数が多いこと取り扱い火災保険が10社以上あることを条件にランク付けした、「火災保険一括見積もりサービス」一覧です。

火災保険一括見積もりサービスによって、見積もりに含まれる補償内容など異なるケースもあります。なぜなら、保険のプロによって提案の切り口が違うためです。

いろんな提案の見積書を比較したい場合は、2つ以上のサービスを利用することで、具体的な補償内容や保険料を知ることができるため、あなたの希望に近い火災保険が見つけやすくなるメリットがあります。

もし、契約日まで時間がない方は「価格.com 保険」がオススメです。最短で依頼した翌日に見積書の内容を確認することができます。

価格.com 保険

年間見積もり件数30万件突破!安い火災保険が見つかる価格.com保険

価格.com保険の火災保険一括見積もり

国内最大のNo1比較サイト価格.com保険は、大手火災保険会社12社から比較ができます!
また、あなたのご要望に合った火災保険の見積書を無料で作成してくれます。
最短で登録の翌日中に見積もりの案内が可能!
複数社の中から安い火災保険を見つけたい方におススメです!

価格.com保険の詳細を見てみる!

インズウェブ

住宅購入を検討中でも対応!安くてお得な火災保険が分かるインズウェブ

インズウェブの火災保険一括見積もり

インズウェブ火災保険一括見積もりサービスは、大手火災保険会社を含む最大10社から一括で見積もりが可能です!
また、SBIホールディングスが運営元なので信頼と安心感が大きいのも魅力の一つです。
なるべく多くの保険会社から火災保険の見積書を貰いたい方におススメです!

インズウェブの詳細を見てみる!

住宅本舗

大幅に保険料が節約できた実例あり!住宅本舗

住宅本舗の火災保険一括見積もり

住宅本舗の火災保険一括見積は、大手火災保険会社10社から比較することができます!
住宅本舗では、保険代理店と提携しており、あなたの要望に最適な火災保険のプランを提案してくれます。

住宅本舗の詳細を見てみる!

関連記事

火災保険がハウスメーカーごとに火災保険料が異なる理由

火災保険がハウスメーカーごとに火災保険料が異なる理由

マンションの火災保険で必要な補償範囲

マンションの火災保険で必要な補償範囲

火災保険の家財相場

火災保険の家財相場

火災保険で水漏れ事故は補償対象になる?

火災保険で水漏れ事故は補償対象になる?

新築で火災保険が安くなる加入方法

新築で火災保険が安くなる加入方法

家財保険の対象と適用範囲に含まれるものを徹底調査!

家財保険の対象と適用範囲に含まれるものを徹底調査!