火災保険の相場ガイド

火災保険の相場はもちろん、基礎知識や選び方、安くする方法に至るまでわかりやすく解説

火災保険の補償内容

雨漏りは火災保険の補償対象になるの?

更新日:

雨漏りは火災保険の補償対象になるの?

火災保険といっても、その補償範囲は火事による災害のみだけではありません。

もちろん加入する火災保険保険の補償内容に準じますが、多くの火災保険では、それ以外にも台風や竜巻による災害を補償する風災、そして雪による災害の雪災、そしてひょうによる災害のひょう災などに対しても補償が行われます。

しかし、台風の際には同時に雨が降る場合がほとんどです。

この雨の災害の中には雨漏りなどの災害もあるかと思いますが、この雨漏りに対しての補償というのは、火災保険ではカバーしているのでしょうか。

ここでは、雨漏りに対しての補償についてお伝えします。

火災保険を安くするなら必ず一括見積もりサイトを活用すること

火災保険の見積書を作成するときは、
必ず一括見積もりサイトを活用しましょう!

火災保険は10社以上あり、
同じ条件でも火災保険料が
20万円以上も差が出ることもあるのです。

一括見積もりサイトを使うことで
10社以上の火災保険会社から
複数社の見積書を作成してくれます。

そのため届いた見積書を比較するだけで
最安値の火災保険が簡単に見つかるのです。





雨漏りは火災保険の対象外

率直に言うと、雨漏りの場合、火災保険の支払いは受ける事が出来ません。

台風の際に雨で住宅が雨漏りしてしまったという方で、これを知らなかった場合、多くの不満を覚えるかもしれません。

ましてや、雨漏りをした事でパソコンや液晶テレビなど、高額な家電が故障してしまったとなれば、納得がいかないという気持ちになるのは心情としては仕方が無いでしょう。

これに関して更に詳しく説明すると、雹や雨、そして風や砂塵の吹込み、こういったものの漏入による損害に対して、火災保険は支払いを受ける事が出来ません。

そして雨漏りに関しても、やはりこれに該当するという事で、火災保険の補償に含まれていないという事になるのです。

雨漏りが火災保険の補償対象外になる理由

何故雨漏りに関して補償されないのかと言うと、雨漏りの場合、台風や雨での直接の被害というよりは、住宅が古くなった事により耐久性が低くなって起こるというケースがほとんどです。

多くの場合、建てた時から雨漏りをしていた訳ではありませんよね。

仮にもしそうであったとしたら、それは欠陥住宅な訳です。

建てた時から雨漏りをしているという状況なら、それは施工業者と争うべき案件です。

ですから雨漏りの場合、そうした欠陥部位や、その欠陥部位からの雨漏りによって出た損害に対しての修復を火災保険で行う事は難しいのです。

火災保険を選ぶコツについては「火災保険の選び方」の記事で詳しく解説しているので、ご参照ください。




-火災保険の補償内容
-,

Copyright© 火災保険の相場ガイド , 2018 All Rights Reserved.