アパート(賃貸)の火災保険は必要?火災保険の契約ルール

アパート用の火災保険を選ぶポイント

賃貸アパートに住んでいる、またはこれから住む予定で、火災保険の加入はどうすればいいのか悩んでいませんか?

賃貸アパートの場合、建物は不動産会社またはオーナーが所有しています。
そのため、火災保険で「建物」に対する補償については、所有者が契約するものなので基本的に必要ありません。

賃貸アパートを借りる側が加入するべき火災保険の対象は、「家財」となります。
さらに地震保険も火災保険と同じく「家財」のみ補償の対象にすればいいので、火災保険料も比較的安く抑えることが可能です。

また、賃貸アパートで重要な点として、借家人賠償責任や個人賠償責任といった賠償責任保険があります。

賠償責任保険とは

賠償責任保険とは家財保険に付帯することができて、特別な補償を受けることができる保険です。

賃貸物件と契約する場合は、その期間が終了した時に元通りの状態で大家さんに返さなければいけません。

もし火災が起きてしまえば元の状態に回復させることができなくなるので、債務不履行責任を負わなければいけなくなります。

これについての補償をしてくれるのが借家人賠償責任です。

共同住宅では、自分が住んでいる部屋ではなくて、隣接する部屋や階下の部屋に損害を与える可能性があります。

この時には、それらの住民に対しての損害賠償責任を負うケースもあり、これを補償してくれるのが個人賠償責任です。

賃貸アパートの場合は、不動産会社の方が火災保険を指定してくることがあります。
しかし、不動産が勧めてくる火災保険は保険料が高いケースがあるのです。

そのため、自分自身で火災保険を選んで加入しても大丈夫か確認しておきましょう。

もしOKであれば、賃貸契約をする上で必要最低限の火災保険の補償金額を忘れずに聞いてください。

あとは、聞いた補償条件で各火災保険商品を比較すると一番安い火災保険を選ぶことができます。

家財保険の補償内容を検討する

賃貸アパートに関しては、まずは家財保険が必要となるのですが、その内容を考えましょう。

たとえば、2階以上に住んでいるのであれば床上浸水の恐れがほとんどないので、これに関する補償を外すという選択肢がでてきます。

他にも補償範囲について自分には必要ないと判断できるものについて外すことで、火災保険料を抑えることができます。

判断が難しい場合は、見積書を作成してもらった保険代理店の担当者と相談するようにしてください。

また、地震保険については、家財保険の付帯として加入できる可能性があるので火災保険会社に確認しましょう。

家財保険の付帯する地震保険は、家財のみを対象となります。
(建物に対する地震保険は不動産またはオーナーが補償するため)

火災保険以外で必要となる保険については、不動産会社の方とよく相談をして確認をしておきましょう。

ネット依頼ひとつで複数社の見積書が届く!人気の火災保険一括見積もりサービス

年間見積もり件数が多いこと取り扱い火災保険が10社以上あることを条件に該当する「火災保険一括見積もりサービス」です。

人気のある火災保険やオススメの火災保険を抑えるなら、「価格.com 保険」と「インズウェブ」の両社で見積書依頼をすれば、あなたに最適な火災保険を把握することが可能です。
また、2社とも強引な勧誘などがないので安心して依頼することができます。

火災保険料で損をしないためにも、必ず複数社から見積書を作成してもらい比較するようにしましょう。

価格.com 保険

年間見積もり件数30万件突破!安い火災保険が見つかる価格.com保険

価格.com保険の火災保険一括見積もり

国内最大のNo1比較サイト価格.com保険は、大手火災保険会社12社から比較ができます!
また、あなたのご要望に合った火災保険の見積書を無料で作成してくれます。
最短で登録の翌日中に見積もりの案内が可能!
複数社の中から安い火災保険を見つけたい方におススメです!

価格.com保険の詳細を見てみる!

インズウェブ

住宅購入を検討中でも対応!安くてお得な火災保険が分かるインズウェブ

インズウェブの火災保険一括見積もり

インズウェブ火災保険一括見積もりサービスは、大手火災保険会社を含む最大10社から一括で見積もりが可能です!
また、SBIホールディングスが運営元なので信頼と安心感が大きいのも魅力の一つです。
なるべく多くの保険会社から火災保険の見積書を貰いたい方におススメです!

インズウェブの詳細を見てみる!

住宅本舗

大幅に保険料が節約できた実例あり!住宅本舗

住宅本舗の火災保険一括見積もり

住宅本舗の火災保険一括見積は、大手火災保険会社10社から比較することができます!
住宅本舗では、保険代理店と提携しており、あなたの要望に最適な火災保険のプランを提案してくれます。

住宅本舗の詳細を見てみる!

関連記事

短期で火災保険に加入するメリットとデメリット

短期で火災保険に加入するメリットとデメリット

火災保険の風災・雹(ひょう)災・雪災とは?

火災保険の風災・雹(ひょう)災・雪災とは?

火災保険ランキング

火災保険ランキング

火災保険の家財相場

火災保険の家財相場

家財保険の必要性は本当にあるの?気になる疑問を徹底調査

家財保険の必要性は本当にあるの?気になる疑問を徹底調査

質権設定とは?初めての方でもわかりやすく解説

火災保険の質権設定とは?初めての方でもわかりやすく解説