火災保険の相場ガイド

火災保険の相場はもちろん、基礎知識や選び方、安くする方法に至るまでわかりやすく解説

火災保険の基礎知識

火災保険で建物保険金額を設定するコツ

更新日:

火災保険で建物保険金額を設定するコツ

火災保険の保険金額を決めるためには、建物の評価額を計算する必要があります。

その建物にどのくらいの価値があるかによって、保険金額を求めることが可能です。

万が一損害が生じた時に、その建物の価値と同じ分のお金を受け取ることができるように設定されます。

建物の価値を決めるためには、評価基準として新価と時価の2つの考え方があります。

新価というのは、その建物を新品と同じ状態に立て直すためにどのくらいのお金が必要であるのかを表しています。

新価は再取得価額や再調達価額とも言われていて、建て替えるために必要な金額となります。

時価というのは、新価から時間経過によって消耗した分を引いた価額のことです。

火災保険を安くするなら必ず一括見積もりサイトを活用すること

火災保険の見積書を作成するときは、
必ず一括見積もりサイトを活用しましょう!

火災保険は10社以上あり、
同じ条件でも火災保険料が
20万円以上も差が出ることもあるのです。

一括見積もりサイトを使うことで
10社以上の火災保険会社から
複数社の見積書を作成してくれます。

そのため届いた見積書を比較するだけで
最安値の火災保険が簡単に見つかるのです。





新価のメリット

火災保険の保険金額を設定するのであれば、当然新価によって評価する方がお得となります。

時価の場合は、その建物が建築されてから時間が経っている場合は保険金額が安くなるので困ってしまうかもしれません。

新価を算出するためには、その建物が新築であるのか、それとも中古であるのかを判断しましょう。

新築であり、建物の価額が分かるのであれば、建物の購入金額を知ることができるので、それが新価となります。

建物の価額がわからない場合は、消費税額から逆算することができるので計算しましょう。

中古物件の価額の出し方

建物が中古であり、建築年や建築時の価額が分かる場合は、当時の建築価額に物価変動などを反映させて計算できます。

中古の住宅であり、建築価額や建築年が分からない場合は、簡易評価によって新価を算出することが可能です。

どのような建物であっても、新価を計算することは可能なので、きちんと求めておきましょう。

保険会社の方が建物の評価額を算出してくれることが多いですが、自分で計算することも大切です。

保険金額は実際に損害が起きた時に自分が受け取ることになるお金なのでとても大事な要素となります。

保険金額が少なければ、損害を受けた後に苦労をしてしまう可能性があるのでよく考えておきましょう。

火災保険は他の保険と違い少し複雑ですので、「火災保険の選び方」の記事に詳しく解説しているので、良かったら参考にしてみてくださいね。




-火災保険の基礎知識
-

Copyright© 火災保険の相場ガイド , 2018 All Rights Reserved.