火災保険で建物保険金額を設定するコツ

火災保険で建物保険金額を設定するコツ

火災保険の保険金額を決めるためには、建物の評価額を計算する必要があります。

その建物にどのくらいの価値があるかによって、保険金額を求めることが可能です。

万が一損害が生じた時に、その建物の価値と同じ分のお金を受け取ることができるように設定されます。

建物の価値を決めるためには、評価基準として新価と時価の2つの考え方があります。

新価というのは、その建物を新品と同じ状態に立て直すためにどのくらいのお金が必要であるのかを表しています。

新価は再取得価額や再調達価額とも言われていて、建て替えるために必要な金額となります。

時価というのは、新価から時間経過によって消耗した分を引いた価額のことです。

新価のメリット

火災保険の保険金額を設定するのであれば、当然新価によって評価する方がお得となります。

時価の場合は、その建物が建築されてから時間が経っている場合は保険金額が安くなるので困ってしまうかもしれません。

新価を算出するためには、その建物が新築であるのか、それとも中古であるのかを判断しましょう。

新築であり、建物の価額が分かるのであれば、建物の購入金額を知ることができるので、それが新価となります。

建物の価額がわからない場合は、消費税額から逆算することができるので計算しましょう。

中古物件の価額の出し方

建物が中古であり、建築年や建築時の価額が分かる場合は、当時の建築価額に物価変動などを反映させて計算できます。

中古の住宅であり、建築価額や建築年が分からない場合は、簡易評価によって新価を算出することが可能です。

どのような建物であっても、新価を計算することは可能なので、きちんと求めておきましょう。

保険会社の方が建物の評価額を算出してくれることが多いですが、自分で計算することも大切です。

保険金額は実際に損害が起きた時に自分が受け取ることになるお金なのでとても大事な要素となります。

保険金額が少なければ、損害を受けた後に苦労をしてしまう可能性があるのでよく考えておきましょう。

火災保険は他の保険と違い少し複雑ですので、「火災保険の選び方」の記事に詳しく解説しているので、良かったら参考にしてみてくださいね。

利用者数が多い人気の火災保険一括見積もりサービス一覧

年間見積もり件数が多いこと取り扱い火災保険が10社以上あることを条件にランク付けした、「火災保険一括見積もりサービス」一覧です。

火災保険一括見積もりサービスによって、見積もりに含まれる補償内容など異なるケースもあります。なぜなら、保険のプロによって提案の切り口が違うためです。

いろんな提案の見積書を比較したい場合は、2つ以上のサービスを利用することで、具体的な補償内容や保険料を知ることができるため、あなたの希望に近い火災保険が見つけやすくなるメリットがあります。

火災保険料で損をしないためにも、必ず複数社から見積書を作成してもらい比較するようにしましょう。

価格.com 保険

年間見積もり件数30万件突破!安い火災保険が見つかる価格.com保険

価格.com保険の火災保険一括見積もり

国内最大のNo1比較サイト価格.com保険は、大手火災保険会社12社から比較ができます!
また、あなたのご要望に合った火災保険の見積書を無料で作成してくれます。
最短で登録の翌日中に見積もりの案内が可能!
複数社の中から安い火災保険を見つけたい方におススメです!

価格.com保険の詳細を見てみる!

インズウェブ

住宅購入を検討中でも対応!安くてお得な火災保険が分かるインズウェブ

インズウェブの火災保険一括見積もり

インズウェブ火災保険一括見積もりサービスは、大手火災保険会社を含む最大10社から一括で見積もりが可能です!
また、SBIホールディングスが運営元なので信頼と安心感が大きいのも魅力の一つです。
なるべく多くの保険会社から火災保険の見積書を貰いたい方におススメです!

インズウェブの詳細を見てみる!

住宅本舗

大幅に保険料が節約できた実例あり!住宅本舗

住宅本舗の火災保険一括見積もり

住宅本舗の火災保険一括見積は、大手火災保険会社10社から比較することができます!
住宅本舗では、保険代理店と提携しており、あなたの要望に最適な火災保険のプランを提案してくれます。

住宅本舗の詳細を見てみる!

関連記事

空き巣被害は火災保険で補償される?!その対象範囲とは

空き巣・盗難・泥棒被害は火災保険で補償される?その対象範囲とは

マンションの火災保険で必要な補償範囲

マンションの火災保険で必要な補償範囲

火災保険と地震保険に違いはあるの?

火災保険と地震保険に違いはあるの?

マンション火災保険の選び方と火災保険料を抑える方法

マンション火災保険の選び方と火災保険料を抑える方法

新築で火災保険に加入するとお得!保険料が安くなる秘訣

新築で火災保険に加入するとお得!保険料が安くなる秘訣

住宅ローンで火災保険を選ぶ秘訣

住宅ローンで火災保険を選ぶ秘訣