CATEGORY:地震保険

地震保険とは

各地域で地震が起こり、損害被害の危険度が高まっています。
そんな中、注目されているのが「地震保険」です。

実際、地震による住宅や家財の損害を受けて、初めて火災保険では地震による損害は補償外と知った人もいるかもしれません。

まずは、地震保険とはどのようなものなのか、きちんと把握していきましょう。

そして、地震保険の加入方法など基礎知識を深めて、今後の地震対策につなげていきましょう。

地震保険は社会保障制度の一部

地震保険は、民間の火災保険会社が独自で販売している保険ではなく、社会保障制度の一部として扱われています。
その理由は、地震によるリスクは損害規模や発生時期、発生頻度の予測がとても難しいからです。

もし予測が可能であれば、天気予報のように予め地震警報として事前に連絡できるのですが、実際は揺れが起きてからスマホなどの地震警報が鳴るくらいの精度です。

さらに、広域に災害が広がる危険性もあることから、民間の火災保険会社だけで地震の補償をサポートすることが難しく、負担も大きすぎて最悪の場合、倒産する可能性もあります。

そのため、政府と損害保険会社が共同で運営することで、負担を分散させて「地震保険」を生み出し補償することになっているのです。

地震保険の仕組み

地震保険は、住居用の建物や家財に対してのみ補償され、それ以外のもは補償の対象外となっています。

基本的には政府の元で運営しているので、一種の社会保障制度といえるのです。

地震保険に加入するときは、火災保険に付帯して加入することが原則となります。
また地震保険料は、どの火災保険会社でも一律となってるうえ、保険会社が地震保険で利益を得ることはありません。

地震保険は将来発生するかもしれない地震に備えて、積み立てられる仕組みとなっているのです。

地震保険の保険金額は火災保険の半分

地震保険でかけることができる保険金額は、主契約となる火災保険の保険金額の30~50%内と決められています。
また、上限も定められており、建物の保険金額は5,000万円、家財が1,000万円までです。

たとえば、火災保険の保険金額が建物で2,000万円、家財が800万円で契約したとします。
すると地震保険で補償できる保険金額は、建物が600~1,000万円、家財が240~400万円となります。