火災保険の相場ガイド

火災保険の相場はもちろん、基礎知識や選び方、安くする方法に至るまでわかりやすく解説

火災保険の基礎知識

火災保険の長期契約が廃止!保険期間が最長10年によるメリットとは

更新日:

火災保険の長期契約が廃止!保険期間が最長10年によるメリットとは

いままで火災保険の長期契約ができる期間が最長36年間まで選ぶことができました。

しかし2015年10月から10年超の長期契約が廃止されて、最長10年間となっています。

なぜこのような改定が行われたのか。
その背景には、自然災害が頻繁に起きるようになり、保険会社でも将来の収支予測が困難になったため、10年超の長期契約が廃止された経緯となっているようです。

ただし長期契約が最長で10年間となっても、長期契約のメリットはあります。
ここでは火災保険の長期契約のメリットについて詳しく解説していきます。

火災保険を安くするなら必ず一括見積もりサイトを活用すること

火災保険の見積書を作成するときは、
必ず一括見積もりサイトを活用しましょう!

火災保険は10社以上あり、
同じ条件でも火災保険料が
20万円以上も差が出ることもあるのです。

一括見積もりサイトを使うことで
10社以上の火災保険会社から
複数社の見積書を作成してくれます。

そのため届いた見積書を比較するだけで
最安値の火災保険が簡単に見つかるのです。





火災保険の長期契約によるメリット

火災保険で選べる長期契約の期間は、2~10年で好きな期間を選択することが可能です。

長期契約の一番のメリットは、契約期間に応じた長期割引が受けられることです。

長期割引で火災保険料がとくに安くなるのが、長期契約かつ長期一括払いで支払いをした場合、もっとも割引が大きくなります。
参考記事 火災保険を長期一括払いにすると保険料が安くなる

たとえば、保険期間を10年にして長期一括払いをすることで、約8.2年分の火災保険料で、10年間火災保険に加入できるのです。

また引っ越しや売却などで、火災保険を途中解約した場合は、きちんと残りの契約年数分の保険料が払い戻しされるので、一括で支払った保険料が損することがありません。
参考記事 火災保険を途中解約することができるの?気になる契約ルールを調査

火災保険の長期契約はどの保険会社でも選べる

長期契約はどの火災保険会社でも選択することができます。
そして長期一括払いすることで割引も適用することが可能です。




火災保険会社によって長期割引が異なる

火災保険の長期割引率は、保険会社によって異なります。

そのため1社だけ見積書を依頼して決めてしまうと、実は他社の方が保険料が安いケースもあり、損をしてしまうこともあるのです。

火災保険料を少しでも安くするのであれば、複数社から見積書を依頼して、それぞれの保険料を比較することが大切です。

まとめ

火災保険の長期契約期間が最長10年間となりましたが、長期割引制度は引き続き適用されます。

火災保険料をもっとも割安にするには10年の長期契約で、支払いを一括払いすることで約2年の火災保険料分安くなるのです。

契約当初に支払う火災保険料にムリがなければ、長期契約がオススメです。

また火災保険会社によって、同じ補償内容でも保険料がことなるので、複数社から見積書を作成してもらい、必ず比較するようにしましょう。

間違っても1社だけ見積書してそのまま契約しないよう気をつけてくださいね。

長期割引以外にも火災保険料を安くしたい方は「火災保険を安い保険料にする3つの秘訣」の記事で詳しく解説しているので、ご参照ください。




-火災保険の基礎知識
-

Copyright© 火災保険の相場ガイド , 2018 All Rights Reserved.