火災保険の長期契約が廃止!保険期間が最長10年によるメリットとは

火災保険の長期契約が廃止!保険期間が最長10年によるメリットとは

2015年10月から、火災保険の長期契約が最長で10年までと保険期間が短縮されました。

それ以前では、最長36年までの長期一括契約が可能で住宅ローンの期間と一緒にすることで、万が一の時にローンの返済が処理しやすかったメリットがありました。

しかし、最近では自然災害が頻繁に起きるようになり、保険会社でも将来の収支予測が困難になったため、10年超の長期契約が廃止された経緯となっているようです。

長期契約期間設定が10年までとなった火災保険には、どのようなメリットがあるのかご紹介していきます。

火災保険の長期契約によるメリット

火災保険の長期契約による主なメリットは、長期契約割引が適用される点です。
火災保険の契約期間を10年に設定し、10年分をまとめて一括で支払うことで、1年短期契約よりも保険料が安くなります。

火災保険の保険料は、契約期間が長ければ長いほど長期割引率がアップするシステムになっているので、保険料を安くしたい場合は長期契約をおすすめします。

なぜ、長期契約をすると割引されるのか。
その理由は、長期契約をすることによって、お金を一括で支払ってもらえるため、不払いや他社への乗り換えなどによるリスクを軽減できるメリットが保険会社にあるからです。

この仕組みは、加入者も保険会社もメリットが双方にあるため、どの保険会社でも長期契約割引を設けています。

ちなみに、長期契約をしたからといって途中解約ができないことはないので、安心してください。
また、残りの契約期間の支払い分は返金されます。

参考記事:火災保険を途中解約することができるの?気になる契約ルールを調査

火災保険会社によって長期割引が異なる

火災保険は、万が一の時のことを考えて、加入しないといけないものですが、保険料による経済的負担が大きいです。

しかし、だからといって、保険料を支払い続けないと自宅を守ることができないので、生活が苦しくても契約を止めることはできません。

このように火災保険の保険料が生活に支障をきたす場合があるので、できる限り保険料を安く抑えたい人は長期契約をしましょう。

どのくらい割安になるのかは、保険会社によって異なるため、自身が加入しようとしている保険会社に直接確認してください。

また、この長期契約時の割引率を比較して、どの保険会社の火災保険に加入するのかを決めても良いかもしれません。

そして、長期契約でまとめて保険料を支払うことによって、払い忘れを防ぐことができますし、面倒な継続手続きをしなくても良いというメリットもあります。

長期契約の注意点

ただ、長期契約をするとなると一括支払いが前提なので、最初に数十万円というお金が必要になるため、一時的な負担が大きいです。
仮に10年という長期契約をする場合、10年分の保険料を一括で支払うことになるということです。

そのため、資金に余裕が無いとその時の生活を圧迫してしまう可能性があるので、注意してください。

長期割引以外にも火災保険料を安くしたい方は「火災保険を安い保険料にする3つの秘訣」の記事で詳しく解説しているので、ご参照ください。

利用者数が多い人気の火災保険一括見積もりサービス一覧

年間見積もり件数が多いこと取り扱い火災保険が10社以上あることを条件にランク付けした、「火災保険一括見積もりサービス」一覧です。

火災保険一括見積もりサービスによって、見積もりに含まれる補償内容など異なるケースもあります。なぜなら、保険のプロによって提案の切り口が違うためです。

いろんな提案の見積書を比較したい場合は、2つ以上のサービスを利用することで、具体的な補償内容や保険料を知ることができるため、あなたの希望に近い火災保険が見つけやすくなるメリットがあります。

もし、契約日まで時間がない方は「価格.com 保険」がオススメです。最短で依頼した翌日に見積書の内容を確認することができます。

価格.com 保険

年間見積もり件数30万件突破!安い火災保険が見つかる価格.com保険

価格.com保険の火災保険一括見積もり

国内最大のNo1比較サイト価格.com保険は、大手火災保険会社12社から比較ができます!
また、あなたのご要望に合った火災保険の見積書を無料で作成してくれます。
最短で登録の翌日中に見積もりの案内が可能!
複数社の中から安い火災保険を見つけたい方におススメです!

価格.com保険の詳細を見てみる!

インズウェブ

住宅購入を検討中でも対応!安くてお得な火災保険が分かるインズウェブ

インズウェブの火災保険一括見積もり

インズウェブ火災保険一括見積もりサービスは、大手火災保険会社を含む最大10社から一括で見積もりが可能です!
また、SBIホールディングスが運営元なので信頼と安心感が大きいのも魅力の一つです。
なるべく多くの保険会社から火災保険の見積書を貰いたい方におススメです!

インズウェブの詳細を見てみる!

住宅本舗

大幅に保険料が節約できた実例あり!住宅本舗

住宅本舗の火災保険一括見積もり

住宅本舗の火災保険一括見積は、大手火災保険会社10社から比較することができます!
住宅本舗では、保険代理店と提携しており、あなたの要望に最適な火災保険のプランを提案してくれます。

住宅本舗の詳細を見てみる!

関連記事

火災保険で建物保険金額を設定するコツ

火災保険で建物保険金額を設定するコツ

家財保険に掛ける金額目安の決め方

家財保険に掛ける金額目安の決め方

火災保険で水漏れ事故は補償対象になる?

火災保険で水漏れ事故は補償対象になる?

家財保険の対象と適用範囲に含まれるものを徹底調査!

家財保険の対象と適用範囲に含まれるものを徹底調査!

アパート用の火災保険を選ぶポイント

アパート(賃貸)の火災保険は必要?火災保険の契約ルール

店舗の火災保険と保険料相場の算出基準

店舗の火災保険と保険料相場の算出基準