火災保険の相場ガイド

火災保険の相場はもちろん、基礎知識や選び方、安くする方法に至るまでわかりやすく解説

火災保険の基礎知識

火災保険の保険期間は最長10年に!36年長期契約は廃止

更新日:

火災保険の長期契約が廃止!保険期間が最長10年によるメリットとは

数年前までは、火災保険の契約期間を最長36年まで設定することが可能でした。

しかし2015年10月から、火災保険の保険期間は10年以内までと改定されたのです。

ここでは、保険期間や長期契約などによる火災保険のメリットなどについて紹介していきます。

火災保険を安くするなら必ず一括見積もりサイトを活用すること

火災保険の見積書を作成するときは、
必ず一括見積もりサイトを活用しましょう!

火災保険は10社以上あり、
同じ条件でも火災保険料が
20万円以上も差が出ることもあるのです。

一括見積もりサイトを使うことで
10社以上の火災保険会社から
複数社の見積書を作成してくれます。

そのため届いた見積書を比較するだけで
最安値の火災保険が簡単に見つかるのです。





火災保険の保険期間10年超の契約ができない理由

まずは簡単に10年超の保険期間で長期契約ができなくなった理由を解説します。

数年前までは、住宅ローンの支払い期間と火災保険の期間を一緒に揃える人が多くいました。
その理由は、万が一のときに、すぐに火災保険で住宅ローンの残りをすぐに補償することができるからです。

しかし、ここ最近では過去には想像できないような自然災害が多く発生したり、地震による震災も次々と起こっています。
これらの自然災害が頻繁に発生することで、各火災保険会社でも未来の収支予測が困難に。

長期契約者は、解約しない限り契約時と同じ保険料のままなので、保険料を見直しても収支対策が難しいと判断したようです。

そのため、保険期間を最長10年以内までとすることで、火災保険の改定が適用されやすくなり、収支と支出(保険金支払い)のバランスを保つようにしたのです。

これから火災保険に加入する人は最長10年まで長期契約ができ、満期を過ぎたらその年の火災保険の補償内容と保険料で契約更新することになります。

火災保険の保険期間を長期にするメリットとは?

火災保険の保険期間を2~10年の長期契約で、一括支払いすると保険料が安くなるメリットがあります。

長期一括払いによる保険料は「長期係数」と呼ばれる数値を乗じて算出するのです。

たとえば、火災保険を契約する保険期間を10年一括払いにすると、10年間の長期係数は8.20となっています。
つまり、8.2年分の保険料で10年間の火災保険に加入することができるのです。

また、火災保険の契約中は、途中で保険料の改定などで値上げされたとしても、満期までは契約時の保険料のまま固定されるので、影響を受けないメリットもあります。

この長期契約一括払いは、どの火災保険会社でも適用されるので資金に余裕があれば保険期間は長めに設定するといいでしょう。

火災保険における長期契約(一括払い)の保険料割引率

火災保険会社によって、長期係数や割引率が異なりますが、目安としては下記に表のような数値になります。

保険期間2年3年4年5年6年7年8年9年10年
係数1.852.703.504.305.105.906.707.458.20




火災保険の保険期間を設定するには

火災保険の保険期間については、火災保険会社によって割引率が異なるのでまずは見積書を作成してもらい比較するようにしましょう。

見積書は無料で作成してもらえるので、保険期間2年と10年の場合の保険料を作成してもらうといいかもしれません。

保険期間を何年にするかは、実際に一括で支払える金額を用意できるかどうかで判断するようにしましょう。

いくら保険料が安くなるとはいえ、無理して支払ってその後の生活が苦しくなるようではしばらく大変な日々が続いてしまいます。

また仮に保険期間を10年にして、満期後の自動更新は1年更新や2年更新など変更できる火災保険もあります。

支払い方法や更新方法なども各火災保険ごとに調べるようにしておきましょう。

保険期間を長期にして途中で解約した場合

火災保険の保険期間を10年で契約して、途中で解約した場合、支払った保険料はどうなるか気になると思います。

長期契約一括払いの火災保険料は、解約後残り期間の保険料はきちんと返金される仕組みになっています。

そのため、退去日が決まった時点で契約している火災保険に連絡して、解約手続きと返金手続きを忘れずに行うようにしましょう。

まとめ

火災保険の長期契約期間が最長10年間となりましたが、長期割引制度は引き続き適用されます。

火災保険料をもっとも割安にするには10年の長期契約で、支払いを一括払いすることで約2年の火災保険料分安くなるのです。

契約当初に支払う火災保険料にムリがなければ、長期契約がオススメです。

また火災保険会社によって、同じ補償内容でも保険料がことなるので、複数社から見積書を作成してもらい、必ず比較するようにしましょう。

間違っても1社だけ見積書してそのまま契約しないよう気をつけてくださいね。

長期割引以外にも火災保険料を安くしたい方は「火災保険料を安くする5つの方法とは?」の記事で詳しく解説しているので、ご参照ください。




-火災保険の基礎知識
-

Copyright© 火災保険の相場ガイド , 2018 All Rights Reserved.