火災保険の相場ガイド

火災保険の相場はもちろん、基礎知識や選び方、安くする方法に至るまでわかりやすく解説

火災保険の選び方

分譲マンションの火災保険を安くする選び方の秘訣

投稿日:

分譲マンションの火災保険を安くする選び方の秘訣

都心では分譲マンションが多く建設されており、駅近なものから駅直結のものまでさまざまなタイプがあります。

そのような分譲マンションを購入した方など、火災保険はできるだけ基本の補償範囲は押さえつつ、安い火災保険料に加入したいと考えている方もいるかと思います。

ここでは、分譲マンション火災保険を選ぶコツと保険料を安くする秘訣についてお伝えします。

分譲マンションに掛ける火災保険の範囲

分譲マンションには共有部分と専有部分とがあり、火災保険の対象となるのは専有部分です。

共有部分とは玄関ホールや外壁、廊下といったそのマンションの住人が共用している部分であり、専有部分は室内や間仕切り壁といった部分のことです。

共有部分に関しては、マンション管理組合が火災保険に加入しているケースが多いのですが、一応確認しておきましょう。

また、家財に関してはご自身で火災保険に加入して、万が一の時に補償を受けられるようにします。

分譲マンションの補償の範囲

室内であっても、窓ガラスや玄関扉、バルコニーといった部分は管理規約では共用部分とされていることが多いです。

ただし、これらの部分は専用使用権付共用部分と呼ばれていて、火災保険では専有部分として扱われるのが一般的ですが念のため確認しましょう。

床や壁、天井といった部分については、管理組合と居住者のどちらが保険をかけるのかを判断するのが困難なケースがあります。

迷った場合は、管理規約を確認して、天井や床といった部分の扱いをチェックしましょう。

ほとんどのマンションでは、天井や床、壁は躯体部分を除くところを専有部分としています。

玄関扉に関しては錠と内部塗装部分を専有部分として、窓枠や窓ガラスは専有部分に含まないケースが多いです。

分譲マンションの評価額について

分譲マンションの評価額は、それを購入した時に支払った金額と同額ではありません。

マンションを購入する際には、建物そのものの金額以外にも広告費用や敷地利用権などの金額も含まれているからです。

火災保険の評価額は、建物の材料費や設計費といった建築に関わる費用のみを考慮します。

また、分譲マンションの火災保険については、どのような損害リスクがあるのかを考えましょう。

すべての補償を受ける必要はなくて、範囲をある程度限定することが可能です。

もし窓ガラスが共有部分なのであれば、台風などでガラスが割れたとしても管理組合の保険で対応できます。

まとめ

分譲マンションの火災保険は、家財に対してのみ補償をつけることになります。

家財保険のみの火災保険でも、保険会社によって保険料に大きな差がでることもあるのです。

そのためはじめから、1社に絞って見積書を依頼してしまうと、火災保険料を比較する対象がないため、その火災保険が安いのか高いのか判断することができます。

かならず複数社から見積書を作成してもらい、算出された火災保険料を比較することで、一番お得な火災保険を見つけることができます。

火災保険一括見積もりサービスを利用すると、1度の依頼で複数の火災保険から見積書を作成してもらうことが可能なので、少しでも火災保険料を安くしたい人は、ぜひ活用してみてくださいね。

オススメの火災保険一括見積もりサービス

当サイトで掲載している火災保険一括見積もりサービスは、取扱火災保険が10社以上あることを条件にしています。
なぜなら数が多いほど、条件に合った火災保険が見つかりやすいからです。
もちろん同じ補償内容で保険料を比較することもできるので、一番安い火災保険を見つけやすくなるメリットもあります。

とくに火災保険料を安くしたい人や、簡単な手続きで見積書を作成してもらいたい人は「イッカツ」と「価格.com 保険」がオススメです。
どちらも強引な勧誘がなく、入力手続きも3~5分程度で完了。
火災保険料の相場だけ知りたい人も、もちろん利用することができます。

2つのサービスから火災保険の見積書を作成してもらうことで、あなたの希望する条件に適した火災保険が絞りやすくなります。

一番安い火災保険料を知りたい人や、最適な補償内容を知りたい人はぜひ活用してみてくださいね。

イッカツ

プロが作成した見積書の比較で約20万円の節約できた実績あり!
イッカツの火災保険一括見積もりサービス

イッカツの火災保険一括見積もりサービスは、大手火災保険会社12社から、あなたの希望する条件に適した火災保険の見積書を作成してくれます。

イッカツは大手保険代理店と提携しているので、見積書の作成は火災保険のプロが対応。火災保険の知識がなくても、親切丁寧に案内してくれるので安心して比較することができます。

初めて火災保険に加入する人や、親切な対応を望んでいる人にオススメです。

取扱保険会社数12社:
担当者の対応丁寧・親切:
見積もりスピード速い:

価格.com 保険

年間見積もり件数30万件突破!
最適な火災保険が見つかる価格.com保険

価格.com 保険の火災保険一括見積もりでは、大手火災保険会社12社から最適な火災保険を選別して見積書を作成してくれます。
見積書を依頼してから最短で、翌日に見積書を確認することが可能。

とくに見積書を早急に取り寄せたい人にオススメです。

取扱保険会社数12社:
担当者の対応普通:
見積もりスピードとても速い:

インズウェブ

住宅購入を検討中でも対応!
お得な火災保険が分かるインズウェブ

インズウェブ火災保険一括見積もりサービスは、大手火災保険会社を含む最大10社から一括で見積もりが可能です!
また、SBIホールディングスが運営元なので信頼と安心感が大きいのも魅力の一つです。

大手企業が運営しているところが安心できるからいいと思う人にオススメです。

取扱保険会社数10社:
担当者の対応普通:
見積もりスピードやや遅い:

-火災保険の選び方
-,

Copyright© 火災保険の相場ガイド , 2018 All Rights Reserved.