分譲マンションの火災保険を安くする選び方の秘訣

分譲マンションの火災保険を安くする選び方の秘訣

都心では分譲マンションが多く建設されており、駅近なものから駅直結のものまでさまざまなタイプがあります。

そのような分譲マンションを購入した方など、火災保険はできるだけ基本の補償範囲は押さえつつ、安い火災保険料に加入したいと考えている方もいるかと思います。

ここでは、分譲マンションの火災保険を選ぶコツと保険料を安くする秘訣についてお伝えします。

分譲マンションに掛ける火災保険の範囲

分譲マンションには共有部分と専有部分とがあり、火災保険の対象となるのは専有部分です。

共有部分とは玄関ホールや外壁、廊下といったそのマンションの住人が共用している部分であり、専有部分は室内や間仕切り壁といった部分のことです。

共有部分に関しては、マンション管理組合が火災保険に加入しているケースが多いのですが、一応確認しておきましょう。

また、家財に関してはご自身で火災保険に加入して、万が一の時に補償を受けられるようにします。

分譲マンションの補償の範囲

室内であっても、窓ガラスや玄関扉、バルコニーといった部分は管理規約では共用部分とされていることが多いです。

ただし、これらの部分は専用使用権付共用部分と呼ばれていて、火災保険では専有部分として扱われるのが一般的ですが念のため確認しましょう。

床や壁、天井といった部分については、管理組合と居住者のどちらが保険をかけるのかを判断するのが困難なケースがあります。

迷った場合は、管理規約を確認して、天井や床といった部分の扱いをチェックしましょう。

ほとんどのマンションでは、天井や床、壁は躯体部分を除くところを専有部分としています。

玄関扉に関しては錠と内部塗装部分を専有部分として、窓枠や窓ガラスは専有部分に含まないケースが多いです。

分譲マンションの評価額について

分譲マンションの評価額は、それを購入した時に支払った金額と同額ではありません。

マンションを購入する際には、建物そのものの金額以外にも広告費用や敷地利用権などの金額も含まれているからです。

火災保険の評価額は、建物の材料費や設計費といった建築に関わる費用のみを考慮します。

また、分譲マンションの火災保険については、どのような損害リスクがあるのかを考えましょう。

すべての補償を受ける必要はなくて、範囲をある程度限定することが可能です。

もし窓ガラスが共有部分なのであれば、台風などでガラスが割れたとしても管理組合の保険で対応できます。

まとめ

分譲マンションは基本的には家財に対して火災保険を掛けることになります。

なので、細かい点を考慮して、将来どのような損害を受ける可能性が高いのかを判断して火災保険を検討することが大切です。

また、火災保険料を安くする方法については「火災保険を安い保険料にする」の記事でさらに詳しく解説していますので、良かったら合わせてご参照ください。

関連記事

火災保険比較で人気の火災保険を選ぶ秘訣

火災保険比較で人気の火災保険を選ぶ秘訣

火災保険の長期契約が廃止!保険期間が最長10年によるメリットとは

火災保険の長期契約が廃止!保険期間が最長10年によるメリットとは

床上浸水や床下浸水の水害被害!火災保険で保険金は支払われる?

床上浸水や床下浸水の水害被害!火災保険で保険金は支払われる?

一戸建て火災保険に必要な補償範囲

一戸建て火災保険に必要な補償範囲

火災保険で土砂災害による被害は補償されるのか?

火災保険で土砂災害(土砂崩れ)による被害は補償されるのか?

マンションの火災保険の相場はいくら?簡単に保険料を把握する秘訣

マンションの火災保険の相場はいくら?簡単に保険料を把握する秘訣