火災保険の相場ガイド

火災保険の相場はもちろん、基礎知識や選び方、安くする方法に至るまでわかりやすく解説

火災保険の補償内容

火災保険の補償範囲はどこまで補償される?

更新日:

火災保険の補償範囲はどこまで補償される?

火災保険の補償は、火災に限定されていないことをご存じですか?

実は火災以外にも落雷や破裂・爆発によって生じた損害に対しても補償されるのです。
そのほかにも、さまざまな損害に対して補償してくれます。

この記事では、火災保険の補償範囲について紹介していきます。
火災保険の補償範囲を詳しく知りたい人は、ぜひ参考にしてくださいね。

火災保険を安くするなら必ず一括見積もりサイトを活用すること

火災保険の見積書を作成するときは、
必ず一括見積もりサイトを活用しましょう!

火災保険は10社以上あり、
同じ条件でも火災保険料が
20万円以上も差が出ることもあるのです。

一括見積もりサイトを使うことで
10社以上の火災保険会社から
複数社の見積書を作成してくれます。

そのため届いた見積書を比較するだけで
最安値の火災保険が簡単に見つかるのです。





火災保険で補償される損害

火災保険では、火災による損害だけでなく、それ以外にもさまざまな損害に対して補償してくれるのです。

補償内容保険金が支払われる損害内容
火災、落雷、破裂・爆発火災や落雷、破裂に爆発などで、建物や家財が損害を受けたとき。
風災・雹災・雪災風災や雹災、雪災などによって、建物や家財が損害を受けたとき。
水災台風や豪雨などによって洪水や高潮、土砂崩れが起こり、建物や家財が損害を受けたとき。
水濡れ給排水設備の事故や、他の部屋で起きた事故によって起きた水濡れによって、建物や家財が損害を受けたとき。
物体の落下・飛来・衝突
石が飛んできてガラスが割れる。
車が塀に衝突して当て逃げされた。
このような外部からの飛来や衝突で損害を受けたとき。
騒擾・集団行動などによる破壊デモや労働争議などの集団行為によって、建物や家財が損害を受けたとき。
盗難、盗難による破損・汚損
強盗や窃盗によって建物や家財が損傷または汚損してしまった。
家財が盗まれた。
このような損害を受けたとき。
偶然な事故による破損・汚損など偶然な事故や不注意などによって、建物や家財が損害を受けたとき。

上記のように、火災保険には火災の損害だけでなく、自然災害や日常生活のリスクなど、住まいに関わるさまざまな損害に対して補償してくれる保険なのです。

そのため、近年では火災保険と呼ばず、「住まいの保険」と呼ばれることが多いです。




諸費用を補償する費用保険金とは

大きな損害が発生しまうと、建物や家財以外にも損害をともなう諸費用が発生することもあります。
このような一時的に発生した諸費用を火災保険の損害保険金とは別に補償するのが「費用保険金」です。

たとえば、火災で全損してしまった焼け跡にはたくさんの残存物が出てきます。
それらを片付けたり清掃したりする費用や、一時的に住む仮住まい費用などさまざまな費用が重なってきます。
これらの費用に対して、費用保険金が支払われるのです。

万が一のときに役に立つため、費用保険金も検討するようにしましょう。

費用保険金の対象となる損害は、各火災保険の商品によって異なりますので、比較してあなたに最適なものを選択するようにしてください。

火災保険にセットできる特約とは

火災保険には、類焼先の建物や家財に与えた損害や、消防活動による放水損害に対して補償する「類焼損害補償」といった特約などが用意されています。

そのほかにも、階下への漏水損害など、他人への賠償に備える「個人賠償責任補償」といった特約もあります。
この個人賠償責任補償は、分譲マンションや賃貸住宅の火災保険にセットする代表的な特約です。

このように特約は、火災保険で補えな部分を補強してくれるので、すこしでも不安要素をなくしたい人は特約もセットすることも検討しておきましょう。

特約の内容も火災保険商品によって異なるので、必ず比較するようにしてください。




火災保険の補償内容は自分で選べる

昔の火災保険は、どの火災保険も住まいに関わる損害がすべて補償されるものが主流でした。
しかし、建物の構造や階層、立地場所などによって損害に備える補償の種類や大きさに差が生じます。

たとえば

  • マンションの高層階だから水災の補償は不要
  • 小さな子どもがいないから破損・汚損の補償は不要
  • セキュリティ対策をしているから盗難補償は不要

など、人によって必要とする補償が異なってきます。

そのため、本当に必要な補償だけ備えられるよう、現在の火災保険は任意で補償範囲を選ぶことができるのです。

ほとんどの火災保険では、「火災、落雷、破裂・爆発」と「風災、雹災、雪災」を基本補償として、そのほかの補償については、自分で好きなように組み合わせることができる商品が増えています。

なるべく火災保険料を節約したい人は、うまく補償範囲を選択することで、保険料を抑えることも可能です。

まとめ

この記事はいかがでしたか?
今回は、「火災保険の補償範囲」について紹介しました。

火災保険の補償範囲は、保険会社によって補償内容が異なります。

中には、自由自在に補償範囲を自分で組み合わせできるタイプから、あらかじめ補償内容が決まったプランなどさまざま存在するのです。

自由に組み合わせできるものが一見良さそうに見えますが、補償内容が決まっているプランは、その分火災保険料が安くなっているケースもあるのです。

そのため、火災保険に契約する前に必ず複数社から見積書を作成してもらい比較するようにしましょう。

あとは、補償内容と保険料を比較することで一番お得であなたにあった火災保険が見つけやすくなります。





-火災保険の補償内容
-,

Copyright© 火災保険の相場ガイド , 2018 All Rights Reserved.