地震保険による地震保険料控除とは?

地震保険による地震保険料控除とは?

保険料控除制度という制度を知っていますか。

この保険料控除制度は保険料の支払額に応じて決められた額がその契約している人は所得控除を受けることができます。

人によって異なりますが、個人住民税が最大2万5千円、所得税は最大5万円の控除を受けることができます。

地震保険にもこの保険料控除制度があります。

地震保険の保険料控除制度は、従来の損害保険料控除を改定したもので、成19年1月から施行されている、比較的新しい制度です。

この制度は国がもっと国民に地震保険などに加入してもらうためにもうけられました。

地震保険料控除が適用される条件

地震保険料控除が適用される保険とは、契約者本人かその配偶者などの家族が所有している、住居や動産などを対象にした地震保険などです。

また、その他の長期損害保険契約でも地震保険料控除が適用される場合もありますので、ご自分が現在加入している保険がそれに当たらないか確認することをおすすめします。

地震保険料控除ができる際に、以前あった損害保険料控除は廃止されてしまいました。

いくつかの条件に当てはまる場合は地震保険控除が適用されます。

一つは平成18年12月31日までに締結をしていた場合は、地震保険控除の対象となります。

ただし、保健期間が始まるのが平成19年1月1日以降である場合はこれに当てはまりませんので、注意してください。

二つ目は保険期間が10年以上あり、かつ満期返れい金があるものです。

三つ目が平成19年1月1日以降に保険を変更していない契約も対象になります。

地震保険料控除で受けることができる金額は、支払っている保険料や年齢などによって変わりますので、事前に調べておくといいでしょう。

まとめ

地震保険料控除の制度を受けるためには、自分で手続きをしなければいけません。

保険料控除証明書という書類が保険会社から用意されますので、それを確定申告や年末調整の際に提出すると、控除が適用されます。

この手続きをしなければ、地震保険料控除を受けることができませんので、必ずするようにしましょう。

ネット依頼ひとつで複数社の見積書が届く!人気の火災保険一括見積もりサービス

年間見積もり件数が多いこと取り扱い火災保険が10社以上あることを条件に該当する「火災保険一括見積もりサービス」です。

人気のある火災保険やオススメの火災保険を抑えるなら、「価格.com 保険」と「インズウェブ」の両社で見積書依頼をすれば、あなたに最適な火災保険を把握することが可能です。
また、2社とも強引な勧誘などがないので安心して依頼することができます。

火災保険料で損をしないためにも、必ず複数社から見積書を作成してもらい比較するようにしましょう。

価格.com 保険

年間見積もり件数30万件突破!安い火災保険が見つかる価格.com保険

価格.com保険の火災保険一括見積もり

国内最大のNo1比較サイト価格.com保険は、大手火災保険会社12社から比較ができます!
また、あなたのご要望に合った火災保険の見積書を無料で作成してくれます。
最短で登録の翌日中に見積もりの案内が可能!
複数社の中から安い火災保険を見つけたい方におススメです!

価格.com保険の詳細を見てみる!

インズウェブ

住宅購入を検討中でも対応!安くてお得な火災保険が分かるインズウェブ

インズウェブの火災保険一括見積もり

インズウェブ火災保険一括見積もりサービスは、大手火災保険会社を含む最大10社から一括で見積もりが可能です!
また、SBIホールディングスが運営元なので信頼と安心感が大きいのも魅力の一つです。
なるべく多くの保険会社から火災保険の見積書を貰いたい方におススメです!

インズウェブの詳細を見てみる!

住宅本舗

大幅に保険料が節約できた実例あり!住宅本舗

住宅本舗の火災保険一括見積もり

住宅本舗の火災保険一括見積は、大手火災保険会社10社から比較することができます!
住宅本舗では、保険代理店と提携しており、あなたの要望に最適な火災保険のプランを提案してくれます。

住宅本舗の詳細を見てみる!

関連記事

地震保険の加入率はどのくらい?あなたが住んでいる地域を徹底調査

地震保険の加入率はどのくらい?都道府県別のデータを公開!

地震保険の加入方法と注意すべき点

地震保険の加入方法と注意すべき点

火災保険と地震保険に違いはあるの?

火災保険と地震保険に違いはあるの?

地震保険の必要性はあるのか?

地震保険の必要性はあるのか?