火災保険の相場ガイド

火災保険の相場はもちろん、基礎知識や選び方、安くする方法に至るまでわかりやすく解説

地震保険

地震保険による地震保険料控除とは?

更新日:

地震保険による地震保険料控除とは?

保険料控除制度という制度を知っていますか。

この保険料控除制度は保険料の支払額に応じて決められた額がその契約している人は所得控除を受けることができます。

人によって異なりますが、個人住民税が最大2万5千円、所得税は最大5万円の控除を受けることができます。

地震保険にもこの保険料控除制度があります。

地震保険の保険料控除制度は、従来の損害保険料控除を改定したもので、成19年1月から施行されている、比較的新しい制度です。

この制度は国がもっと国民に地震保険などに加入してもらうためにもうけられました。

火災保険を安くするなら必ず一括見積もりサイトを活用すること

火災保険の見積書を作成するときは、
必ず一括見積もりサイトを活用しましょう!

火災保険は10社以上あり、
同じ条件でも火災保険料が
20万円以上も差が出ることもあるのです。

一括見積もりサイトを使うことで
10社以上の火災保険会社から
複数社の見積書を作成してくれます。

そのため届いた見積書を比較するだけで
最安値の火災保険が簡単に見つかるのです。





地震保険料控除が適用される条件

地震保険料控除が適用される保険とは、契約者本人かその配偶者などの家族が所有している、住居や動産などを対象にした地震保険などです。

また、その他の長期損害保険契約でも地震保険料控除が適用される場合もありますので、ご自分が現在加入している保険がそれに当たらないか確認することをおすすめします。

地震保険料控除ができる際に、以前あった損害保険料控除は廃止されてしまいました。

いくつかの条件に当てはまる場合は地震保険控除が適用されます。

一つは平成18年12月31日までに締結をしていた場合は、地震保険控除の対象となります。

ただし、保健期間が始まるのが平成19年1月1日以降である場合はこれに当てはまりませんので、注意してください。

二つ目は保険期間が10年以上あり、かつ満期返れい金があるものです。

三つ目が平成19年1月1日以降に保険を変更していない契約も対象になります。

地震保険料控除で受けることができる金額は、支払っている保険料や年齢などによって変わりますので、事前に調べておくといいでしょう。




まとめ

地震保険料控除の制度を受けるためには、自分で手続きをしなければいけません。

保険料控除証明書という書類が保険会社から用意されますので、それを確定申告や年末調整の際に提出すると、控除が適用されます。

この手続きをしなければ、地震保険料控除を受けることができませんので、必ずするようにしましょう。

あわせて読みたい記事




Copyright© 火災保険の相場ガイド , 2019 All Rights Reserved.