地震保険の必要性はあるのか?

地震保険の必要性はあるのか?

地震保険の必要性について、意外と賛否両論があり、加入すべきとアドバイスをする保険代理店や必要がないという保険代理店があったりと、どうすればいいのか迷う方も多いのではないでしょうか?

地震保険に加入していない方が多いのが現状ですが、地震保険に加入するメリットがどこにあるのかお伝えいます。

地震保険の保険金は火災保険の半分しか補償されないが…

地震保険の補償金額は、火災保険で設定した補償金額の50%までしか設定することができません。

そのため、地震による災害が起きたとき、火災保険では2,000万円の価値がある住居が全焼した際は最大で2,000万円の保険金を受けることができますが、地震保険では最高でも火災保険の半額である1,000万円しか受け取ることができません。

こんな風に伝えると、火災保険で十分だと思う方がいるかもしれません。

しかし、ここには大きな落とし穴があるのです。

地震による損害は火災保険では補償されない

地震によって引き起こされた火災や洪水などは、火災保険では一切補償されることがありません。

地震による損害は、地震保険でしか補償することができないのです。

ですから、地震で火災が起きても火災保険で2,000万円の保険金が出るから安心ではなく、火災保険から補償される保険金は0円となるわけです。

地震保険に加入している場合は、1,000万円の保険金が出るので建て替えの頭金や当面の生活費などにまわせる余裕が生まれます。

いつどこで起こるか分からない地震だからこそ、安易に加入しないことを選択するのではなく、しっかりと検討した上で地震保険に加入するかどうか決めるべきなのです。

まとめ

地震保険の加入は任意です。

しかし、政府と損害保険会社が共同で運営している地震保険だからこそ、安心して加入できる保険であると考えることもできます。

火災保険に加入するときは、地震保険のこともきちんと把握して、しっかりと検討するようにしましょう。

利用者数が多い人気の火災保険一括見積もりサービス一覧

年間見積もり件数が多いこと取り扱い火災保険が10社以上あることを条件にランク付けした、「火災保険一括見積もりサービス」一覧です。

火災保険一括見積もりサービスによって、見積もりに含まれる補償内容など異なるケースもあります。なぜなら、保険のプロによって提案の切り口が違うためです。

いろんな提案の見積書を比較したい場合は、2つ以上のサービスを利用することで、具体的な補償内容や保険料を知ることができるため、あなたの希望に近い火災保険が見つけやすくなるメリットがあります。

火災保険料で損をしないためにも、必ず複数社から見積書を作成してもらい比較するようにしましょう。

価格.com 保険

年間見積もり件数30万件突破!安い火災保険が見つかる価格.com保険

価格.com保険の火災保険一括見積もり

国内最大のNo1比較サイト価格.com保険は、大手火災保険会社12社から比較ができます!
また、あなたのご要望に合った火災保険の見積書を無料で作成してくれます。
最短で登録の翌日中に見積もりの案内が可能!
複数社の中から安い火災保険を見つけたい方におススメです!

価格.com保険の詳細を見てみる!

インズウェブ

住宅購入を検討中でも対応!安くてお得な火災保険が分かるインズウェブ

インズウェブの火災保険一括見積もり

インズウェブ火災保険一括見積もりサービスは、大手火災保険会社を含む最大10社から一括で見積もりが可能です!
また、SBIホールディングスが運営元なので信頼と安心感が大きいのも魅力の一つです。
なるべく多くの保険会社から火災保険の見積書を貰いたい方におススメです!

インズウェブの詳細を見てみる!

住宅本舗

大幅に保険料が節約できた実例あり!住宅本舗

住宅本舗の火災保険一括見積もり

住宅本舗の火災保険一括見積は、大手火災保険会社10社から比較することができます!
住宅本舗では、保険代理店と提携しており、あなたの要望に最適な火災保険のプランを提案してくれます。

住宅本舗の詳細を見てみる!

関連記事

火災保険と地震保険に違いはあるの?

火災保険と地震保険に違いはあるの?

地震保険の加入率はどのくらい?あなたが住んでいる地域を徹底調査

地震保険の加入率はどのくらい?都道府県別のデータを公開!

地震保険による地震保険料控除とは?

地震保険による地震保険料控除とは?

地震保険加入の注意点と加入手続き方法

地震保険加入の注意点と加入手続き方法!単独加入する秘訣も紹介