火災保険の相場ガイド

火災保険の相場はもちろん、基礎知識や選び方、安くする方法に至るまでわかりやすく解説

火災保険の基礎知識

火災保険で出る保険金はどのような災害が対象なのか?実例を紹介

更新日:

火災保険で出る保険金はどのような災害が対象なのか?実例を紹介

火災保険に契約するとき、気になるのがどのような災害のときに保険金に対象になるかです。

火災保険は、火災による災害以外にもさまざまな災害に対して保険金が支払われます。

この記事では、火災保険で対象となる災害補償について紹介していきます。

火災保険を安くするなら必ず一括見積もりサイトを活用すること

火災保険の見積書を作成するときは、
必ず一括見積もりサイトを活用しましょう!

火災保険は10社以上あり、
同じ条件でも火災保険料が
20万円以上も差が出ることもあるのです。

一括見積もりサイトを使うことで
10社以上の火災保険会社から
複数社の見積書を作成してくれます。

そのため届いた見積書を比較するだけで
最安値の火災保険が簡単に見つかるのです。





火災保険では保険金が支払われないケース

火災保険では支払われないケースがあります。
それは、地震や噴火、津波被害には原則として保険金は支払われません。

また、上記以外でも保険金が支払われないケースもあります。

地震や噴火、津波被害で保険金が出ない理由

地震や噴火、津波による被害は、保険金の支払いがどの程度の規模になるか想定が難しいことがあげられます。

被害規模がある程度予測できなければ、火災保険を取り扱う保険会社は、契約者に支払う保険金が底をついてしまい、支払いをまっとうすることが困難になってしまう恐れがあるのです。

このような巨大災害に対しては火災保険の対象外となります。

その他にも、戦争や内乱、暴動、核燃料物質の放射性などが原因による自宅の損害に対して対象外です。
もちろん、これらが原因で被災した家財の紛失も対象外となります。

建物の所有者自身による故意による損害

火災保険の契約者や、建物の所有者の故意または重大な過失法令違反によって、損害が生じた時は、保険金が出ません。
重大な過失とは、気をつけなければ大変なことになると危険予測できるはずなのに、注意を払わず損害を起こした場合のことをいいます。

保険金が支払われないケースなどについては、火災保険の契約時に送られてくる「約款」や「契約のしおり」に記載されているので、確認しましょう。




条件次第では保険金が出る事例

火災保険の範囲内ギリギリの損害については、各保険会社の条件によって出る場合はと出ない場合があります。

どのような損害が条件次第の判断に左右されるのか把握しておきましょう。

台風による水害で自宅が流失してしまった

火災保険の補償内容に「水災」補償が入っていれば、保険金が支払われます。

しかし、契約によっては、床上浸水の程度によって、受け取れる保険金の金額が変わるケースもあります。

水災が多い地域に住んでいる場合は、水災の損害範囲がどの程度まで適用されるのか、しっかりと確認しておきましょう。

地震による津波などの水害による床上浸水による被害は、火災保険の対象外となります。

ゲリラ豪雨で床上浸水の被害が起きた

こちらも火災保険の補償内容に「水災」補償が入っていれば、保険金が支払われます。

また、契約によっては、床上浸水の程度によって、受け取れる保険金の金額が変わるケースもあります。

地震による津波などの水害による床上浸水による被害は、火災保険の対象外となります。

豪雪が原因で屋根が落ちてしまった

火災保険の補償内容に「雪災」補償が入っていれば、保険金が支払われます。

火災保険の商品によっては、損害額が20万円以上でなければ保険金の請求ができないこともあります。

とくに、古くから加入している火災保険ほど、このような条件がついていることがあるので、一度確認するようにしましょう。

竜巻で自宅が全壊した

突風や旋風、暴風などは火災保険の補償内容に 「風災」補償が入っていれば、保険金が支払われます。

竜巻は一般的に突風の扱いとされるため、約款に台風と記載されていなくても保険金が支払われるケースが多いようです。

火災保険に加入する前に、風災の補償範囲ついて確認するようにしましょう。

落雷が原因でテレビが壊れた

自宅や近所に落雷した影響で、家電に損害が生じた場合は、保険金が支払われます。

火災保険の基本補償である「火災・破裂・爆発・落雷」補償は、火災保険の基本補償とされているのがほとんどです。

落雷による家電製品の損害も火災保険の対象となるので、請求し忘れないようにしましょう。




まとめ

火災保険の保険金は、各火災保険商品によって、上限金額や対象範囲が異なります。

すでに火災保険に加入している人は、一度補償内容を確認して、古い補償内容であれば一度見直すことも考えましょう。

また、新しく火災保険に加入する人は、1社だけ見積書を請求するのではなく、必ず複数社から見積書を作成してもらい、火災保険料と補償内容をしっかりと比較して検討するようにしましょう。





-火災保険の基礎知識
-

Copyright© 火災保険の相場ガイド , 2018 All Rights Reserved.