火災保険の資料請求で見積書も同時に貰う方法

火災保険の資料請求で見積書も同時に貰う方法

火災保険の資料請求は、生命保険の資料請求と違い、意外と手間の掛かる作業なのです。

しかも、資料請求の仕方によっては、保険料を安くすることも不可能ではありません。

今回は、火災保険の資料請求をするときに重要なポイントをご紹介します。

火災保険の資料請求が特殊な理由

火災保険を検討しようと資料請求をしただけでは、補償内容についての説明が中心で、保険料が掲載されていないケースがほとんどです。

火災保険は生命保険と異なり、完全なオーダーメイドの保険になります。

家はひとつひとつ構造が異なり、広さや仕様も異なります。また、住んでいる地域によっても自然災害などのリスクも違います。

なので、生命保険みたいに年齢と性別といった共通する部分ないため、あたなたの保険料はこれだけ掛かりますという正確な金額をパンフレットには掲載できないのです。

ちなみに、保険料例として掲載されているケースも見かけたりしますが、注意書きに○○の条件で算出された保険料です的なことが記載されています。

その条件と全く同じ家に住んでいる人は、ほとんどいないので、あくまでも参考程度にしかならないので注意してください。

火災保険の資料請求をする正しい方法

火災保険に加入する前に、まずは火災保険会社の資料請求と併せて見積書も同時に送ってもらうことが重要です。

そうすることで、保険会社の補償内容を確認しながら、見積書を見ることで実際に掛かる火災保険料と、そのプランに含まれている補償内容を知ることができます。

火災保険は保険代理店経由で加入することになっているので、火災保険を取り扱っている保険代理店で見積書を作成してもらいましょう。

ちなみに見積書作成は無料で行ってくれますので安心してください。

逆に費用を取るところは悪徳なので、その保険代理店から加入するのは止めておきましょう。

火災保険の見積書作成に必要なもの

正しい見積書を作成してもらうには、正確な家の情報が必要になります。

家の購入手続きが済んでいる人や、ある程度進んでいる人は「建築確認申請書」と「住宅性能評価書」を貰っているはずです。

もしまだ貰ってなくても、施工会社や販売会社に連絡するとコピーが貰えるので予め依頼しておくといいでしょう。

この書類には家の正確な情報が記載されています。
火災保険会社はこの情報を元に、保険料を算出して見積書を作成しているのです。

なので、見積書を依頼するときは「建築確認申請書」と「住宅性能評価書」は事前に用意しておきましょう。

火災保険料を安くするコツ

少しでも火災保険料を安く済ませたい人もいるかと思います。

火災保険料を安くするコツの中で一番重要なのが、複数社の火災保険と比較することです。

よく、施工会社や販売会社で当たり前のように火災保険の手続きも同時に行うところもありますが、その施工会社や販売会社でなくても火災保険は加入することができます。

しかも、販売会社などは、どこかしらの火災保険直属の代理店になっていることが多く、基本的に1社しか扱えないところが多くあります。

そういった場合は、見積書だけ作成してもらい、あとで検討すると伝えておくと自然な感じで断れるので、そういった方法で回避してみてください。

火災保険の資料請求は見積書とセットで請求する

先ほど、火災保険を安くするコツとして複数社を比較することと伝えました。

しかし、1社1社異なる火災保険代理店に見積書依頼をするのも大変ですし、補償条件を各社ともに一致させるのも大変です。
(火災保険によって、補償条件の取り外しが可能なものが異なります。)

そこで、利用するのが火災保険の一括見積り依頼のサイトです。

このようなサイトは、複数社の火災保険を取り扱っているので、1度の依頼で複数社の資料請求と見積書が無料で届けてくれるので大変便利です。

また、補償条件に関しても希望する補償内容が含まれる火災保険に絞って選別してくれるので、自分たちで選別する手間も省けます。

まとめ

火災保険の資料請求は、ただパンフレットを取り寄せただけでは意味がありません。

きちんと火災保険の見積書も作成してもらった上で、その火災保険会社のメリットやデメリットを把握することができるのです。

火災保険の一括見積もりサイトを利用して資料請求すれば見積書も同時に付いてくるので、上手に活用しましょう。

この記事をきっかけに納得にいく火災保険に加入することができることを願っています。

ネット依頼ひとつで複数社の見積書が届く!人気の火災保険一括見積もりサービス

年間見積もり件数が多いこと取り扱い火災保険が10社以上あることを条件に該当する「火災保険一括見積もりサービス」です。

人気のある火災保険やオススメの火災保険を抑えるなら、「価格.com 保険」と「インズウェブ」の両社で見積書依頼をすれば、あなたに最適な火災保険を把握することが可能です。
また、2社とも強引な勧誘などがないので安心して依頼することができます。

火災保険料で損をしないためにも、必ず複数社から見積書を作成してもらい比較するようにしましょう。

価格.com 保険

年間見積もり件数30万件突破!安い火災保険が見つかる価格.com保険

価格.com保険の火災保険一括見積もり

国内最大のNo1比較サイト価格.com保険は、大手火災保険会社12社から比較ができます!
また、あなたのご要望に合った火災保険の見積書を無料で作成してくれます。
最短で登録の翌日中に見積もりの案内が可能!
複数社の中から安い火災保険を見つけたい方におススメです!

価格.com保険の詳細を見てみる!

インズウェブ

住宅購入を検討中でも対応!安くてお得な火災保険が分かるインズウェブ

インズウェブの火災保険一括見積もり

インズウェブ火災保険一括見積もりサービスは、大手火災保険会社を含む最大10社から一括で見積もりが可能です!
また、SBIホールディングスが運営元なので信頼と安心感が大きいのも魅力の一つです。
なるべく多くの保険会社から火災保険の見積書を貰いたい方におススメです!

インズウェブの詳細を見てみる!

住宅本舗

大幅に保険料が節約できた実例あり!住宅本舗

住宅本舗の火災保険一括見積もり

住宅本舗の火災保険一括見積は、大手火災保険会社10社から比較することができます!
住宅本舗では、保険代理店と提携しており、あなたの要望に最適な火災保険のプランを提案してくれます。

住宅本舗の詳細を見てみる!

関連記事

新築で火災保険が安くなる加入方法

新築で火災保険が安くなる加入方法

火災保険で台風に備える補償の選び方

火災保険で台風に備える補償の選び方

火災保険料値上げ改定の対策と最新改定情報

火災保険料値上げ改定の対策と最新改定情報

雨漏りは火災保険の補償対象になるの?

雨漏りは火災保険の補償対象になるの?

火災保険ランキング

火災保険ランキング

住宅ローン対応の火災保険の選び方と注意点

住宅ローン対応の火災保険の選び方と注意点