火災保険で車庫・物置・門・塀などは補償範囲に含まれるの?

火災保険で車庫・物置・門・塀などは補償範囲に含まれるの?

火災保険は「建物」と「家財」を補償対象とした保険です。

では、建物の外にある車庫や物置などは火災保険で補償されるのかどうか気になる方も多いはずです。

ここでは、建物の外にある車庫・物置・門・塀などの補償についてお伝えします。

火災保険の補償範囲

火災保険では、建物や家財のみだけでなく、建物付属物も対象となります。

建物付属物は、建物に付属している建造物で代表的なものとして次のようなものがあげられます。

  • 物干し屋根
  • 車庫(ガレージ)
  • 物置

これらの対象範囲は、火災保険会社によって内容が異なるので確認するようにしましょう。

通常は火災保険の契約書内に、上記の建物付属物が保険対象として含まれているか記載されています。

ほとんどの火災保険では、車庫・物置・門・塀なども火災保険の補償範囲に含まれるのが一般的なので安心してください。

基礎工事部分も補償範囲に含めることができる

一戸建て住宅の土台となっている基礎工事部分の取り扱いは火災保険会社によってことなってくるので、契約前に確認してください。

基礎工事部分に関しては不要と考える方もいます。

補償範囲には正解がないので、どこまで補償範囲を含めれば安心できるか、または自己負担できるかで決まると思います。

大きな災害を受けて建て替えが必要な場合、基礎部分にも損傷を受けていることが多いので、しっかりと補償を受けたい方は、基礎工事部分も補償範囲に含めるようにしましょう。

リフォームした場合は注意が必要

火災保険を長期契約で加入し、契約期間中にあとから車庫や塀など追加した場合は注意が必要です。

新しく車庫や塀などを作った場合は、実際の契約内容とのズレが生じてしまいます。

そんな時に火災などが起きてしまい損害が出てしまうと、保険金を受け取れなくなる可能性もあります。

状況が変わったのであれば、きちんと保険会社に連絡をして対処してもらうようにしましょう。

まとめ

門や塀といった付属物は建物自体と比べると費用はかかっていないかもしれませんが、損害が生じれば大きな損失となります。

火災保険に加入する際は、きちんと建物付属物が補償されることを事前に確認するようにしましょう。

ネット依頼ひとつで複数社の見積書が届く!人気の火災保険一括見積もりサービス

年間見積もり件数が多いこと取り扱い火災保険が10社以上あることを条件に該当する「火災保険一括見積もりサービス」を掲載しています。

なるべく保険料を抑えたい人や、各社の補償内容や割引制度を比較したい人は「価格.com 保険」と「インズウェブ」で見積もり依頼をしておくといいでしょう。

もし2社から同じ火災保険会社の見積書があれば、その火災保険はあなたにとって最適である可能性があります。

どちらの見積もりサービスも強引な勧誘がなく、入力手続きも3~5分程度で完了します。

火災保険の補償範囲や保険料などで後悔しないためにも、必ず複数の火災保険を比較するようにしましょう。

価格.com 保険

年間見積もり件数30万件突破!安い火災保険が見つかる価格.com保険

価格.com保険の火災保険一括見積もり

国内最大のNo1比較サイト価格.com保険は、大手火災保険会社12社から比較ができます!
また、あなたのご要望に合った火災保険の見積書を無料で作成してくれます。
最短で登録の翌日中に見積もりの案内が可能!
複数社の中から安い火災保険を見つけたい方におススメです!

価格.com保険の詳細を見てみる!

インズウェブ

住宅購入を検討中でも対応!安くてお得な火災保険が分かるインズウェブ

インズウェブの火災保険一括見積もり

インズウェブ火災保険一括見積もりサービスは、大手火災保険会社を含む最大10社から一括で見積もりが可能です!
また、SBIホールディングスが運営元なので信頼と安心感が大きいのも魅力の一つです。
なるべく多くの保険会社から火災保険の見積書を貰いたい方におススメです!

インズウェブの詳細を見てみる!

住宅本舗

大幅に保険料が節約できた実例あり!住宅本舗

住宅本舗の火災保険一括見積もり

住宅本舗の火災保険一括見積は、大手火災保険会社10社から比較することができます!
住宅本舗では、保険代理店と提携しており、あなたの要望に最適な火災保険のプランを提案してくれます。

住宅本舗の詳細を見てみる!

関連記事

住宅ローン対応の火災保険の選び方と注意点

住宅ローン対応の火災保険の選び方と注意点

火災保険比較で人気の火災保険を選ぶ秘訣

火災保険比較で人気の火災保険を選ぶ秘訣

質権設定とは?初めての方でもわかりやすく解説

火災保険の質権設定とは?初めての方でもわかりやすく解説

新築なら火災保険料が割引される!失敗しない火災保険の選び方

新築なら火災保険料が割引される!失敗しない火災保険の選び方

短期で火災保険に加入するメリットとデメリット

短期で加入できる火災保険のメリットとデメリット

火災保険の見積もりがまとめてできる方法!最短で翌日確認可能

火災保険の見積もりがまとめてできる方法!最短で翌日確認可能