火災保険の相場ガイド

火災保険の相場はもちろん、基礎知識や選び方、安くする方法に至るまでわかりやすく解説

火災保険会社

富士火災の火災保険の特徴と評判 | 見積もり方法も解説

更新日:

富士火災の火災保険の特徴と見積もり方法

2018年1月1日、AIU保険と富士火災が統合して『AIG損保』になっています。


富士火災が販売している火災保険商品は「未来住まいる」です。

未来住まいるは、一戸建てや分譲マンションなど、住まいにあわせた6つのプランを選択。
さらに、特約をセットすることで、希望にあった補償内容を設計することができる火災保険となっています。




未来住まいるの基本補償

未来住まいるの基本補償は下記の通りです。

  • 火災
  • 落雷
  • 破裂・爆発
  • 風災・雹(ひょう)災・雪災
  • 建物外部からの物体の落下・飛来・衝突等
  • 給排水設備に生じた事故等による水濡れ
  • 騒擾(じょう)・集団行動等による破壊行為等
  • 盗難
  • 水災
  • 不測かつ突発的な事故(破損・汚損等)

未来住まいるでは、補償範囲は6つのプランから選択することができます。

プラン名対象となる事故
Aプラン
  • 火災
  • 落雷
  • 破裂・爆発
  • 風災・雹(ひょう)災・雪災
  • 建物外部からの物体の落下・飛来・衝突等
  • 給排水設備に生じた事故等による水濡れ
  • 騒擾(じょう)・集団行動等による破壊行為等
  • 盗難
  • 水災
  • 不測かつ突発的な事故(破損・汚損等)
Bプラン
  • 火災
  • 落雷
  • 破裂・爆発
  • 風災・雹(ひょう)災・雪災
  • 建物外部からの物体の落下・飛来・衝突等
  • 給排水設備に生じた事故等による水濡れ
  • 騒擾(じょう)・集団行動等による破壊行為等
  • 盗難
  • 不測かつ突発的な事故(破損・汚損等)
Cプラン
  • 火災
  • 落雷
  • 破裂・爆発
  • 風災・雹(ひょう)災・雪災
  • 建物外部からの物体の落下・飛来・衝突等
  • 給排水設備に生じた事故等による水濡れ
  • 騒擾(じょう)・集団行動等による破壊行為等
  • 盗難
  • 水災
Dプラン
  • 火災
  • 落雷
  • 破裂・爆発
  • 風災・雹(ひょう)災・雪災
  • 建物外部からの物体の落下・飛来・衝突等
  • 給排水設備に生じた事故等による水濡れ
  • 騒擾(じょう)・集団行動等による破壊行為等
  • 盗難
Eプラン
  • 火災
  • 落雷
  • 破裂・爆発
  • 風災・雹(ひょう)災・雪災
Fプラン
  • 火災
  • 落雷
  • 破裂・爆発

すべてのプランにおいて、火災、落雷、ガス爆発などによる家屋、家財の補償はついており、それ以外の補償内容を検討していくことになります。

たとえば、マンションでも高層階に住んでいるから水災の補償は必要ないなどの選択をすることが可能です。




未来住まいるの特約補償

未来住まいるでは、基本補償とは別にオプションとして補償内容を追加することが可能です。

追加できる特約は次の通りです。

  • 個人賠償責任特約
  • 類焼補償特約
  • 法律相談費用および弁護士費用等特約
  • 庭木修復費用特約
  • 敷地内設置物特約
  • 共用部分修理費用特約
  • 総合借家人賠償責任特約
  • 建てなおし費用特約
  • 持ち出し家財特約
  • 建物賠償責任特約
  • 家賃損害補償特約

富士火災の無料サービス

富士火災の火災保険に加入することで、「住まいのホットライン」を利用することができます。

住まいのホットライン

水まわりのトラブル・カギ開け・ガラス破損の応急対応、緊急出動サービス

次のようなときに、専門業者が応急対応してくれます。

  • お風呂の水が止まらない
  • 外出先で鍵を紛失し、家に入れない
  • 誤って、窓ガラスを割ってしまった

電話相談・情報提供サービス

  • 夜間・休日の診療機関のご案内
  • 育児、いじめ・不登校などに関するご相談
  • 急病などのときに専門の相談員がアドバイス
  • ベビーシッター派遣業者・介護事業者のご紹介




富士火災の会社情報

富士火災の前身は、1918年に設立された日本簡易火災保険です。

また、2016年以降にAIU損害保険と統合経営を行う予定となっています。

富士火災の見積もり方法

富士火災の火災保険の見積書を作成してもらうには、富士火災の保険代理店で、インターネットまたは窓口で作成してもらいます。

もちろん、火災保険の見積書作成は無料で作成してくれます。

もし、最適な火災保険をみつけたい場合は、複数の火災保険会社の商品を扱っている保険代理店で2社以上の見積書を作成してもらい比較するのがオススメです。

なぜなら、複数社比較することで、あなたに最適な補償内容を整理することができる上、同じ補償内容でも割引サービスの有無などで、一番安い火災保険を選択することが可能だからです。

もし、火災保険会社にこだわりがなければ、火災保険の一括見積もりサービスを活用すると手間もなく簡単に複数社の見積書を作成してくれます。
こちらのサービスも、各保険代理店が運営し、保険会社の見積書作成システムを使用するので、無料で見積書を作成するので、安心して活用してください。





-火災保険会社
-

Copyright© 火災保険の相場ガイド , 2018 All Rights Reserved.