家財保険に掛ける金額目安の決め方

家財保険に掛ける金額目安の決め方

火災保険には「建物」と「家財」2つの補償に加入することができます。

その中で家財保険に関しては、ご自身で保険金額の範囲を決めることになっています。

ご自身で家財の保険金額を自由に決められるので、ご自身が納得できる設定にすることが可能です。

しかし、保険金額を高く設定すれば火災保険料も高くなります。

今回は、家財保険に掛ける金額目安についてお伝えします。

家財保険の金額を決める評価方法

家財の保険金額を決める方法として主に2つの方法があります。

まず、世帯主の年齢や家族構成で保険金額を決める「簡易評価」です。

簡易評価は、各保険会社によって多少異なりますが、一般的な参考金額が記載されているので、あれこれ考えずに決断することができます。

しかし、簡易評価はあくまでも参考データなので、今ある家財の総費用と合っているかを検討したほうがいいでしょう。

たとえば、家財の総費用が400万円分しかないのに、簡易評価上では保険金額が700万円となっていて、その金額を設定してしまうと、差額の300万円分の火災保険料を無駄に支払うことになってしまいます。

もうひとつ方法は、ご自身で所有している家財金額を計算して設定する決め方です。

どちらかというと、ご自身で計算して保険金額を設定する方がもっとも適しています。

新築で購入した場合、家具などの生活用品も一新する方が多いので、その領収書をとっておき合計した金額を設定するのがベストです。

家財の保険金額の目安

ここでは損保ジャパン日本興亜が扱っている火災保険「THE すまいの保険」から、簡易評価を確認してみましょう。

簡易評価の例

出典:損保ジャパン日本興亜「THE すまいの保険

※平成28年11月現在

独身世帯であれば、年齢問わず300万円を目安に設定するといいことが分かります。

また夫婦の場合、35歳前後で住宅を購入した場合、920万円を目安に。

そして、3人家族だと夫婦と同じ年齢で見ると1,000万円を目安に設定すればいいわけです。

しかし、実態はおそらくここまでの保険金額は必要ないかと感じるのではないでしょうか?

一応目安として簡易評価を確認した上で、自宅の家財を一つ一つ確認をするほうが、無駄な火災保険料を支払わずに済むかと思います。

高級家財の保険金額の決め方

家財の中には、宝石や貴金属、美術品など1個または1組の時価額が30万円を超えるものは、申込書に明記をしなければ保険の対象にならないことがあります。

ただし、申込書に明記したものでも盗難などに遭った場合は、支払われる保険金額が制限されていることもあるので、契約前に確認するようにしておきましょう。

まとめ

家財保険の金額の決め方は、手間は掛かりますが、ご自身で計算して保険金額を設定する方がベストと言えるでしょう。

ここをきちんとしておかないと、同時に家財の地震保険にも加入したい場合、ここで設定した家財保険金額の30%~50%の範囲内で付帯する決まりになっているからです。

火災保険料を無駄に支払わないよう、いい加減にならずにしっかりと適切な家財保険の金額を設定するようにしましょう。

人気の火災保険一括見積もりサービス

火災保険一括見積もりサービスで重要視するべき点は、取扱火災保険数が多いことです。火災保険選びは他社との比較が欠かせないので、なるべく多くの見積書があればあるほど、条件絞込みや補償内容の選択がスムーズにいきます。

当サイトで掲載している火災保険一括見積もりサービスは、取扱火災保険が10社以上あることを条件として掲載。

火災保険料を安くしたい人や、簡単な手続きで見積書を作成してもらいたい人は「イッカツ」と「価格.com 保険」がオススメです。

2つのサービスから火災保険の見積書を作成してもらうことで、どちらのサービスが一番あなたに適しているか比較して判断することができます。

どちらの見積もりサービスも強引な勧誘がなく、入力手続きも3~5分程度です。

イッカツ
イッカツ

プロが作成した見積書の比較で約20万円の節約できた実績あり!
イッカツの火災保険一括見積もりサービス

イッカツの火災保険一括見積もりサービスは、大手火災保険会社12社から、あなたの希望する条件に適した火災保険の見積書を作成してくれます。

イッカツは大手保険代理店と提携しているので、見積書の作成は火災保険のプロが対応。火災保険の知識がなくても、親切丁寧に案内してくれるので安心して比較することができます。

初めて火災保険に加入する人や、親切な対応を望んでいる人にオススメです。

詳細レビューを見てみる 公式サイトを見てみる

取扱保険会社数 12社:
担当者の対応 丁寧・親切:
見積もりスピード 速い:
おすすめ度
価格.com 保険
価格.com 保険

年間見積もり件数30万件突破!
最適な火災保険が見つかる価格.com保険

価格.com 保険の火災保険一括見積もりでは、大手火災保険会社12社から最適な火災保険を選別して見積書を作成してくれます。
見積書を依頼してから最短で、翌日に見積書を確認することが可能。

とくに見積書を早急に取り寄せたい人にオススメです。

詳細を見てみる 公式サイトを見てみる

取扱保険会社数 12社:
担当者の対応 普通:
見積もりスピード とても速い:
おすすめ度
インズウェブ
インズウェブ

住宅購入を検討中でも対応!
お得な火災保険が分かるインズウェブ

インズウェブ火災保険一括見積もりサービスは、大手火災保険会社を含む最大10社から一括で見積もりが可能です!
また、SBIホールディングスが運営元なので信頼と安心感が大きいのも魅力の一つです。

大手企業が運営しているところが安心できるからいいと思う人にオススメです。

詳細を見てみる 公式サイトを見てみる

取扱保険会社数 10社:
担当者の対応 普通:
見積もりスピード やや遅い:
おすすめ度

関連記事

マンション火災保険の選び方と火災保険料を抑える方法

マンション用の火災保険!損をしない火災保険の選び方

火災保険で大雨や豪雨による損害を補償する条件とは?

火災保険で大雨や集中豪雨による損害を補償する条件とは?

火災保険による保険金額の正しい決め方

火災保険による保険金額の正しい決め方

火災保険で漏水による水漏れ事故を補償する条件とは?

火災保険で漏水による水漏れ事故を補償する条件とは?

火災保険の長期契約が廃止!保険期間が最長10年によるメリットとは

火災保険の長期契約が廃止!保険期間が最長10年によるメリットとは

火災保険で家財の補償内容を決める方法

火災保険で家財の補償内容を決める方法