火災保険の相場ガイド

火災保険の相場はもちろん、基礎知識や選び方、安くする方法に至るまでわかりやすく解説

火災保険の基礎知識

火災保険による保険金額の正しい決め方

更新日:

火災保険による保険金額の正しい決め方

火災保険に加入するとき、保険金額を決める必要があります。
保険金額とは、火事や災害などの被害が出た場合に、火災保険会社が契約に基づいて支払う「損害保険金」の限度額(上限)のことをいいます。

保険金額を決めるには建物の価値(保険用語でいうと「保険価額」)を決める必要があるのです。

この記事では、火災保険による保険金額の正しい決め方について紹介していきます。
保険金額について迷っている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

保険価額の決め方は2通り

保険金額は、保険価額を元に設定するため、建物が正しく評価されないと十分な補償を得ることができません。

保険価額を決めるには次の2通りの考え方があります。

新価(再調達価額)で評価

新価(再調達価額)は、同等の建物を新たに建てる、または購入するのに必要な金額のことをいいます。
簡単にいうと、新品価格のことです。

新価で保険価額を決めることで、万が一の時にでも同じ建物を新築することが可能となります。

時価で評価

時価は、同等の建物を新たに建てる、または購入するのに必要な金額から、経過年数や使用による消耗分を差し引いた金額のことをいいます。

時価で保険価額を決めることで、火災保険料を安くすることができます。
しかし、万が一の時に建物が全焼してしまった場合、同じ建物を新築することができません。

新築の建物であれば、新価で評価してもらい万が一の時にでも同じ建物を新築できるようにしておくことが重要です。
また中古の建物でも、なるべく新価で評価してもらうのが鉄則です。

最近の火災保険であれば、よほど古い物件でない限り新価で評価してもらえます。

十分な補償を受ける保険金額の決め方

十分な補償を受ける保険金額の決め方

次に保険金額の決め方です。
保険金額は、建物が評価された保険価額を上限として設定することができます。

たとえば、保険価額が2,000万円だった場合、2,000万円以内であれば1,000万円でも設定が可能です。

逆に2,500万円など2,000万円を超えて設定することはできません。
仮に2,500万円で保険金額が設定できたとしても、受け取れる損害保険金は2,000万円となります。

つまり、保険料を高くしただけで損をしてしまうことです。

保険金額を決めるときは保険価額と同じにすることが重要なポイントです。
そうすることで、家が全焼しても以前と同じ建物を新築することができます。

保険金額の設定方法

保険金額の設定をより分かりやすく事例をあげながら解説いたします。

事例1.保険金額の設定

Aさんは、20年前に2,000万円をかけて家を新築しました。

(1)今、この家と同等のものを新築しようとすると、物価上昇により2,500万円必要です。この金額が新価です。
(2)(1)の新価から、経過年数による価値の減少と使用による消耗分(1,000万円)を差し引いた現在の価値は1,500万円となります。この金額が時価です。

保険金額の設定

引用:損保ジャパン日本興亜

事例2.事故発生時の損害保険金

Aさん宅の建物の時価は1,500万円です。しかし今同じ物を建てるには2,500万円かかります。
この家が火事により全焼してしまいました。

事故発生時の損害保険金

時価を基準に保険金額を設定した場合は、経過年数や使用消耗によって下がった建物や家財の価値を基準にして損害額をお支払いするため、修理費が全額補償されなかったり、同等のものを新たに建築あるいは購入するだけの費用が補償されなかったりすることがあります。

引用:損保ジャパン日本興亜

このようなことから、自己負担をせずに同等の建物を新築するためには、新価を基準に保険金額を設定することが、十分な補償を受けるための必須条件です。

【補足】2つの火災保険に加入した場合

たとえば、保険価額が2,000万円の建物に、1,000万ずつ2つの火災保険に加入しているとします。

このケースの場合、2社の火災保険をあわせて2,000万円を上限に両社から損害保険金を受け取ることが可能です。
(保険会社によっては受け取れないケースもある)

しかし、保険価額が2,000万円の建物に、2,000万ずつ2つの火災保険に加入していた場合はどうでしょうか?

この場合は、保険価額が2,000万円なので、受け取れる損害保険金は4,000万円ではなく、2,000万円までとなるのです。

つまり、保険価額以上の損害保険金は受け取れないルールとなっているので、注意しましょう。

まとめ

この記事はいかがでしたか?
今回は、「火災保険による保険金額の正しい決め方」について紹介しました。

保険金額を決める場合は、保険価額と一緒にすることが十分な補償を得るための基本となります。

貯蓄があり、ある程度なら自己負担してもいいのであれば、保険価額より少なめに保険金額を設定して、火災保険料を抑える方法もいいと思います。
しかし、貯蓄がない場合は、他の資金へ貯蓄を活用したい人は、保険価額と同額の保険金額に設定するようにしましょう。

いま住んでいる住宅の保険価額が知りたい場合は、火災保険の見積書を作成してもらうことで把握することができます。
また1社だけだと比較対象がなく、火災保険料が高いのか安いのか判断することができません。

かならず複数社から火災保険の見積書を作成してもらい、火災保険料など比較して、一番お得な火災保険を選ぶようにしましょう。

オススメの火災保険一括見積もりサービス

当サイトで掲載している火災保険一括見積もりサービスは、取扱火災保険が10社以上あることを条件にしています。
なぜなら数が多いほど、条件に合った火災保険が見つかりやすいからです。
もちろん同じ補償内容で保険料を比較することもできるので、一番安い火災保険を見つけやすくなるメリットもあります。

とくに火災保険料を安くしたい人や、簡単な手続きで見積書を作成してもらいたい人は「イッカツ」と「価格.com 保険」がオススメです。
どちらも強引な勧誘がなく、入力手続きも3~5分程度で完了。
火災保険料の相場だけ知りたい人も、もちろん利用することができます。

2つのサービスから火災保険の見積書を作成してもらうことで、あなたの希望する条件に適した火災保険が絞りやすくなります。

一番安い火災保険料を知りたい人や、最適な補償内容を知りたい人はぜひ活用してみてくださいね。

イッカツ【毎月1,000人以上が利用!】

プロが作成した見積書の比較で約20万円の節約できた実績あり!
イッカツの火災保険一括見積もりサービス

イッカツの火災保険一括見積もりサービスは、大手火災保険会社12社から、あなたの希望する条件に適した火災保険の見積書を作成してくれます。

イッカツは大手保険代理店と提携しているので、見積書の作成は火災保険のプロが対応。火災保険の知識がなくても、親切丁寧に案内してくれるので安心して比較することができます。

初めて火災保険に加入する人や、親切な対応を望んでいる人にオススメです。

取扱保険会社数12社:
担当者の対応丁寧・親切:
見積もりスピード速い:

価格.com 保険【見積もり件数30万件突破!】

年間見積もり件数30万件突破!
最適な火災保険が見つかる価格.com保険

価格.com 保険の火災保険一括見積もりでは、大手火災保険会社12社から最適な火災保険を選別して見積書を作成してくれます。
見積書を依頼してから最短で、翌日に見積書を確認することが可能。

とくに見積書を早急に取り寄せたい人にオススメです。

取扱保険会社数12社:
担当者の対応普通:
見積もりスピードとても速い:

インズウェブ

住宅購入を検討中でも対応!
お得な火災保険が分かるインズウェブ

インズウェブ火災保険一括見積もりサービスは、大手火災保険会社を含む最大10社から一括で見積もりが可能です!
また、SBIホールディングスが運営元なので信頼と安心感が大きいのも魅力の一つです。

大手企業が運営しているところが安心できるからいいと思う人にオススメです。

取扱保険会社数10社:
担当者の対応普通:
見積もりスピードやや遅い:

【お急ぎの方におすすめ】12時までの依頼で当日見積もり可能!

「火災保険の窓口」では、12時までに見積もり依頼することで、当日中に見積書を作成することが可能です。 なるべく早く見積書がほしいという人は、「火災保険の窓口」で見積もり依頼をしてみましょう。 もちろん見積書の作成は無料です。

-火災保険の基礎知識
-

Copyright© 火災保険の相場ガイド , 2018 All Rights Reserved.