火災保険にいつ入る?加入するタイミングと手続きを解説

火災保険にいつ入る?加入するタイミングと手続きを解説

初めて住宅やマンションを購入するときに「火災保険にいつ入るのか」と悩む方が多くいます。

結論から述べると「住宅の引き渡し日」に火災保険の補償が適用されるよう、手続きを済ませるようにしましょう。

火災保険は、火事や台風などの災害に対して保険金が支払われます。

ということは、住宅引き渡し日に火災保険の契約が開始されれば、災害にたいしてのリスクに十分備えることができるわけです。

火災保険に加入するタイミング

住宅引き渡し日に補償をスタートさせるには、火災保険に加入するタイミングが重要です。

あまりにも遅すぎると、住宅引き渡し日に間に合わないケースも出てきます。

また、補償内容や他社の火災保険を比較する余裕すらなくなってくるので、不動産から勧められた火災保険に急いで加入してしまうこともあるでしょう。

その結果、契約後に落ち着いて火災保険を調べたら同じ補償内容で他社の火災保険が安かったことに気づいて保険料を多く支払うことにもなりかねません。

火災保険に加入するベストなタイミングは、住宅引き渡し日から1ヶ月半~2ヶ月前に準備をしておくと、余裕をもって火災保険の補償内容や保険料を比較することができます。

火災保険の手続き方法

火災保険は、直接火災保険会社で契約するのではなく、保険代理店を通して契約することになります。

火災保険の手続き方法としては3つのパターンがあります。

  1. 住宅を購入した不動産経由で火災保険に加入する
  2. 保険代理店の店舗に行って火災保険に加入する
  3. 保険代理店が運営するサイトから火災保険に加入する

以上の3つのパターンから火災保険の手続きを進めていくわけです。

この中で、どのパターンから火災保険の手続きした方がいいのか悩む方もいるでしょう。

火災保険の手続きをするなら②か③がオススメで、さらに複数社の火災保険を取り扱っている保険代理店で手続きするのがベストです。

複数社扱っている保険代理店で手続きすることで、各火災保険会社の特徴や補償内容など詳しく比較することができるので、一番あなたに最適な火災保険が見つけられるメリットがあります。

少なくても10社以上取り扱っている保険代理店から手続きを行うようにしましょう。

手間なく簡単に火災保険の手続きを済ませる秘訣

火災保険の比較や手続きをスムーズに行いたい方は、火災保険一括見積もりサービスを運営しているサイトを利用して見積書を作成してもらいましょう。

ほとんどの火災保険一括見積もりサービスでは、無料で見積書を作成してくれるうえに、あなたの条件にあった複数社分の見積書を届けてくれます。

あとは届いた見積書を比較して、気になる点があればカスタマーサポートに問い合わせをしたり、相談することも可能です。

そして火災保険会社と補償プランが決まれば、郵送手続きで契約することができるので、忙しい方には特にオススメです。

火災保険一括見積もりサービスを運営している会社は、いくつかあり、扱っている火災保険が同じでも提案される見積書が異なることもあります。

なるべく多くの見積書を比較検討したい場合は、複数の火災保険一括見積もりサービスを利用するのもいいでしょう。

まとめ

火災保険はいつ入るのがいいのか、それは住宅引き渡し日から火災保険補償がスタートできるタイミングです。

そして、火災保険に加入するための準備期間や検討期間はなるべく余裕を持つようにしましょう。

さいごに、火災保険は1社だけでなく、必ず複数社分を比較してから決めることが重要です。

くれぐれも住宅契約日ギリギリになって、慌てて火災保険に加入することがないよう注意してくださいね。

 

関連記事

台風被害で火災保険の補償対象になるの?

台風被害で火災保険の補償対象になるの?

新築の火災保険はどれくらい?

新築の火災保険はどれくらい?

火災保険で水漏れ事故は補償対象になる?

火災保険で水漏れ事故は補償対象になる?

火災保険を賃貸物件で加入するときのポイント!

賃貸物件(アパート・マンション)の火災保険に加入するポイント!

火災保険の選び方の新常識!

火災保険の選び方の新常識!

火災保険がハウスメーカーごとに火災保険料が異なる理由

火災保険がハウスメーカーごとに火災保険料が異なる理由