火災保険を途中解約することができるの?気になる契約ルールを調査

火災保険を途中解約することができるの?気になる契約ルールを調査

住宅を購入したり、賃貸契約を結ぶときに火災保険に加入したかと思います。

とくに住宅を購入した人は、火災保険を長期契約することで適用される長期割引を受けるために、5年や10年といった長期契約で加入している人も多いかと思います。

逆に、これから火災保険に加入する人で、長期割引を受けるために長期契約をしようと検討している人もいるかもしれませんね。

そこで気になるのが、何らかの事情で火災保険を解約しなければいけないときに、長期契約をして割引適用している場合、契約途中で解約することができるか否かです。

今回は、火災保険の途中契約について調査した結果をお伝えします。

火災保険の解約はいつでもできます

火災保険の解約はいつでもできます

結論からいうと、短期や長期契約でも火災保険の解約はいつでもできるので安心してください。

また、契約期間の途中で解約した場合、残りの期間分に対して支払った保険料も、しっかりと返還されるのです。

保険というと掛け捨てタイプのイメージが強いためなのか、解約しても返金されないと思っている人が多いですが、返金してもらえるケースがほとんどです。

途中で火災保険を解約した場合、まずはじめに現在加入している火災保険会社または加入手続きを行った保険代理店に連絡します。

その後、郵送で解約に関する書類一式が届いてきます。

その書類に必要事項を記入し、返信用封筒に入れて返送すると解約となります。

解約手続きが完了後、残った契約期間分の支払った保険料が指定した銀行口座に振り込まれるのが一般的な流れとなります。

火災保険を解約したら忘れずに返還手続きを行いましょう

火災保険を解約したら忘れずに返還手続きを行いましょう

火災保険の解約は、こちらから火災保険会社や保険代理店に解約の連絡を入れなければ、お金が戻ってこないので注意してください。

とくに多いケースが賃貸住宅に住んでいて、火災保険の契約期間が残っている途中で引越しをする場合です。

ほとんどの人は、不動産会社に退去することを伝えてそれで終えてしまっています。

もし賃貸契約をしたときに、不動産会社経由で火災保険に加入していたとしても、不動産会社から火災保険の解約についての説明はほとんどないと思います。

なので、自分から契約した火災保険会社へ連絡して解約手続きをすることで、残りの期間分に対して返金してもらえます。

しかし、ほとんどの人が返金制度を知らないので、この手続きを行っていない場合が多いです。

これは非常にもったいないので、賃貸契約したときに火災保険も同時に加入していたら、必ず火災保険会社に連絡して、返金手続きをするようにしましょう。

このように引越しだけではなく、人に住宅を貸したり、住宅を売る場合でも同じで、契約がまだ残っている状態で住宅を手放す場合は、火災保険の解約手続きを行うことで、保険料が返金されます。

返金される保険料の金額は、火災保険会社によって算出方法が異なるので、火災保険会社に確認をとっておきましょう。

ただし、契約期間が残り20日や10日といった1ヶ月未満の場合は、保険料が返金されないので、覚えておきましょう。

保険料を安くするために解約するなら、一括見積りサービスが便利!

保険料を安くするために解約するなら、一括見積りサービスが便利!

もし、火災保険料を抑えるために、今契約いているところから別の火災保険会社を検討いているのであれば、「火災保険一括見積りサービス」を利用するとかなり便利です。

火災保険一括見積りサービスは、無料で大手火災保険会社から、あなたの希望する条件に合う火災保険を見つけて出して、あなたに合った複数社の火災保険の見積書を無料で作成してくれるサービスです。

各火災保険を1社ずつ調べる手間がなく、あなたに最適な火災保険会社の見積書が届くので、同じ補償内容で複数社を簡単比較して一番安い火災保険を見つけることができます。

また、見積書作成後も補償内容の変更やアドバイスなどのサポートも受けれるので、きちんと納得いたうえで契約できるので安心です。

ネット依頼ひとつで複数社の見積書が届く!人気の火災保険一括見積もりサービス

年間見積もり件数が多いこと取り扱い火災保険が10社以上あることを条件に該当する「火災保険一括見積もりサービス」です。

人気のある火災保険やオススメの火災保険を抑えるなら、「価格.com 保険」と「インズウェブ」の両社で見積書依頼をすれば、あなたに最適な火災保険を把握することが可能です。
また、2社とも強引な勧誘などがないので安心して依頼することができます。

火災保険料で損をしないためにも、必ず複数社から見積書を作成してもらい比較するようにしましょう。

価格.com 保険

年間見積もり件数30万件突破!安い火災保険が見つかる価格.com保険

価格.com保険の火災保険一括見積もり

国内最大のNo1比較サイト価格.com保険は、大手火災保険会社12社から比較ができます!
また、あなたのご要望に合った火災保険の見積書を無料で作成してくれます。
最短で登録の翌日中に見積もりの案内が可能!
複数社の中から安い火災保険を見つけたい方におススメです!

価格.com保険の詳細を見てみる!

インズウェブ

住宅購入を検討中でも対応!安くてお得な火災保険が分かるインズウェブ

インズウェブの火災保険一括見積もり

インズウェブ火災保険一括見積もりサービスは、大手火災保険会社を含む最大10社から一括で見積もりが可能です!
また、SBIホールディングスが運営元なので信頼と安心感が大きいのも魅力の一つです。
なるべく多くの保険会社から火災保険の見積書を貰いたい方におススメです!

インズウェブの詳細を見てみる!

住宅本舗

大幅に保険料が節約できた実例あり!住宅本舗

住宅本舗の火災保険一括見積もり

住宅本舗の火災保険一括見積は、大手火災保険会社10社から比較することができます!
住宅本舗では、保険代理店と提携しており、あなたの要望に最適な火災保険のプランを提案してくれます。

住宅本舗の詳細を見てみる!

関連記事

火災保険における水災補償の範囲

火災保険の水災とは?

火災保険で土砂災害による被害は補償されるのか?

火災保険で土砂災害(土砂崩れ)による被害は補償されるのか?

短期で火災保険に加入するメリットとデメリット

短期で火災保険に加入するメリットとデメリット

家財保険に掛ける金額目安の決め方

家財保険に掛ける金額目安の決め方

一戸建て火災保険に必要な補償範囲

一戸建て火災保険に必要な補償範囲

火災保険で車庫・物置・門・塀などは補償範囲に含まれるの?

火災保険で車庫・物置・門・塀などは補償範囲に含まれるの?