火災保険の相場ガイド

火災保険の相場はもちろん、基礎知識や選び方、安くする方法に至るまでわかりやすく解説

火災保険の基礎知識

火災保険とは?

更新日:

火災保険とは?

マイホームを購入したときや、賃貸物件に住むときに加入することが多い火災保険。
火災保険という言葉はよく聞くけど実際どのような保険なのか、いまいちわかないって人いませんか?

ここでは、火災保険とはどのような保険なのか解説していきます。
初めて火災保険に契約する人は、ぜひ参考にしてくださいね!

火災保険を安くするなら必ず一括見積もりサイトを活用すること

火災保険の見積書を作成するときは、
必ず一括見積もりサイトを活用しましょう!

火災保険は10社以上あり、
同じ条件でも火災保険料が
20万円以上も差が出ることもあるのです。

一括見積もりサイトを使うことで
10社以上の火災保険会社から
複数社の見積書を作成してくれます。

そのため届いた見積書を比較するだけで
最安値の火災保険が簡単に見つかるのです。





火災保険とは?

火災保険とは、マイホームを守る保険であり、他人から受けたマイホームなどの損害に対しても守ってくれる住まいの保険です。

日本には火災に関する法律「失火責任法(しっかせきにんほう)」が存在します。
この失火責任法とは、他人の家から類焼して自宅が燃えてしまっても、出火元に重大な過失がないかぎり、損害賠償請求ができないという法律です。

つまり類焼で自宅が燃えてしまった損害費用は、自分で補わなければいけません。

火災保険は火災をはじめ、住まいに関するさまざまな事故に対して補償してくれるのです。

関連記事 火災保険に入ってないとどうなるの?

地震、噴火などによる損害は対象外

火災保険では補償されない事故があります。
それは地震や噴火、これらによる津波を原因とする火災に損壊など、地震によって引き起こされた事故や災害は補償の対象にならないのです。

地震による被害損害を補償対象に含めるには、火災保険とは別に「地震保険」が必要となります。

地震保険に加入する条件として、主契約となる火災保険に加入していることが前提となるので、火災保険を理解して納得のいく契約をするようにしましょう。




火災保険の補償対象は2つ

火災保険と聞くと、建物のみに保険を掛けるイメージをもつ人が多くいます。
火災保険が対象とするものは「建物」と「家財」の2つです。

火災保険の契約をするときは、「建物」と「家財」をひとつの契約にしたり、「建物」だけ、「家財」だけとどちらか一方だけ契約することもできます。

建物を保険の対象とした場合、住宅そのものの他にも、門や塀、物置などといった住宅に付属するものも対象に含めることが可能です。

家財は、テレビや電子レンジといった家電製品から、家具や衣類など住宅内にある生活用品全般が対象物となります。

一戸建て住宅は建物と家財に掛けるのが一般的

一戸建て住宅に住んでいる人が、火災保険の契約を建物のみにしてしまうと、補償内容としては不十分です。

なぜなら建物が全焼してしまった場合、住宅はもちろんのこと、生活用品もすべて買いそろえる必要があります。
建物のみの契約だと、家財に対しては補償対象外となるので、すべて自腹で買いそろえなければなりません。

たとえば4人家族の場合、家財一式をすべてそろえるに必要な金額は、世帯主が30歳前後だと約880万円必要とされています。

関連記事 家財保険に掛ける金額目安の決め方

家財費用を補える貯蓄がない場合は、建物だけでなく家財も忘れずに掛けるようにしましょう。




火災保険の補償範囲

火災保険の補償内容は、火災以外にも幅広くあります。

自然災害による補償内容や、日常生活における補償内容それに住まいで発生する損害にたいしての補償内容など、さまざまな損害に対して補償を付けることが可能です。

このように幅広い損害を補償することから、火災保険という呼び名よりも「住まいの保険」と呼ばれることも多いそうです。

火災保険で補償される内容は次の通りです。

火災・落雷・破損・爆発の補償内容

各火災保険でもっとも基本的な補償内容となります。

火災は、失火、延焼、ボヤ、もらい火などの火災によって、住宅が損害を受けた場合に補償されます。

落雷は、落雷による建物の損傷や火災、急激な電圧変化によってテレビやパソコンなど家電製品が壊れてしまった場合に補償されます。

破損と爆発は、ガス漏れなどにより建物が破裂または爆発して建物が損害を受けた場合に補償されます。

関連記事 落雷による損害を火災保険で補償する条件とは?

風災・雹災(ひょうさい)・雪災の補償内容

風災・雹災・雪災は、日本で割と多い損害となっています。

台風や竜巻そして暴風によって屋根が吹き飛ばされたり、風で飛んできたものが窓に直撃して割れてしまったなどといった損害に対して補償されます。

また、雹による窓ガラスや屋根の損傷に、豪雪や雪崩による建物の倒壊なども補償されます。

関連記事 火災保険で竜巻被害は補償対象になるの?
関連記事 台風被害で火災保険の補償対象になるの?

水災の補償内容

水災は、台風や暴風雨などによって洪水や高潮、土砂崩れなどが発生し、建物に損害を受けた場合に補償されます。

国土交通省」によると2014年に起きた水災による被害件数が約29,000棟で、その被害総額は約1,317億円にもなっています。

水災の補償は、火災保険会社によって任意で付帯できるところが多いです。

関連記事 火災保険の水災とは?
関連記事 床上浸水や床下浸水の水害被害!火災保険で保険金は支払われる?
関連記事 火災保険で大雨や集中豪雨による損害を補償する条件とは?

物体の落下・飛来・衝突の補償内容

住宅の敷地内に、自動車やトラックが敷地内に突っ込み、塀や壁を壊してしまったり、上空に飛んでいる取材ヘリコプターなどから物が落ちてきて屋根に衝突して損害を受けた場合に補償されます。

また、外から自動車のタイヤで弾かれた石や、野球ボールなどが飛んできて窓ガラスが割れたときも補償されます。

水濡れの補償内容

給排水管の事故で室内が水浸しになり、電化製品が壊れたり、床材や壁紙などが損傷を受けた場合に補償されます。

給排水管の事故は希で、どちらかというとマンション住宅で上階からの水濡れ事故が意外と多いです。

関連記事 火災保険で漏水による水漏れ事故を補償する条件とは?

騒擾(そうじょう)・集団行動等に伴う暴力行為の補償内容

住宅の近くでデモ活動や集団による暴力行為により、建物が破壊された場合に補償されます。

盗難による盗取・損傷・汚損の補償内容

空き巣被害によって、盗難やドア錠や窓ガラスなどを壊された場合に補償されます。

盗難による事故は、火災保険の中でも保険金支払い件数がとても多いです。

治安がいいとされる日本においても、空き巣被害が多いので火災保険の補償だけでなく、セキュリティ面に対して強化することも大切です。

関連記事 空き巣・盗難・泥棒被害は火災保険で補償される?その対象範囲とは

不測かつ突発的な事故による破損・汚損の補償内容

子どもが遊んでうっかり物を壊してしまったり、家具の移動中に誤ってドアに激突し破損してしまった場合などに補償されます。

不測かつ突発的な事故による破損・汚損の補償は、火災保険会社によって任意で付帯できるところが多いです。

火災保険会社によって補償内容が異なる

こちらであげた補償内容は一般的な対象範囲となります。

保険会社によって多少、補償内容の範囲が狭かったり逆に広いこともあるので、各火災保険会社ごとにしっかりと補償内容を確認するようにしましょう。

また独自の補償内容も扱っていることもあるので、併せて確認しましょう。




火災保険を選ぶコツ

火災保険には意外とたくさんの補償内容があることに驚いた方もいるかもしれません。

まずは基本的な補償内容の中で、ご自身が必要だと思う範囲の中で「どの災害に対する被害を補償するか」、「どの破損・被害までを補償するか」をしっかりと自分自身で基準をもって決めることが大事です。

関連記事 【火災保険の選び方】失敗しないための具体的なポイント7つ




-火災保険の基礎知識
-

Copyright© 火災保険の相場ガイド , 2018 All Rights Reserved.