家財保険の必要性は本当にあるの?気になる疑問を徹底調査

家財保険の必要性は本当にあるの?気になる疑問を徹底調査

家財保険」は、火災保険に加入するときに掛ける保険対象のひとつです。

火災保険は「建物」と「家財」を対象にした保険であり、建物だけや家財だけ、または建物と家財の両方を対象に保険を掛けることができます。

家財保険の必要性について意外と悩む方が多くいます。

結論から言うと、火災保険に掛けられる資金に少しでも余裕があるのであれば、家財に対しても補償を付けた方がいいでしょう。

今回は、火災保険のひとつである家財保険の必要性についてお伝えします。

家財保険の補償範囲

まず、家財保険は何に対して補償されるのかというと、家電製品や家具類、衣類など住宅内にある生活用品全般が対象となります。

生活用品を具体的にあげると

  • テレビ
  • 冷蔵庫
  • 電子レンジ
  • ダイニングセット
  • ソファー
  • ベッド
  • 学習机
  • ランドセル など

といった、ほとんどの生活用品が対象となるわけです。

ただし、1個または1組が30万円を超える貴金属や美術品は「明記物件」として、申込書に記述しないと補償対象外とみなされることもあるので、記入漏れがないよう注意が必要です。

また、自動車やバイクは家財保険の対象外となります。
(125cc以下の原動機付自転車は家財保険の対象に含まれるところがあります)

家財保険のメリット

家財保険のメリットは、万が一のとき火災被害にあった場合、建物の保険金とは別に、家財の買い直しに対して保険金が受け取れる点が一番のメリットです。

建物だけ建て直しても、生活用品が揃っていなければ、普段通りの生活を送ることができない上に、家族の人数が多いほど家財を揃える費用は高額になります。

また、家財保険の補償金額設定は途中からでも変更することが可能です。

はじめは必要最低限の金額で設定しておき、家族が増えて家財が増えたり、資金に余裕ができたときに、本来必要な補償金額に設定し直せばいいでしょう。

なによりも、もし火災保険と同時に地震保険に加入したとき、家財保険に入っていなければ、地震による被害に対して、家財は対象外になってしまいます。

このようなことから、家財保険の必要性はあるといっていいでしょう。

こんな時も家財保険は役に立つ

最近、ゲリラ豪雨などで雷が頻繁に落ちて停電するニュースを多く見かけるようになりました。

この雷が住宅に落ちた場合、コンセントに差してある電化製品がショートして壊れるケースがあるのです。

このように、雷による電化製品の破損も家財保険では補償してくれます。

しかも、意外にも雷が原因による事故件数が保険金を支払う理由の上位にあるのです。

まとめ

家財保険は必須ではありませんが、なるべく家財にも保険を掛けた方が万が一のときに助かります。

雷などの自然災害対策や補償金額の再設定が可能という点からも、家財保険の必要性はあるのではないでしょうか?

また、各火災保険会社によって、補償範囲が異なることもあるので、複数社から見積書を作成してもらい、補償範囲などをしっかりと確認するようにしましょう。

この記事が、家財保険の必要性を判断するお役に立てたら幸いです。

人気の火災保険一括見積もりサービス

火災保険一括見積もりサービスで重要視するべき点は、取扱火災保険数が多いことです。火災保険選びは他社との比較が欠かせないので、なるべく多くの見積書があればあるほど、条件絞込みや補償内容の選択がスムーズにいきます。

当サイトで掲載している火災保険一括見積もりサービスは、取扱火災保険が10社以上あることを条件として掲載。

火災保険料を安くしたい人や、簡単な手続きで見積書を作成してもらいたい人は「イッカツ」と「価格.com 保険」がオススメです。

2つのサービスから火災保険の見積書を作成してもらうことで、どちらのサービスが一番あなたに適しているか比較して判断することができます。

どちらの見積もりサービスも強引な勧誘がなく、入力手続きも3~5分程度です。

イッカツ
イッカツ

プロが作成した見積書の比較で約20万円の節約できた実績あり!
イッカツの火災保険一括見積もりサービス

イッカツの火災保険一括見積もりサービスは、大手火災保険会社12社から、あなたの希望する条件に適した火災保険の見積書を作成してくれます。

イッカツは大手保険代理店と提携しているので、見積書の作成は火災保険のプロが対応。火災保険の知識がなくても、親切丁寧に案内してくれるので安心して比較することができます。

初めて火災保険に加入する人や、親切な対応を望んでいる人にオススメです。

詳細レビューを見てみる 公式サイトを見てみる

取扱保険会社数 12社:
担当者の対応 丁寧・親切:
見積もりスピード 速い:
おすすめ度
価格.com 保険
価格.com 保険

年間見積もり件数30万件突破!
最適な火災保険が見つかる価格.com保険

価格.com 保険の火災保険一括見積もりでは、大手火災保険会社12社から最適な火災保険を選別して見積書を作成してくれます。
見積書を依頼してから最短で、翌日に見積書を確認することが可能。

とくに見積書を早急に取り寄せたい人にオススメです。

詳細を見てみる 公式サイトを見てみる

取扱保険会社数 12社:
担当者の対応 普通:
見積もりスピード とても速い:
おすすめ度
インズウェブ
インズウェブ

住宅購入を検討中でも対応!
お得な火災保険が分かるインズウェブ

インズウェブ火災保険一括見積もりサービスは、大手火災保険会社を含む最大10社から一括で見積もりが可能です!
また、SBIホールディングスが運営元なので信頼と安心感が大きいのも魅力の一つです。

大手企業が運営しているところが安心できるからいいと思う人にオススメです。

詳細を見てみる 公式サイトを見てみる

取扱保険会社数 10社:
担当者の対応 普通:
見積もりスピード やや遅い:
おすすめ度

関連記事

店舗の火災保険と保険料相場の算出基準

店舗の火災保険と保険料相場の算出基準

火災保険を安い保険料にする3つの秘訣と選び方

安い火災保険を選ぶための3つのポイント!

火災保険の契約に必要な書類一覧のまとめ

火災保険の契約に必要な書類一覧のまとめ

火災保険比較で人気の火災保険を選ぶ秘訣

火災保険比較で人気の火災保険を選ぶ秘訣

オール電化で火災保険が割引になる保険会社を調査!

オール電化で火災保険が割引になる保険会社を調査!

火災保険を節約する6つの秘訣

火災保険を節約する6つの秘訣