火災保険の相場ガイド

火災保険の相場はもちろん、基礎知識や選び方、安くする方法に至るまでわかりやすく解説

火災保険の基礎知識

家財保険とは?

更新日:

家財保険とは?

自宅を守るために火災保険に加入されるのが一般的ですが、火災保険はあくまでも建物を補償する保険であり、建物の中にある物は補償されないので気をつけてください。

つまり、火災などが起こった場合、建物には保険金が支払われますが、テレビや冷蔵庫、パソコンといった家電をはじめ、テーブルや服といった家財には保険金が支払われないということです。

そのため、そういった家財を守りたい場合は、火災保険に家財保険にも加入しないといけません。

火災保険を安くするなら必ず一括見積もりサイトを活用すること

火災保険の見積書を作成するときは、
必ず一括見積もりサイトを活用しましょう!

火災保険は10社以上あり、
同じ条件でも火災保険料が
20万円以上も差が出ることもあるのです。

一括見積もりサイトを使うことで
10社以上の火災保険会社から
複数社の見積書を作成してくれます。

そのため届いた見積書を比較するだけで
最安値の火災保険が簡単に見つかるのです。





家財保険について

一般的に火災保険は、建物と家財を補償しており、家財にあたる部分を家財保険といいます。
家財保険は、火災保険に加入するときに、家財を対象に含めると設定した場合、火災保険の対象として扱われます。

ちなみにマンション住宅の方は、建物は管理組合が補償することが多いので、基本的に家財のみに対して火災保険を掛けることになります。

家財保険の補償内容は、各火災保険会社によって異なってくるので、しっかりと確認するようにしましょう。

家財保険の保険料

家財保険の保険料は、家族構成や年齢によって変わってきます。家族人数が多ければ所有する家財も多くなるため補償金額を高く設定する必要があるため保険料は高くなります。

逆に、独身の方や子どもが独立した夫婦などは必要な家財も少なくなるので、補償金額を低く設定することで保険料を安くすることも可能です。

相場金額については「火災保険の家財相場」の記事で解説しているので、ご参照ください。

正確な家財保険料や補償額を知りたい場合は、契約前に複数社から火災保険の見積書を作ってもらうようにしましょう。




家財保険の補償範囲

一般的に家財保険の補償範囲は、火災や落雷、爆発、風、ひょう、雪災、衝突、台風、暴風雨、盗難、水ぬれなどです。
補償範囲は、ご自身で自由に決められる火災保険が主流なので、必要な補償範囲を選ぶことになります。

補償範囲に含まれる災害によって家財が損害を受けたときに、定められた保険金が支払われます。
たとえば、落雷によって家電製品がショートして壊れたとき、落雷を補償範囲に含めていたら保険金が支払われるのです。

ただ、この補償範囲というのは、保険会社によって異なるため、どのようなことが対象となるのかしっかりとチェックしておきましょう。

まとめ

色々な保険会社に見積もりを出してもらうことで、家財保険料を安くすることができますし、ご自分に合った火災保険に加入することができます。

それが火災保険の家財保険で失敗しないコツなので、覚えておきましょう。





-火災保険の基礎知識
-

Copyright© 火災保険の相場ガイド , 2018 All Rights Reserved.