火災保険の相場ガイド

火災保険の相場はもちろん、基礎知識や選び方、安くする方法に至るまでわかりやすく解説

火災保険の補償内容

一戸建て火災保険に必要な補償範囲

更新日:

一戸建て火災保険に必要な補償範囲

一戸建ての購入は、人生で最も高い買い物のひとつです。

大切な自分の資産ですから、しっかりと保険をかけて守っていくようにしたいですよね。

ただし闇雲に火災保険をかけてしまっては、無駄に保険料が高くなってしまうだけです。

本当に必要な補償範囲はどういったもので、どんな補償範囲が不要なのかをしっかりと見極めていく必要があります。

一戸建て住宅の場合はマンションと比較すると、補償範囲が広いと言えます。

つまり本当に必要な補償範囲に絞りながら保険をかけていくようにすることが大切になります。

また一戸建ての場合は立地条件などによって、必要な補償範囲が変わってきます。

火災保険を安くするなら必ず一括見積もりサイトを活用すること

火災保険の見積書を作成するときは、
必ず一括見積もりサイトを活用しましょう!

火災保険は10社以上あり、
同じ条件でも火災保険料が
20万円以上も差が出ることもあるのです。

一括見積もりサイトを使うことで
10社以上の火災保険会社から
複数社の見積書を作成してくれます。

そのため届いた見積書を比較するだけで
最安値の火災保険が簡単に見つかるのです。





一戸建て火災保険の補償範囲の考え方

例えばですが、高台に建てられているような一戸建て住宅と海岸近くに建てられている一戸建て住宅ではその補償内容も変わってしまいますよね。

高台にある住宅では水害を気にするようなことはありませんが、地滑りなどの危機を考えないといけません。

逆に、海岸近くの住宅では水害の可能性は常に考えておかないといけないでしょう。

このように必要な補償は自分の家の立地などと大きく関係していると言えるのです。

また火災保険では火災、落雷、破裂、爆発の4つはセットとなっているものだと覚えておくといいでしょう。

どんなに補償内容を減らそうとしても、この4つは原則的に必須となる補償になります。

基本的にあっても困らない保険となりますので、逆にしっかりと補償されるようにしっかりと考えておきましょう。

建物だけの補償内容なのか、家財も含めた補償内容なのか、しっかりと検討してください。





-火災保険の補償内容
-,

Copyright© 火災保険の相場ガイド , 2018 All Rights Reserved.