住宅ローン対応の火災保険の選び方と注意点

住宅ローン対応の火災保険の選び方と注意点

銀行から住宅ローンの融資を受けるときに、火災保険への加入を義務づけているところもあります。

その場合、住宅ローンを融資してもらうためには、銀行が提示する条件を満たす火災保険に加入しなければなりません。

この記事では、住宅ローンに対応した火災保険の選び方と注意点について紹介していきます。

住宅ローンを組む条件として火災保険が必要な理由

銀行が住宅ローンを融資するときに、あなたの住宅と土地を担保にして融資をしてくれます。

しかし、住宅ローンを完済するまでの期間中、万が一にも火災事故などによって住宅が失うと、銀行側は住宅の担保を失ってしまうのです。

そのようなリスクを極力減らすため、住宅ローンの返済期間中は火災保険の加入を条件として加えている金融機関も多くあります。

火災保険の条件は金融機関によって異なる

火災保険の補償内容や保険金額の条件などは、融資を受ける銀行によって異なります。
たとえば、保険期間が住宅ローンの支払い期間と同じであることや、銀行などによる住宅の評価額以上の補償金額が設けてあるなどといった条件があります。

細かい条件内容については、融資を受ける銀行でしっかりと確認をするようにしましょう。

その理由としてはローンを組んだ場合、金融機関側は融資する代わりに家屋と担保とします。

住宅ローン対応の火災保険で必要な手続き

金融機関の条件にあった火災保険に加入したら、つぎに行うのが「質権設定」です。

質権設定とは、万が一のとき火災などに被害を受けた場合、火災保険会社から支払われる保険金を、あなたではなく、融資先の金融機関が受け取るようにする手続きのことをいいます。

そのため、火災保険に質権設定をした場合、金融機関の同意なしに火災保険を途中解約することができないので注意しましょう。

火災保険は銀行で加入しなくてもOK

金融機関で住宅ローンの手続きをすると、一緒に火災保険の手続きをおこなうことが多いです。

実は、住宅ローンを融資してもらう金融機関から火災保険に加入する必要はないのです。

何も知らず、流れ作業で書類に署名と捺印をして火災保険に加入した人が多くいますが、もしかすると火災保険料が他社よりも高いケースも考えられるのです。

火災保険は数十年と加入を続ける保険なので、ムダな保険料を払い続けていると、大きな損失になってしまうこともあります。

なるべく火災保険料を抑えるためにも、必ず複数社の火災保険を比較するようにしましょう。

金融機関が提示する条件さえ満たせば、どこで火災保険を加入するかは、あなたの自由なのです。
また、金融機関がすすめてくる火災保険に加入しなかったからといって、住宅ローンの融資取引が不利になることは一切ありません。

なぜなら、金融庁が保険業法で「抱き合わせ販売その他の影響力を行使した販売の禁止(保険業法施行規則第234条第6号)」としているため、そのような行為を禁止しているからです。

ですので、安心して複数社の火災保険を比較するようにしましょう。

火災保険の選び方

火災保険に加入する際に、まず相場をチェックしてみる事が大切になります。

火災保険料の高い安いを判断する為の目安になる相場情報をしっかりと把握しておく必要があるのです。

火災保険の相場をチェックする為には、色々な保険会社から見積もりを出してもらうのが確実ですが、その為にも一括見積もりサービスを活用すると効率がよくなります。

簡単に各保険会社の見積もりをチェックできますので、相場も楽に把握できますし、火災保険料の比較も容易に完了させる事ができます。

まとめ

家屋を失ってしまう原因は火災だけではありませんので、その他の自然災害などによって火災同様に被害を被ってしまうケースもあります。

その他の自然災害に対しても補償してくれる保険に加入しておかないと保険の意味がありませんので、補償内容にも十分に気を配る必要があります。

火災保険を選ぶポイントについては「火災保険の選び方の新常識!」の記事で詳しく解説しているので、良かったらご参照ください。

ネット依頼ひとつで複数社の見積書が届く!人気の火災保険一括見積もりサービス

年間見積もり件数が多いこと取り扱い火災保険が10社以上あることを条件に該当する「火災保険一括見積もりサービス」です。

人気のある火災保険やオススメの火災保険を抑えるなら、「価格.com 保険」と「インズウェブ」の両社で見積書依頼をすれば、あなたに最適な火災保険を把握することが可能です。
また、2社とも強引な勧誘などがないので安心して依頼することができます。

火災保険料で損をしないためにも、必ず複数社から見積書を作成してもらい比較するようにしましょう。

価格.com 保険

年間見積もり件数30万件突破!安い火災保険が見つかる価格.com保険

価格.com保険の火災保険一括見積もり

国内最大のNo1比較サイト価格.com保険は、大手火災保険会社12社から比較ができます!
また、あなたのご要望に合った火災保険の見積書を無料で作成してくれます。
最短で登録の翌日中に見積もりの案内が可能!
複数社の中から安い火災保険を見つけたい方におススメです!

価格.com保険の詳細を見てみる!

インズウェブ

住宅購入を検討中でも対応!安くてお得な火災保険が分かるインズウェブ

インズウェブの火災保険一括見積もり

インズウェブ火災保険一括見積もりサービスは、大手火災保険会社を含む最大10社から一括で見積もりが可能です!
また、SBIホールディングスが運営元なので信頼と安心感が大きいのも魅力の一つです。
なるべく多くの保険会社から火災保険の見積書を貰いたい方におススメです!

インズウェブの詳細を見てみる!

住宅本舗

大幅に保険料が節約できた実例あり!住宅本舗

住宅本舗の火災保険一括見積もり

住宅本舗の火災保険一括見積は、大手火災保険会社10社から比較することができます!
住宅本舗では、保険代理店と提携しており、あなたの要望に最適な火災保険のプランを提案してくれます。

住宅本舗の詳細を見てみる!

関連記事

新築で火災保険が安くなる加入方法

新築で火災保険が安くなる加入方法

火災保険で車庫・物置・門・塀などは補償範囲に含まれるの?

火災保険で車庫・物置・門・塀などは補償範囲に含まれるの?

火災保険で大雨やゲリラ豪雨に備える選び方

火災保険で大雨やゲリラ豪雨に備える選び方

火災保険の家財保険を含める必要性はあるの?

火災保険の家財保険を含める必要性はあるの?

火災保険を賃貸物件で加入するときのポイント!

賃貸物件(アパート・マンション)の火災保険に加入するポイント!

家財保険の対象と適用範囲に含まれるものを徹底調査!

家財保険の対象と適用範囲に含まれるものを徹底調査!