火災保険の相場はもちろん、基礎知識や選び方、安くする方法に至るまでわかりやすく解説

火災保険の相場ガイド

火災保険の選び方

住宅ローン対応の火災保険の選び方と注意点

住宅ローン対応の火災保険の選び方と注意点

銀行から住宅ローンの融資を受けるときに、火災保険への加入を義務づけているところもあります。

その場合、住宅ローンを融資してもらうためには、銀行が提示する条件を満たす火災保険に加入しなければなりません。

この記事では、住宅ローンに対応した火災保険の選び方と注意点について紹介していきます。

知らなきゃ損!
一括見積もりサイトの活用でお得な火災保険を選択

火災保険の見積書を作成するときは、
必ず一括見積もりサイトを活用しましょう!
火災保険は10社以上あり、
同じ条件でも火災保険料が
20万円以上も差が出ることもあるのです。

一括見積もりサイトを使うことで
10社以上の火災保険会社から
複数社の見積書を無料で作成。

そのため届いた見積書を比較するだけで
お得な火災保険が簡単に見つかります!

住宅ローンを組む条件として火災保険が必要な理由

銀行が住宅ローンを融資するときに、あなたの住宅と土地を担保にして融資をしてくれます。

しかし、住宅ローンを完済するまでの期間中、万が一にも火災事故などによって住宅が失うと、銀行側は住宅の担保を失ってしまうのです。

そのようなリスクを極力減らすため、住宅ローンの返済期間中は火災保険の加入を条件として加えている金融機関も多くあります。

火災保険の条件は金融機関によって異なる

火災保険の補償内容や保険金額の条件などは、融資を受ける銀行によって異なります。
たとえば、保険期間が住宅ローンの支払い期間と同じであることや、銀行などによる住宅の評価額以上の補償金額が設けてあるなどといった条件があります。

細かい条件内容については、融資を受ける銀行でしっかりと確認をするようにしましょう。

その理由としてはローンを組んだ場合、金融機関側は融資する代わりに家屋と担保とします。

住宅ローン対応の火災保険で必要な手続き

金融機関の条件にあった火災保険に加入したら、つぎに行うのが「質権設定」です。

質権設定とは、万が一のとき火災などに被害を受けた場合、火災保険会社から支払われる保険金を、あなたではなく、融資先の金融機関が受け取るようにする手続きのことをいいます。

そのため、火災保険に質権設定をした場合、金融機関の同意なしに火災保険を途中解約することができないので注意しましょう。

火災保険は銀行で加入しなくてもOK

金融機関で住宅ローンの手続きをすると、一緒に火災保険の手続きをおこなうことが多いです。

実は、住宅ローンを融資してもらう金融機関から火災保険に加入する必要はないのです。

何も知らず、流れ作業で書類に署名と捺印をして火災保険に加入した人が多くいますが、もしかすると火災保険料が他社よりも高いケースも考えられるのです。

火災保険は数十年と加入を続ける保険なので、ムダな保険料を払い続けていると、大きな損失になってしまうこともあります。

なるべく火災保険料を抑えるためにも、必ず複数社の火災保険を比較するようにしましょう。

金融機関が提示する条件さえ満たせば、どこで火災保険を加入するかは、あなたの自由なのです。
また、金融機関がすすめてくる火災保険に加入しなかったからといって、住宅ローンの融資取引が不利になることは一切ありません。

なぜなら、金融庁が保険業法で「抱き合わせ販売その他の影響力を行使した販売の禁止(保険業法施行規則第234条第6号)」としているため、そのような行為を禁止しているからです。

ですので、安心して複数社の火災保険を比較するようにしましょう。

火災保険の選び方

火災保険に加入する際に、まず相場をチェックしてみる事が大切になります。

火災保険料の高い安いを判断する為の目安になる相場情報をしっかりと把握しておく必要があるのです。

火災保険の相場をチェックする為には、色々な保険会社から見積もりを出してもらうのが確実ですが、その為にも一括見積もりサービスを活用すると効率がよくなります。

簡単に各保険会社の見積もりをチェックできますので、相場も楽に把握できますし、火災保険料の比較も容易に完了させる事ができます。

まとめ

家屋を失ってしまう原因は火災だけではありませんので、その他の自然災害などによって火災同様に被害を被ってしまうケースもあります。

その他の自然災害に対しても補償してくれる保険に加入しておかないと保険の意味がありませんので、補償内容にも十分に気を配るようにしましょう。

オススメの火災保険一括見積もりサービス

当サイトで掲載している火災保険一括見積もりサービスは、取扱火災保険が10社以上あることを条件にしています。複数社分の見積書を作成するので、一番安い火災保険が見つけやすいのが強みです。

各見積もりサービスでは、保険のプロがあなた専用の見積書を作成。作成する担当者によって見積書の内容も異なるため、「住宅本舗」と「火災保険の窓口」2つのサービスから依頼すると比較の幅が広がるのオススメです。

火災保険の契約日まで時間がある人は、3つのサービスを利用してじっくり検討すると、保険料で損するリスクが軽減します。

どのサービスも強引な勧誘がなく、手続きも3〜5分程度で完了。火災保険料の比較だけしたい人も、もちろん利用可能です!

住宅本舗(イッカツ)【累計利用者50,000人突破!】

プロが作成した見積書で約20万円節約!
利用者累計50,000人突破の「住宅本舗」

「住宅本舗(イッカツ)」の火災保険一括見積もりサービスは、最大16社の火災保険から保険のプロが厳選して、あなた専用の見積書を作成。

住宅本舗は大手保険代理店と提携しているので、見積書の作成は火災保険のプロが対応。火災保険の知識がなくても、親切丁寧に案内してくれるので安心して比較することができます。

初めて火災保険に加入する人や、見直しを検討している人に向いているサービスです。

取扱保険会社数16社:
担当者の対応丁寧・親切:
見積もりスピード速い:

火災保険の窓口【対応スピード満足度90%以上!】

当日見積もりが可能!
契約件数25,000件の実績を持つプロ視点の提案が受けられる

火災保険の窓口では、大手火災保険会社を含めた19商品から最適な火災保険を選別して見積書を作成。
12時までの見積書依頼で当日対応が可能です。

とにかく急ぎで見積書を作成していほしい人にオススメ!

取扱保険会社数-(19商品):
担当者の対応丁寧・親切:
見積もりスピードとても速い:

価格.com 保険【見積もり件数30万件突破!】

年間見積もり件数30万件突破!
最適な火災保険が見つかる価格.com保険

価格.com 保険の火災保険一括見積もりでは、大手火災保険会社12社から最適な火災保険を選別して見積書を作成してくれます。
見積書を依頼してから最短で、翌日に見積書を確認することが可能。

取扱保険会社数12社:
担当者の対応普通:
見積もりスピード速い:

Copyright© 火災保険の相場ガイド , 2019 All Rights Reserved.