マンション用の火災保険!損をしない火災保険の選び方

マンション火災保険の選び方と火災保険料を抑える方法

分譲マンションの火災保険はどのように選んでいいか迷っていませんか?

マンションの構造がしっかりしているからと、火災保険の加入に躊躇してしまう人も多くいます。

しかし構造がしっかりしているマンションであっても、火災保険に加入すべき理由があるのです。

ここでは、マンション用の火災保険を選ぶ方法と保険料を抑えるポイントについて紹介していきます。

マンション用火災保険の加入に迷っている人は、ぜひ参考にしてくださいね!

マンション住宅における火災保険の対象部分

火災保険の加入を検討するときに、一戸建てにはないマンション特有のスペースがあります。
それが、「共用部分」と「専有部分」です。

共用部分とは、エレベーターやエントランスなどマンションの住人が使用するところになります。

ほとんどのマンションでは、共用部分に関してマンション管理組合が、火災保険を掛けているところが多いです。

そのためマンション用の火災保険は、基本的に自分が住む部屋に対してだけ補償を付けるだけでいいのです。

一戸建て住宅は建物と家財全てが補償対象になるので、マンションと比較すると火災保険料が高くついてしまいます。

まずは、マンション用の火災保険は自分が住むスペース、つまり専有部分に対して補償をつけることになります。

マンションの火災保険で必要な補償内容

火災保険でマンション住宅に必要な補償内容はどのようなものか確認していきましょう。

マンションで起きる損害リスクは次のようなケースが考えられます。

  1. 火事・爆発
  2. 自然災害(台風・落雷・風水害・雪災・雹災)
  3. 地震
  4. 漏水
  5. 盗難
  6. 機械設備・共用部分の設備等の損害
  7. 施設の破損
  8. 第三者および居住者に対する損害賠償

ここにあげた損害リスクは、共用部分と専有部分を含めたリスクを想定しています。

なので、全てのリスクに対して補償を付けるのではなく、共用部分でマンション管理組合が加入している火災保険で補償できるのであれば、その補償は外してもいいと考えられます。

たとえば、暴風で窓ガラスが割れた場合、マンション管理組合の火災保険で補償できる可能性があります。

しかし、窓ガラスが割れたことによって家財などが傷ついた場合の補償は、対象外となるので、もし保険金で買い直したい場合は、家財保険に対して風災補償を付帯する必要があるのです。

このように、建物の補償はマンション管理組合、室内にある家財の補償は自分の火災保険で賄うようにしなければいけません。

火災保険を選ぶ前にまずは必ず、マンション管理組合が加入している火災保険の補償内容をしっかりと確認するようにしましょう。

マンションの火災保険料を抑える方法

マンションの火災保険料を抑えるには、上記であげた補償範囲を絞ることで、保険料を下げることができます。

たとえば、マンションの上層階に住んでいるのであれば、床上浸水などのリスクが少ないから補償範囲から外してしまうなど、いろんなシチュエーションを考えながら絞り込んでいくと必要な補償範囲が絞られてきます。

このように補償範囲を自由に設計できる火災保険など複数社あるので、そういっった保険会社を上手く活用するといいでしょう。

しかし、必ずしも自由設計ができる火災保険が一番安いとは限らないので、必ず他の火災保険と比較するようにしてください。

火災保険期間を長期契約にする

火災保険の契約期間は最高で10年間に設定することができます。

10年一括払いを選択することで、長期割引が適用され、単年契約の保険料よりも安くすることができるのです。

マンションの火災保険であれば、10年一括払いにしても、そこまで大きな保険料にならないようであれば、長期契約で手続きする方がお得となります。

もし、途中で火災保険を解約する必要が出た場合、残りの年数分の保険料は返還されるので、前払いして損をしてしまうことはありません。

火災保険の解約については「火災保険を途中解約することができるの?」の記事で解説しているので、ご参照ください。

まとめ

マンション住宅で火災保険に加入しないよりかは、最低限の補償だけも加入しておいた方が安心です。

マンションでよくある事故として、配水管の老朽化や上階のトラブルによる水漏れ事故がけっこう多いと言われています。

マンションでも何らかの事故や災害が起きることがあるので、火災保険の加入をしておくことをオススメします。

人気の火災保険一括見積もりサービス

火災保険一括見積もりサービスで重要視するべき点は、取扱火災保険数が多いことです。火災保険選びは他社との比較が欠かせないので、なるべく多くの見積書があればあるほど、条件絞込みや補償内容の選択がスムーズにいきます。

当サイトで掲載している火災保険一括見積もりサービスは、取扱火災保険が10社以上あることを条件として掲載。

火災保険料を安くしたい人や、簡単な手続きで見積書を作成してもらいたい人は「イッカツ」と「価格.com 保険」がオススメです。

2つのサービスから火災保険の見積書を作成してもらうことで、どちらのサービスが一番あなたに適しているか比較して判断することができます。

どちらの見積もりサービスも強引な勧誘がなく、入力手続きも3~5分程度です。

イッカツ
イッカツ

プロが作成した見積書の比較で約20万円の節約できた実績あり!
イッカツの火災保険一括見積もりサービス

イッカツの火災保険一括見積もりサービスは、大手火災保険会社12社から、あなたの希望する条件に適した火災保険の見積書を作成してくれます。

イッカツは大手保険代理店と提携しているので、見積書の作成は火災保険のプロが対応。火災保険の知識がなくても、親切丁寧に案内してくれるので安心して比較することができます。

初めて火災保険に加入する人や、親切な対応を望んでいる人にオススメです。

詳細レビューを見てみる 公式サイトを見てみる

取扱保険会社数 12社:
担当者の対応 丁寧・親切:
見積もりスピード 速い:
おすすめ度
価格.com 保険
価格.com 保険

年間見積もり件数30万件突破!
最適な火災保険が見つかる価格.com保険

価格.com 保険の火災保険一括見積もりでは、大手火災保険会社12社から最適な火災保険を選別して見積書を作成してくれます。
見積書を依頼してから最短で、翌日に見積書を確認することが可能。

とくに見積書を早急に取り寄せたい人にオススメです。

詳細を見てみる 公式サイトを見てみる

取扱保険会社数 12社:
担当者の対応 普通:
見積もりスピード とても速い:
おすすめ度
インズウェブ
インズウェブ

住宅購入を検討中でも対応!
お得な火災保険が分かるインズウェブ

インズウェブ火災保険一括見積もりサービスは、大手火災保険会社を含む最大10社から一括で見積もりが可能です!
また、SBIホールディングスが運営元なので信頼と安心感が大きいのも魅力の一つです。

大手企業が運営しているところが安心できるからいいと思う人にオススメです。

詳細を見てみる 公式サイトを見てみる

取扱保険会社数 10社:
担当者の対応 普通:
見積もりスピード やや遅い:
おすすめ度

関連記事

火災保険の資料請求で見積書も同時に貰う方法

火災保険の資料請求で見積書も同時に貰う方法

新築なら火災保険料が割引される!失敗しない火災保険の選び方

新築なら火災保険料が割引される!失敗しない火災保険の選び方

火災保険で竜巻被害は補償対象になるの?

火災保険で竜巻被害は補償対象になるの?

床上浸水や床下浸水の水害被害!火災保険で保険金は支払われる?

床上浸水や床下浸水の水害被害!火災保険で保険金は支払われる?

空き巣被害は火災保険で補償される?!その対象範囲とは

空き巣・盗難・泥棒被害は火災保険で補償される?その対象範囲とは

落雷による損害を火災保険で補償する条件とは?

落雷による損害を火災保険で補償する条件とは?