マンションの火災保険の相場はいくら?簡単に保険料を把握する秘訣

マンションの火災保険の相場はいくら?簡単に保険料を把握する秘訣

マンションは一戸建て住宅と比較して、火災保険料の相場は安くなります。

その理由は、一戸建て住宅は建物全体が補償範囲に含まれますが、マンションは自分の部屋となる「専有部分」のみに火災保険を掛ければいいからです。

ここでは、マンションの火災保険の相場と保険料を安くする秘訣についてお伝えします。

マンションは占有部分が火災保険の補償対象となる

マンションは共同住宅なので、自分の部屋となる専有部分とマンション住民が使用する「共用部分」にわけられます。

共用部分とは、エントランスやエレベーター、廊下や集会場などが共用部分にあたります。

この共用部分に関しては、マンション管理組合として火災保険を掛けているので、個人でさらに火災保険を掛ける必要性がないのです。

まずは、マンションの共有部分がどこにあたるのか、さらにマンション管理組合がどのような火災保険に加入しているのか始めに確認しておきましょう。

マンションの火災保険料相場

基本的にマンションの火災保険料は、建物の専有部分と家財の補償有無や補償金額によって、火災保険料が算出されます。

ですから、あなたのマンションに似た正確な火災保険料相場を見つけるのは至難を伴います。

参考データとしてマンションの専有面積が90㎡で家財保険も付帯した場合、10年間一括払いで、約45,000円~70,000円くらいがマンションの火災保険料の相場です。

もちろん、専有面積が広かったり、家財補償の金額を高く設定すると、火災保険料もその分高くなっていきます。

また、各社の火災保険によって、補償内容や付帯できるサービスなどが異なるので、必ず複数の火災保険を比較しながら検討するようにしましょう。

マンションの専有部分などの範囲

マンションの専有部分を調べるときに注意が必要なのが、その計算方法です。

専有面積を算出する基準として「上塗(うわぬり)基準」と「壁芯(かべしん)基準」があります。

専有面積を算出する基準

出典:価格.com – 分譲マンションの火災保険

現在では、ほとんどのマンション管理規約で、上塗基準が採用されています。

そのため、火災保険料を算出する場合は上塗基準に基づく方法を選択することで、無駄な保険料を抑えることが可能です。

たまに、マンション広告などで表記されている占有面積は、すこしでも広く思わせるために壁芯基準で表記されていることがあります。

マンション広告に記載された専有面積で火災保険料を算出してしまうと損をすることになるので注意しましょう。

正確なマンションの火災保険相場を把握する秘訣

マンションの火災保険料相場を一般的な価格で把握しても、参考にはなりません。

そこで重要になってくるのが、自分専用の火災保険料相場を作成し比較することです。

とくに難しいことはなく、だれでも簡単に正確な相場を把握することができます。

その方法が「火災保険一括見積もりサービス」を利用することです。

このサービスを利用するメリットは、1度の入力であなたの条件にあった複数社の火災保険会社から無料で見積書を届けてくれるサービスとなります。

このサービスを2~3サイト利用することで、複数の見積書が揃い、あとは補償内容や保険料を比較するだけで、あなたの最適な火災保険が必ず見つかります。

もちろん見積書を作成したあと、ベースとなる火災保険を見つけたら、補償内容や保険金額など微調整して再見積もりすることで、よりベストな火災保険の内容に仕上げることができます。

まとめ

マンションの火災保険相場は、見積書作成サービスを利用するのがベストです。

また、マンションの専有面積の計算方法が2つあるので、その点も注意しておきましょう。

火災保険は最長で10年間契約することができます。

そのさい、長期割引が適用されるので、少しでも火災保険料を安くしたい場合は、長期割引を視野にいれて契約することをオススメします。

利用者数が多い人気の火災保険一括見積もりサービス一覧

年間見積もり件数が多いこと取り扱い火災保険が10社以上あることを条件にランク付けした、「火災保険一括見積もりサービス」一覧です。

火災保険一括見積もりサービスによって、見積もりに含まれる補償内容など異なるケースもあります。なぜなら、保険のプロによって提案の切り口が違うためです。

いろんな提案の見積書を比較したい場合は、2つ以上のサービスを利用することで、具体的な補償内容や保険料を知ることができるため、あなたの希望に近い火災保険が見つけやすくなるメリットがあります。

火災保険料で損をしないためにも、必ず複数社から見積書を作成してもらい比較するようにしましょう。

価格.com 保険

年間見積もり件数30万件突破!安い火災保険が見つかる価格.com保険

価格.com保険の火災保険一括見積もり

国内最大のNo1比較サイト価格.com保険は、大手火災保険会社12社から比較ができます!
また、あなたのご要望に合った火災保険の見積書を無料で作成してくれます。
最短で登録の翌日中に見積もりの案内が可能!
複数社の中から安い火災保険を見つけたい方におススメです!

価格.com保険の詳細を見てみる!

インズウェブ

住宅購入を検討中でも対応!安くてお得な火災保険が分かるインズウェブ

インズウェブの火災保険一括見積もり

インズウェブ火災保険一括見積もりサービスは、大手火災保険会社を含む最大10社から一括で見積もりが可能です!
また、SBIホールディングスが運営元なので信頼と安心感が大きいのも魅力の一つです。
なるべく多くの保険会社から火災保険の見積書を貰いたい方におススメです!

インズウェブの詳細を見てみる!

住宅本舗

大幅に保険料が節約できた実例あり!住宅本舗

住宅本舗の火災保険一括見積もり

住宅本舗の火災保険一括見積は、大手火災保険会社10社から比較することができます!
住宅本舗では、保険代理店と提携しており、あなたの要望に最適な火災保険のプランを提案してくれます。

住宅本舗の詳細を見てみる!

関連記事

火災保険の家財保険を含める必要性はあるの?

火災保険の家財保険を含める必要性はあるの?

火災保険がハウスメーカーごとに火災保険料が異なる理由

火災保険がハウスメーカーごとに火災保険料が異なる理由

新築で火災保険に加入するとお得!保険料が安くなる秘訣

新築で火災保険に加入するとお得!保険料が安くなる秘訣

家財保険とは

家財保険とは?

火災保険と地震保険に違いはあるの?

火災保険と地震保険に違いはあるの?

店舗の火災保険と保険料相場の算出基準

店舗の火災保険と保険料相場の算出基準