火災保険で水漏れ事故は補償対象になる?

火災保険で水漏れ事故は補償対象になる?

一戸建て住宅やマンション住宅で起きた水漏れ事故は、事故の原因によって火災保険の補償が適用されるかどうか判断されます。

一般的には、水道管や配水管が欠陥などによって破損し水濡れ事故が発生した場合は、火災保険の補償対象となります。

しかし、きちんと火災保険の水濡れに対する補償が付いていることが前提となります。

漏水などによる水濡れの補償範囲

火災保険に加入するさい、「漏水などによる水濡れ」補償が付いている場合は、故意による事故以外は、補償の対象となります。

マンション住宅だと、上階からの漏水による事故が多く、こちらも補償の範囲となります。

しかし、マンションの場合、天井や壁紙といった部分に関して建物補償としているケースもあるので、その部分の補償については、マンション管理組合に連絡して相談するようにしましょう。

基本的にマンションの火災保険は家財を対象にしているものが一般的なので、水漏れ事故も上階の漏水で電化製品などがショートして破損したときに保険金がでる仕組みになっています。

建物の破損については、マンション管理組合が一括して火災保険に加入しているので、家財以外については全てマンション管理組合に連絡するようにしてください。

水災の補償範囲

漏水などによる水濡れ補償と紛らわしいのが「水災」補償です。

火災保険会社によって多少補償内容は変わりますが、水災補償は台風や集中豪雨による洪水などの水災事故に対して補償されます。

一戸建て住宅でだと、集中豪雨で床上浸水が起きた場合は、水災補償が適用されて保険金が支払われます。

漏水などによる水濡れ」と「水災」の補償範囲をしっかりと把握しておきましょう。

また補償範囲についても加入している火災保険会社に問い合わせて一度確認してみると安心です。

原因がしっかり解れば補償はされることが多い

こうしてしっかりと原因が分かれば、契約内容に応じて、補償が行われる事になります。

しかし、その水漏れが施設や設備の老朽化によるものである場合、火災保険の補償が行われない可能性もあるので、注意が必要です。

というのも、火災保険では瑕疵や錆というのは事故とはみなしてもらえないことが多く、保険の対象とはならないのです。

給排水管などでも、老朽化によるものだと判断されない為にも、まずは保険でしっかりと保証してもらえる様に施設や設備の修繕を定期的に行う事も大切です。

逆に水漏れ事故の被害者になった場合には、加害者に損害賠償を求める事も可能です。

しかし、必ず損害賠償を受けられる訳ではありませんから、ご自身の加入する火災保険で修理を行うことになります。

利用者数が多い人気の火災保険一括見積もりサービス一覧

年間見積もり件数が多いこと取り扱い火災保険が10社以上あることを条件にランク付けした、「火災保険一括見積もりサービス」一覧です。

火災保険一括見積もりサービスによって、見積もりに含まれる補償内容など異なるケースもあります。なぜなら、保険のプロによって提案の切り口が違うためです。

いろんな提案の見積書を比較したい場合は、2つ以上のサービスを利用することで、具体的な補償内容や保険料を知ることができるため、あなたの希望に近い火災保険が見つけやすくなるメリットがあります。

火災保険料で損をしないためにも、必ず複数社から見積書を作成してもらい比較するようにしましょう。

価格.com 保険

年間見積もり件数30万件突破!安い火災保険が見つかる価格.com保険

価格.com保険の火災保険一括見積もり

国内最大のNo1比較サイト価格.com保険は、大手火災保険会社12社から比較ができます!
また、あなたのご要望に合った火災保険の見積書を無料で作成してくれます。
最短で登録の翌日中に見積もりの案内が可能!
複数社の中から安い火災保険を見つけたい方におススメです!

価格.com保険の詳細を見てみる!

インズウェブ

住宅購入を検討中でも対応!安くてお得な火災保険が分かるインズウェブ

インズウェブの火災保険一括見積もり

インズウェブ火災保険一括見積もりサービスは、大手火災保険会社を含む最大10社から一括で見積もりが可能です!
また、SBIホールディングスが運営元なので信頼と安心感が大きいのも魅力の一つです。
なるべく多くの保険会社から火災保険の見積書を貰いたい方におススメです!

インズウェブの詳細を見てみる!

住宅本舗

大幅に保険料が節約できた実例あり!住宅本舗

住宅本舗の火災保険一括見積もり

住宅本舗の火災保険一括見積は、大手火災保険会社10社から比較することができます!
住宅本舗では、保険代理店と提携しており、あなたの要望に最適な火災保険のプランを提案してくれます。

住宅本舗の詳細を見てみる!

関連記事

銀行で火災保険に加入するよりもお得に加入する方法

銀行で火災保険に加入するよりもお得に加入する方法

火災保険の家財相場

火災保険の家財相場

アパート用の火災保険を選ぶポイント

アパート用の火災保険を選ぶポイント

マンション火災保険の選び方と火災保険料を抑える方法

マンション火災保険の選び方と火災保険料を抑える方法

質権設定とは?初めての方でもわかりやすく解説

火災保険の質権設定とは?初めての方でもわかりやすく解説

火災保険で建物保険金額を設定するコツ

火災保険で建物保険金額を設定するコツ