火災保険の相場はもちろん、基礎知識や選び方、安くする方法に至るまでわかりやすく解説

火災保険の相場ガイド

火災保険のよくある質問

火災保険料いくら払ってる?月払い年払いの平均額を徹底調査

火災保険いくら払ってる?気になる火災保険料を徹底調査

初めて火災保険に加入するとき、気になるのが保険料ですよね?

火災保険は生命保険と異なり、建物の構造や補償内容によってマチマチ。
他の人は火災保険料にいくら支払っているのか、すぐに調べることが難しいのです。

そこで今回は、新築一戸建てやマンションの火災保険料の相場を独自に調査。
また支払い方法による火災保険料の違いなども調べてみました。

最後にあなただけの火災保険料を無料で調べる方法も紹介するので参考にしてくださいね!

知らなきゃ損!
一括見積もりサイトの活用でお得な火災保険を選択

火災保険の見積書を作成するときは、
必ず一括見積もりサイトを活用しましょう!
火災保険は10社以上あり、
同じ条件でも火災保険料が
20万円以上も差が出ることもあるのです。

一括見積もりサイトを使うことで
10社以上の火災保険会社から
複数社の見積書を無料で作成。

そのため届いた見積書を比較するだけで
お得な火災保険が簡単に見つかります!

一般的な住宅の火災保険料はいくら支払っているの?

火災保険の保険料は、「住居地」「保険金額」「補償内容」「保険期間」などによって決まります。
そのため、人それぞれ保険料が異なってくるのです。

そこで今回は一般的な建物構造で火災保険料を資産してみました。

新築一戸建ての火災保険料目安

新築一戸建ての火災保険料の試算は、下記の条件で算出しました。

建物の所在地東京都
建物補償額1,760万円
面積80㎡
保険開始日2019/5/1
建築年月2019/5
物件新築一戸建て(耐火構造)
補償内容火災、風災、水災、破損・汚損を補償

火災保険料

12,740円 / 1年間

参照元:日新火災海上保険

大手火災保険会社である「日新火災海上保険」で見積もり計算をした結果、1年間に支払う火災保険料は12,740円となります。(2019年1月現在の保険料で試算)

補償内容は万が一に備えてフルセットにしていますが、家財補償と地震保険は付けていません。
単純に建物のみの保険料を算出するため、あえて付けていませんが一般的には家財補償も含めることをオススメします。

また地震保険も資金に余裕があれば、地震による災害も年々増えているので加入するのがいいでしょう。

新築マンションの火災保険料目安

新築マンションの火災保険料の試算は、下記の条件で算出しました。

建物の所在地東京都
建物補償額1,040万円
面積80㎡
保険開始日2019/5/1
建築年月2019/5
物件新築マンション
補償内容火災、風災、水災、破損・汚損を補償

火災保険料

6,940円 / 1年間

参照元:日新火災海上保険

マンションも「日新火災海上保険」で見積もり計算をした結果、1年間に支払う火災保険料は6,940円となります。(2019年1月現在の保険料で試算)

こちらも補償内容は万が一に備えてフルセットにして、家財補償と地震保険は付けていません。

月払いと年払いによって火災保険料が異なる

火災保険料の支払い方法は、各保険会社によって異なります。
月払い対応が可能なところもあれば、年払いしか対応していないなど様々です。

「月払い」と「年払い」を比較すると実は、年払いで支払った方が割引が適用されるメリットがあります。
月払いは年払いと比べると若干割高ですが、月々の支払うことで家計管理がしやすい点があげられます。

どちらか迷った場合、オススメの支払い方法は「年払い」です。
理由は単純に割引が適用されて火災保険料が安くなるからです。

火災保険の更新に備えて毎月保険料を積み立てておくと、家計管理もしやすく支払いの負担も軽減できるので、前もって準備するようにしましょう。

火災保険料の支払いは10年一括払いがお得

火災保険料の支払いでもうひとつ注目したいのが保険期間です。
保険期間は1〜10年の間で契約することができます。

この保険期間を長く契約することで長期契約割引の恩恵を受けることができるのです。

例えば先ほど上記で紹介した新築一戸建ての保険期間を1年・5年・10年で比較すると、火災保険料は以下の金額になります。

保険期間1年12,740円
保険期間5年56,590円(11,318円/1年あたり)
保険期間10年108,130円(10,813円/1年あたり)

保険期間は最長で10年間となり、10年経つと再度火災保険を更新する必要があります。
保険期間を長くするメリットは割引以外にもあります。

例えば、火災保険契約期間中に保険料の改定が入り値上げになったとします。
新規または年払いで更新間近の人は、新しい保険料が適用されてしまいます。
しかし、契約期間中の人は次の更新までは、契約時の保険料が適用されるので値上げの影響を受けないメリットもあるのです。

ある程度、資金に余裕がある人は保険期間10年の一括払いで支払うのが一番お得に契約することができます。

地震保険料はどの火災保険会社でも同じ保険料

火災保険の保険料と同じく、地震保険の保険料もいくら支払うのか気になるかと思います。
地震保険料は、所在地や建物構造によって決まる仕組みです。

火災保険と異なり、地震保険は国の法律に基づいて算出されるので、条件が同じであればどの火災保険会社で契約しても保険料は同じなのです。
(地震保険を契約するには、火災保険を契約した会社で手続きすることになります。)

具体的な地震保険料を知りたい人は、「東京海上日動」の公式サイトでシミュレーションができます。

火災保険の費用保険金(特約)で地震損害を補う

費用保険金は、損害保険金とは別に補償してくれる保険金となります。

費用保険金の中には、地震による損害に対して保険金が支払われる「地震火災費用保険金」があるのです。(保険会社によって名称が異なることがあります)

火災保険単体では、地震による火災や津波などの被害に対しては対象外となります。
しかし地震保険ほどではありませんが、少しでも地震に対する損害は補償する目的で用意されているのが「地震火災費用保険金」

です。

火災保険の費用保険金は、基本補償に付いていたりオプションとして追加するものもあります。
これは火災保険会社によって異なるので、しっかり確認するようにしましょう。

最適な火災保険を見つけるには見積書の比較が必須

ここまで火災保険料をいくら支払っているのか解説してきましたが、各世帯の火災保険料を調べても、証在地や構造、補償内容が同一でないためあまり参考にはなりません。

各世帯の火災保険料よりも、あなたの家の火災保険料を正しく知って比較することが大切です。
なぜなら、火災保険会社によって同じ補償内容でも保険料が異なるからです。

まずは複数の火災保険会社から同じ条件で見積書を作成してもらい、保険料や費用保険金の有無など見比べるようにしましょう。

火災保険の見積書は無料で作成してくれるので、気軽に依頼することができます。

もし1社ずつ依頼するのが面倒であれば「火災保険一括見積もりサービス」を提供しているサイトを利用すると便利です。

まとめ

火災保険料は、各世帯ともに所在地や建物構造、補償内容が同一でないので、実際の火災保険料と大きな差が生じることがあります。

他の人の火災保険料がいくらなのか知るよりも、あなたの住宅が各火災保険会社によって保険料がいくら違うのか比較することが重要です。

そのため1社だけ見積もって決めてしまうことだけは、なるべく避けるようにしましょう。

同じ補償内容で、他の火災保険会社が安かったと後悔する人もいます。
補償内容もしっかりして、なおかつ少しでも安い火災保険が見つけるためにも、複数社から見積書を作成してもらうようにしてくださいね。

 

オススメの火災保険一括見積もりサービス

当サイトで掲載している火災保険一括見積もりサービスは、取扱火災保険が10社以上あることを条件にしています。複数社分の見積書を作成するので、一番安い火災保険が見つけやすいのが強みです。

各見積もりサービスでは、保険のプロがあなた専用の見積書を作成。作成する担当者によって見積書の内容も異なるため、「住宅本舗」と「火災保険の窓口」2つのサービスから依頼すると比較の幅が広がるのオススメです。

火災保険の契約日まで時間がある人は、3つのサービスを利用してじっくり検討すると、保険料で損するリスクが軽減します。

どのサービスも強引な勧誘がなく、手続きも3〜5分程度で完了。火災保険料の比較だけしたい人も、もちろん利用可能です!

住宅本舗(イッカツ)【累計利用者50,000人突破!】

プロが作成した見積書で約20万円節約!
利用者累計50,000人突破の「住宅本舗」

「住宅本舗(イッカツ)」の火災保険一括見積もりサービスは、最大16社の火災保険から保険のプロが厳選して、あなた専用の見積書を作成。

住宅本舗は大手保険代理店と提携しているので、見積書の作成は火災保険のプロが対応。火災保険の知識がなくても、親切丁寧に案内してくれるので安心して比較することができます。

初めて火災保険に加入する人や、見直しを検討している人に向いているサービスです。

取扱保険会社数16社:
担当者の対応丁寧・親切:
見積もりスピード速い:

火災保険の窓口【対応スピード満足度90%以上!】

当日見積もりが可能!
契約件数25,000件の実績を持つプロ視点の提案が受けられる

火災保険の窓口では、大手火災保険会社を含めた19商品から最適な火災保険を選別して見積書を作成。
12時までの見積書依頼で当日対応が可能です。

とにかく急ぎで見積書を作成していほしい人にオススメ!

取扱保険会社数-(19商品):
担当者の対応丁寧・親切:
見積もりスピードとても速い:

価格.com 保険【見積もり件数30万件突破!】

年間見積もり件数30万件突破!
最適な火災保険が見つかる価格.com保険

価格.com 保険の火災保険一括見積もりでは、大手火災保険会社12社から最適な火災保険を選別して見積書を作成してくれます。
見積書を依頼してから最短で、翌日に見積書を確認することが可能。

取扱保険会社数12社:
担当者の対応普通:
見積もりスピード速い:

Copyright© 火災保険の相場ガイド , 2019 All Rights Reserved.