火災保険の相場ガイド

火災保険の相場はもちろん、基礎知識や選び方、安くする方法に至るまでわかりやすく解説

火災保険の補償内容

落雷による損害を火災保険で補償する条件とは?

更新日:

落雷による損害を火災保険で補償する条件とは?

温暖化などの影響もあってか、近年では突然の大雨などによって大気が不安定になりやすく落雷も増えてきています。

そのため、落雷による損害は身近な事故のひとつとなっています。

この記事では、落雷による損害を火災保険で補償する条件について紹介していきます。

火災保険を安くするなら必ず一括見積もりサイトを活用すること

火災保険の見積書を作成するときは、
必ず一括見積もりサイトを活用しましょう!

火災保険は10社以上あり、
同じ条件でも火災保険料が
20万円以上も差が出ることもあるのです。

一括見積もりサイトを使うことで
10社以上の火災保険会社から
複数社の見積書を作成してくれます。

そのため届いた見積書を比較するだけで
最安値の火災保険が簡単に見つかるのです。





落雷による損害は火災保険の対象となる

ほとんどの火災保険では、落雷による損害も補償対象として含まれています。

たとえば、落雷によってコンセントを経由して過電流が流れてしまい、テレビやパソコンが壊れたり、電動の窓やシャッターなどが破損するケースがあります。

落雷によってこのような損害を負った場合は、火災保険の補償対象となり損害保険金を受け取ることができます。

自宅に直接雷が落ちたとき以外にも、近隣への落雷で損害を受けた場合でも補償の対象となるので、すぐに保険会社へ連絡するようにしましょう。

保険の対象をきちんと確認していないと損害保険金が受け取れないことも

火災保険は、保険の対象が「建物」と「家財」に分けられており、保険の対象以外の損害については補償されません。

たとえば、建物のみに対して火災保険の対象と設定している場合、落雷によって建物が損害した場合は、損害保険金を受け取ることができますが、家財に対しては補償されていないため、損害保険金がでません。

雷による損害は、家財に対しての損害が多い傾向にあるので、火災保険に加入するときは、建物と家財それぞれに火災保険をかけるようにすることをオススメします。

また、すでに火災保険に加入している人は一度、補償内容を確認するようにしましょう。




落雷の損害で補償対象となる事故例

落雷による事故で、一般的に補償対象となる事例を紹介します。

建物の事故例

  • 雷が自宅の屋根に落ちて、瓦が吹き飛び、屋根に穴があいてしまった。
  • 庭に落ちた雷から飛び火して、建物が燃えてしまった。

家財の事故例

  • 分配器に雷が落ち、自宅のテレビ2台、ゲーム機1台、電話機1台が壊れてしまった。
  • 落雷により、電源が入っていたパソコンが壊れた。

このような事故が起きた場合が補償対象となります。

他にも補償対象となる損害があるので、雷による事故が発生した場合は契約している火災保険へ連絡して確認してもらうようにしましょう。

まとめ

落雷による事故は、以外と大きな損失となります。

とくに家電製品による被害が多いので、大型液晶テレビやブルーレイレコーダー、パソコンにゲーム機本体など、軽く数十万円以上の損害が起きる可能があるのです。

なるべくこのような家財に対しても補償が受けられるよう、建物と家財それぞれに火災保険をかけることも検討するといいでしょう。

また、家財保険を含めた安い火災保険を見つけたい方は「火災保険を安い保険料にする3つの秘訣」の記事でさらに詳しく解説していますので、良かったら合わせてご参照ください。




-火災保険の補償内容
-,

Copyright© 火災保険の相場ガイド , 2018 All Rights Reserved.