火災保険の見直し方法!正しい見直しで保険料が下がる

火災保険の見直しで保険料を下げる!意外と知られていない秘訣

火災保険は長期契約する人が多いので、一度契約をすると見直す人がほとんどいません。

しかし建物は、時間の経過とともに価値が下がっていくのが一般的です。
なぜなら土地そのものは劣化することがなく、もし近くに駅でもできれば価値が上昇します。

ですが建物の場合は、年月が経過するほど外壁など劣化してしまいます。
また当時建てた建築価格も技術や新素材の開発で、以前よりも同じ建物が安く建てられることもあるのです。

そうなると火災保険加入時に設定した建物の補償金額よりも、安い金額で建てられた場合、上振れした金額分の保険料は無駄に支払っていたことになります。

そのようなことが起きないためにも、火災保険も生命保険同様に定期的見直すことが大切なのです。

この記事では、火災保険の見直し方法について紹介していきます。

火災保険を見直すことで保険料が安くなる

火災保険を見直すことで保険料が安くなる

火災保険は、生命保険のように必要な補償金額を自由に設定することができません。

なぜなら建物の評価額から、保険金額が算出されるので、建物の評価額が下がればもちろん保険金額も下がります。

保険金額が下がることで、保険料も下がる可能性が出てきます。

再建に必要な金額と保険金額に差が出ると損をする

たとえば火災保険の建物補償を、2,500万円で契約。
年数が経過して、デフレの影響により建築費が下がり再建に必要な費用が2,000万円しかかからないと見積もりされたとします。

このケースだと、火災保険で受け取れる損害保険金は2,000万円となり、500万円分の保険料は払いすぎとなってしまうのです。

火災保険は、実際の損害に対して保険金を支払うため、再建に必要な金額以上の保険金を受け取ることができない仕組みとなっています。

また逆のケースもあります。

たとえば、保険金額を1,500万円で火災保険を契約。
インフレによって再建費用が2,500万円と見積もりが出された場合、契約した保険金額が1,500万円なので、支払われる金額はもちろん1,500万円となり、残りの1,000万円は自己負担となります。

このように建物の価値は年数が経つごとに変わっていくので、3~5年に1回は見直しの機会を作り、保険金額を正しく設定することが重要です。

建物だけではなく、家財も同じです。
所持している家財も変わっていくので、こちらも見直しをするようにしましょう。

火災保険の見直しが必要な理由

火災保険の保険料算出は、各火災保険会社によって異なります。

まず基本的な情報といて、「一戸建て住宅」か「マンション」、建物の構造が「木造」か「鉄骨」などによって火災保険料が変わってくるのです。

さらに自宅がある地域や築年数、自宅設備によって割引が適用される火災保険会社もあります。

このように、細かい部分からもきちんと把握した上で、各火災保険会社があなただけの見積書を作成するのです。

そのため自宅をリフォームしたり、増築や減築などを行ったことがある方は、再度火災保険を見直してみることで火災保険料を抑えられる可能性があるのです。

リフォームや引っ越しをしたら火災保険の見直しをする

家を建て替えたり、内装をリフォームしてオール電化にしたなどの場合、火災保険を再度見直す事で保険料が下がることがあるのです。

その理由のひとつとして、各火災保険には独自の割引を設けているところもあります。

例えば、ある火災保険会社では、「オール電化住宅割引」制度があったり、ホームセキュリティを導入した場合は「ホームセキュリティ割引」制度が適用され、最高で30%以上の割引が適用されることも。

このように、リフォームなどで手直しをした場合は、火災保険を見直すことで保険料が下がることがあるので、必ず見直しをするようにしましょう。

意外と火災保険の補償範囲は広い

意外と勘違いしやすいのが、火災保険の補償範囲は、火災による損害だけではないのです。

じつは火災保険には、火災以外にも補償をしてくれる補償範囲が広いのをご存じでしたか?

たとえば補償される範囲として、落雷や破裂、爆発といった損害補償や、自然災害(地震は除く)や水災など、火災以外にも多くの補償があります。

また、日常生活におけるリスクに対しても補償をしてくれるのです。

これだけの補償範囲全てをセットにしたフルパッケージで契約してしまうと、もちろん火災保険料もそのぶん高くなります。

そのためまずは、ハザードマップなどで住んでいる地域の災害レベルを調査しましょう。
そうすることで、何に対して補償を付けるべきかある程度絞られてきます。

現在の火災保険は、基本補償をベースとして、それ以外の補償は自由に組み合わせすることが可能です。
本当に必要な補償だけを設定することで、ムダのない火災保険に加入することができ、保険料も安く抑えることができます。

まとめ

火災保険の補償範囲設定や割引制度、保険料などは火災保険会社によって異なります。

いま加入している火災保険ではなく、他社の火災保険に乗り換えるだけで、より安い火災保険料で同じ補償内容で契約できることもあるので、必ず複数の保険会社と比較するようにしましょう。

また、きちんと損害保険金の支払いを受け取るためにも、定期的に火災保険の見直しをするようにしてくださいね。

人気の火災保険一括見積もりサービス

火災保険一括見積もりサービスで重要視するべき点は、取扱火災保険数が多いことです。火災保険選びは他社との比較が欠かせないので、なるべく多くの見積書があればあるほど、条件絞込みや補償内容の選択がスムーズにいきます。

当サイトで掲載している火災保険一括見積もりサービスは、取扱火災保険が10社以上あることを条件として掲載。

火災保険料を安くしたい人や、簡単な手続きで見積書を作成してもらいたい人は「イッカツ」と「価格.com 保険」がオススメです。

2つのサービスから火災保険の見積書を作成してもらうことで、どちらのサービスが一番あなたに適しているか比較して判断することができます。

どちらの見積もりサービスも強引な勧誘がなく、入力手続きも3~5分程度です。

イッカツ
イッカツ

プロが作成した見積書の比較で約20万円の節約できた実績あり!
イッカツの火災保険一括見積もりサービス

イッカツの火災保険一括見積もりサービスは、大手火災保険会社12社から、あなたの希望する条件に適した火災保険の見積書を作成してくれます。

イッカツは大手保険代理店と提携しているので、見積書の作成は火災保険のプロが対応。火災保険の知識がなくても、親切丁寧に案内してくれるので安心して比較することができます。

初めて火災保険に加入する人や、親切な対応を望んでいる人にオススメです。

詳細レビューを見てみる 公式サイトを見てみる

取扱保険会社数 12社:
担当者の対応 丁寧・親切:
見積もりスピード 速い:
おすすめ度
価格.com 保険
価格.com 保険

年間見積もり件数30万件突破!
最適な火災保険が見つかる価格.com保険

価格.com 保険の火災保険一括見積もりでは、大手火災保険会社12社から最適な火災保険を選別して見積書を作成してくれます。
見積書を依頼してから最短で、翌日に見積書を確認することが可能。

とくに見積書を早急に取り寄せたい人にオススメです。

詳細を見てみる 公式サイトを見てみる

取扱保険会社数 12社:
担当者の対応 普通:
見積もりスピード とても速い:
おすすめ度
インズウェブ
インズウェブ

住宅購入を検討中でも対応!
お得な火災保険が分かるインズウェブ

インズウェブ火災保険一括見積もりサービスは、大手火災保険会社を含む最大10社から一括で見積もりが可能です!
また、SBIホールディングスが運営元なので信頼と安心感が大きいのも魅力の一つです。

大手企業が運営しているところが安心できるからいいと思う人にオススメです。

詳細を見てみる 公式サイトを見てみる

取扱保険会社数 10社:
担当者の対応 普通:
見積もりスピード やや遅い:
おすすめ度

関連記事

マンション火災保険の選び方と火災保険料を抑える方法

マンション用の火災保険!損をしない火災保険の選び方

火災保険で漏水による水漏れ事故を補償する条件とは?

火災保険で漏水による水漏れ事故を補償する条件とは?

床上浸水や床下浸水の水害被害!火災保険で保険金は支払われる?

床上浸水や床下浸水の水害被害!火災保険で保険金は支払われる?

住宅ローン対応の火災保険の選び方と注意点

住宅ローン対応の火災保険の選び方と注意点

火災保険料は家族構成や人数変更で変わる?!

火災保険料は家族構成や人数変更で変わる?!

雨漏りは火災保険の補償対象になるの?

雨漏りは火災保険の補償対象になるの?