火災保険の質権設定とは?初めての方でもわかりやすく解説

質権設定とは?初めての方でもわかりやすく解説

火災保険へ加入するときに、ほとんどの方が「質権設定(しちけんせってい)」という言葉を聞くことになります。

恐らく初めて火災保険に加入する方は、どういう意味なのかいまいちピンとこないことが多いです。

今回は、質権設定について初めての方でもわかりやすく解説いたします。

そもそも質権という言葉の意味とは?

「明鏡国語辞典」によると質権は、

債権者が債権の担保として債務者から受け取った物を債務が弁済されるまで留意し、弁済のない場合にはその物から優先弁済を受けることを内容とする担保物権。

つまり、お金を貸す側が、お金を借りる側に対して、お金が返ってこなかった場合のためにその金額に見合う物品などを担保してもらう権利を設定してもらうことです。

万が一、お金が戻ってこなかった場合は、質権設定してもらった物品から得られた金額が優先的にお金を貸した側に支払われることになります。

簡単にいうと「質屋」のシステムみたいなものです。

火災保険における質権設定とは?

火災保険の質権設定とは、わかりやすく説明すると大手銀行や地方銀行で住宅ローンを組んだ場合、火災保険金を受け取る対象を住宅ローンを組んだ金融機関にすることになるわけです。

では、なぜ金融機関に火災保険金の受け取りを設定しなくていけないのが疑問が残る方もいるかと思います。

一番の理由は、住宅ローンの契約は長期間にわたって結ぶ方がほとんどでしょう。

長期間に渡って返済してもらうということは、火災や台風による災害などにより住宅が倒壊してしまったり、全焼してしまったりするリスクも高まります。

こういった場合に、お金を貸している金融機関は、住宅ローンの返済が滞ってしまうのを心配するわけです。

なので、実際に火災保険で補償されている火事や台風などによる災害の支払いを、契約者自身ではなく、金融機関にするという形式で契約を行うのです。

火災保険における質権設定とは?

出典:価格.com 保険

火災保険の質権設定の手続き方法

手続きの流れは、まず質権設定承認請求書という書類を保険代理店や保険会社から受け取り、それに金融機関と契約者、その両名が署名捺印を行います。

その後、この質権設定承認請求書を保険代理店や保険会社に提出を行う事で、承認されるようになっています。

ただし、この質権設定は住宅ローンの支払いが遅れたりといった事が無い場合には、途中で金融機関が保険金の受け取りの権利を放棄するという事が多いです。

また、最近では質権設定をしていても、債権の回収にあまり役立たないというケースが多く、大手の金融機関などではあまり行われなくなってきております。

まとめ

火災保険の質権設定は、最近では珍しくなっており、質権設定なしでも住宅ローンを組めるところが増えてきました。

ただ、フラット35などを利用した場合は、質権設定が必要になることがあるので、そのあたりは、火災保険を手続きする際に、担当者に確認をとるようにすると安心です。

オススメの火災保険一括見積もりサービス

火災保険を選ぶ上で重要なことは、複数社から見積書を依頼して比較することです。
なぜなら同じ補償内容でも、火災保険会社が違うだけで保険料に大きな差が生まれるからです。

火災保険料を算出するには、建物情報や所在地など数多くの項目を入力しなけれいけません。
もし1社ずつ依頼するとかなりの時間がかかる上、依頼した保険会社の数だけやり取りをする必要があります。

しかし火災保険一括見積もりサービスを活用することで、1度の依頼で条件に合った複数社からの見積書を、まとめて受け取ることができるのです。
また窓口も1つになるので、やり取りもスムーズに行うことができます。

当サイトで掲載している火災保険一括見積もりサービスは、取扱火災保険が10社以上あることを条件にしています。
なぜなら数が多いほど、条件に合った火災保険が見つかりやすいからです。
もちろん同じ補償内容で保険料を比較することもできるので、一番安い火災保険を見つけやすくなるメリットもあります。

とくに火災保険料を安くしたい人や、簡単な手続きで見積書を作成してもらいたい人は「イッカツ」と「価格.com 保険」がオススメです。
どちらも強引な勧誘がなく、入力手続きも3~5分程度で完了。

2つのサービスから火災保険の見積書を作成してもらうことで、あなたの希望する条件に適した火災保険が絞りやすくなります。

最適な補償内容を知りたい人や、一番安い火災保険料を知りたい人はぜひ活用してみてくださいね。

イッカツ
イッカツ

プロが作成した見積書の比較で約20万円の節約できた実績あり!
イッカツの火災保険一括見積もりサービス

イッカツの火災保険一括見積もりサービスは、大手火災保険会社12社から、あなたの希望する条件に適した火災保険の見積書を作成してくれます。

イッカツは大手保険代理店と提携しているので、見積書の作成は火災保険のプロが対応。火災保険の知識がなくても、親切丁寧に案内してくれるので安心して比較することができます。

初めて火災保険に加入する人や、親切な対応を望んでいる人にオススメです。

詳細レビューを見てみる 公式サイトを見てみる

取扱保険会社数 12社:
担当者の対応 丁寧・親切:
見積もりスピード 速い:
おすすめ度
価格.com 保険
価格.com 保険

年間見積もり件数30万件突破!
最適な火災保険が見つかる価格.com保険

価格.com 保険の火災保険一括見積もりでは、大手火災保険会社12社から最適な火災保険を選別して見積書を作成してくれます。
見積書を依頼してから最短で、翌日に見積書を確認することが可能。

とくに見積書を早急に取り寄せたい人にオススメです。

詳細を見てみる 公式サイトを見てみる

取扱保険会社数 12社:
担当者の対応 普通:
見積もりスピード とても速い:
おすすめ度
インズウェブ
インズウェブ

住宅購入を検討中でも対応!
お得な火災保険が分かるインズウェブ

インズウェブ火災保険一括見積もりサービスは、大手火災保険会社を含む最大10社から一括で見積もりが可能です!
また、SBIホールディングスが運営元なので信頼と安心感が大きいのも魅力の一つです。

大手企業が運営しているところが安心できるからいいと思う人にオススメです。

詳細を見てみる 公式サイトを見てみる

取扱保険会社数 10社:
担当者の対応 普通:
見積もりスピード やや遅い:
おすすめ度

関連記事

火災保険の見積もりがまとめてできる方法!最短で翌日確認可能

火災保険の見積もりがまとめてできる方法!最短で翌日確認可能

家財保険とは

家財保険とは?

マンションの火災保険の相場はいくら?簡単に保険料を把握する秘訣

マンションの火災保険の相場はいくら?簡単に保険料を把握する秘訣

火災保険を節約する6つの秘訣

火災保険を節約する6つの秘訣

一戸建て住宅の火災保険で付帯したい特約

一戸建て住宅の火災保険で付帯したい特約

火災保険と地震保険に違いはあるの?

火災保険と地震保険に違いはあるの?