新築の火災保険はどれくらい?

新築の火災保険はどれくらい?

火災保険の保険料は建てた場所、建築価額などによって変わってくる上、取扱保険会社によっても金額が変わるのでハッキリとした相場は表向きにはあまり公開されていません。

ただ、新築住宅の場合、おおよその建築価額がわかっているので、それに近い条件で建てた人をネット上で探して調べるという方法もありますが、けっこうな手間がかかります。

自分で調べるには限界があります

確かに1社ごとに火災保険の保険料を調べるのはかなりの労力をようしますし、加入条件も保険会社によって異なるので調べている途中で挫折してしまうかもしれませんね。

しかし、せっかくの新築住宅ですから万が一に備えてシッカリとした保険に加入したいですよね。

そんな時は、複数社の火災保険を扱っている保険代理店に見積書作成の依頼をするといいでしょう!特にポイントなのが”複数社の火災保険を扱っている”という部分です。

複数社扱っていると、それぞれの火災保険の見積もりを出してもらえる上に比較もすることができるので、よりあなたの希望する条件に近い保険に加入することができます。

保険会社によっては補償対象を細かく設定できたりするので、そのあたりの相談も気軽に相談できるのも保険代理店の強みといえるでしょう!

まずは、複数社の見積もりを出してもらい、無理なく保険料を支払えるよう相談をしながら決めていくのが一番ベストな加入方法かもしれません!

新築の火災保険を安くする選び方のコツについては「新築だと火災保険料が割引される秘訣!失敗しない火災保険の選び方」の記事で詳しく解説しているので、ご参照ください。
新築だと火災保険料が割引される秘訣!失敗しない火災保険の選び方

 

ネット依頼ひとつで複数社の見積書が届く!人気の火災保険一括見積もりサービス

年間見積もり件数が多いこと取り扱い火災保険が10社以上あることを条件に該当する「火災保険一括見積もりサービス」を掲載しています。

なるべく保険料を抑えたい人や、各社の補償内容や割引制度を比較したい人は「価格.com 保険」と「インズウェブ」で見積もり依頼をしておくといいでしょう。

もし2社から同じ火災保険会社の見積書があれば、その火災保険はあなたにとって最適である可能性があります。

どちらの見積もりサービスも強引な勧誘がなく、入力手続きも3~5分程度で完了します。

火災保険の補償範囲や保険料などで後悔しないためにも、必ず複数の火災保険を比較するようにしましょう。

価格.com 保険

年間見積もり件数30万件突破!安い火災保険が見つかる価格.com保険

価格.com保険の火災保険一括見積もり

国内最大のNo1比較サイト価格.com保険は、大手火災保険会社12社から比較ができます!
また、あなたのご要望に合った火災保険の見積書を無料で作成してくれます。
最短で登録の翌日中に見積もりの案内が可能!
複数社の中から安い火災保険を見つけたい方におススメです!

価格.com保険の詳細を見てみる!

インズウェブ

住宅購入を検討中でも対応!安くてお得な火災保険が分かるインズウェブ

インズウェブの火災保険一括見積もり

インズウェブ火災保険一括見積もりサービスは、大手火災保険会社を含む最大10社から一括で見積もりが可能です!
また、SBIホールディングスが運営元なので信頼と安心感が大きいのも魅力の一つです。
なるべく多くの保険会社から火災保険の見積書を貰いたい方におススメです!

インズウェブの詳細を見てみる!

住宅本舗

大幅に保険料が節約できた実例あり!住宅本舗

住宅本舗の火災保険一括見積もり

住宅本舗の火災保険一括見積は、大手火災保険会社10社から比較することができます!
住宅本舗では、保険代理店と提携しており、あなたの要望に最適な火災保険のプランを提案してくれます。

住宅本舗の詳細を見てみる!

関連記事

家財保険の必要性は本当にあるの?気になる疑問を徹底調査

家財保険の必要性は本当にあるの?気になる疑問を徹底調査

火災保険がハウスメーカーごとに火災保険料が異なる理由

火災保険がハウスメーカーごとに火災保険料が異なる理由

火災保険で台風に備える補償の選び方

火災保険で台風に備える補償の選び方

火災保険比較で人気の火災保険を選ぶ秘訣

火災保険比較で人気の火災保険を選ぶ秘訣

分譲マンションの火災保険を安くする選び方の秘訣

分譲マンションの火災保険を安くする選び方の秘訣

火災保険の契約に必要な書類一覧のまとめ

火災保険の契約に必要な書類一覧のまとめ