火災保険の相場はもちろん、基礎知識や選び方、安くする方法に至るまでわかりやすく解説

火災保険の相場ガイド

火災保険の選び方

新築住宅の火災保険料はどれくらいかかる?

新築住宅の火災保険料はどれくらいかかる?

新築の一戸建て住宅や分譲マンションを購入したら、次は火災保険の加入を検討しましょう。

新築物件の購入で、出費も多くなるべく火災保険料は安く抑えたいですよね?

ここでは、新築物件における火災保険料がどのくらい必要なのか、調査してみました。

一戸建てとマンションで火災保険料が大きく異なる

一戸建てとマンションとでは、火災保険料に大きな差が出ます。

その理由として一戸建ての場合、火災保険の対象が「建物」と「家財」の両方備えるのに対して、マンションは「家財」のみ備えればいいからです。

マンションの建物は、管理組合がまとめて火災保険に加入しているので、個人で建物の補償をつける必要がありません。

一戸建ても「建物」または「家財」のどちらか一方だけ、火災保険に加入することも、もちろん可能です。

しかし万が一のリスクを考えると、建物と家財の両方に火災保険をかけた方がいいでしょう。

火災保険料はどのくらい差が出るのか?

一戸建てとマンションを比較した場合、火災保険料にどのくらいの差が出るのでしょうか?

仮に10年長期契約した場合、一戸建ては約20万円ほどで、マンションは約4万円程度となります。

一戸建ては建物の補償がある分、火災保険料が高くなります。

少しでも火災保険料を安くするには比較が重要

火災保険料を少しでも安くするには、各保険会社から見積書を依頼して比較することが大切です。

複数の火災保険の見積書が届くことで、同じ補償内容で比較できる上、火災保険料も一番安い会社をすぐに見つけることができます。

さらに火災保険会社によって、新築物件割引などのサービスがあったり、その他の割引なども充実しているところもあります。

火災保険に加入するときは、まず複数社から火災保険の見積書を依頼するようにしましょう。

まとめ

火災保険の保険料は、住んでいる地域や建物の状態などによって算出されます。

そのため一概にあなたの家の火災保険料はこれくらいですと言い切れないのです。

正確に火災保険料を知るためにも、必ず見積書を作成してもらうようにしましょう。

複数社からまとめて見積書を作成してもらうのであれば、火災保険一括見積もりサービスを利用すると、無料で簡単に最適な見積書が届くので、効率よく依頼したい人にオススメです。

Copyright© 火災保険の相場ガイド , 2019 All Rights Reserved.