損保ジャパン日本興亜の火災保険 | 特徴と見積もり先のご案内

損害保険ジャパン日本興亜の火災保険は、自然災害における損害だけではなく、様々な損害について補償してくれるのが特長ですね。

火災、落雷、風災、水災といったもの以外にも、漏水などによる水濡れであったり、突発的な事故などなど多くのことに対応しているので、自分の都合にあわせた補償内容を選択することができます。

また、基本的に損害保険ジャパン日本興亜の火災保険の補償内容となるのは建物が対象となるので、家具や家電製品などの家財については別の保険契約をしないといけないので覚えておくと良いでしょう。

損害保険ジャパン日本興亜の特長としては、保険契約時に建物の評価を行い、その時の評価額を維持してくれます。

この評価額に基づいて万が一に損害を受けた時には保証金が支払われることになるので、しっかりと保険金を支払ってもらうことができるのです。

一般的な火災保険の場合、保険金の支払時に再度建物の評価を行います。

建物の評価は築年数などによって大きく左右されるものなので、契約時から時間が経過していればいるほど価値が下がってしまう仕組みです。

ですので、思っていたよりも保証金が支払われなかったなどのケースがあるのですが、損害保険ジャパン日本興亜の火災保険ではそうしたこともありません。

仮に全焼した場合ですと、保険契約時の評価額が全額補償されますし、半焼であれば損害額を補償してくれるのでお得です。

もう1つ、損害保険ジャパン日本興亜の特長としてはすべてのプランにおいて無料サービスが付帯してくることですね。

日常生活での住まいのトラブルなどで困っている時に、専門業者を手配しての応急処置などを行ってくれます。

また、防犯機能をアップさせるための応援サービスや、健康や医療に関する相談、介護関連の相談サービスも行っていて、24時間365日受付してくれていますので、とても心強いですね。

他にも予約制とはなりますが、住宅に関すること、法律に関すること、税務に関することの相談サービスもあるので、いざという時には役立ってくれるでしょう。

利用者数が多い人気の火災保険一括見積もりサービス一覧

年間見積もり件数が多いこと取り扱い火災保険が10社以上あることを条件にランク付けした、「火災保険一括見積もりサービス」一覧です。

火災保険一括見積もりサービスによって、見積もりに含まれる補償内容など異なるケースもあります。なぜなら、保険のプロによって提案の切り口が違うためです。

いろんな提案の見積書を比較したい場合は、2つ以上のサービスを利用することで、具体的な補償内容や保険料を知ることができるため、あなたの希望に近い火災保険が見つけやすくなるメリットがあります。

火災保険料で損をしないためにも、必ず複数社から見積書を作成してもらい比較するようにしましょう。

価格.com 保険

年間見積もり件数30万件突破!安い火災保険が見つかる価格.com保険

価格.com保険の火災保険一括見積もり

国内最大のNo1比較サイト価格.com保険は、大手火災保険会社12社から比較ができます!
また、あなたのご要望に合った火災保険の見積書を無料で作成してくれます。
最短で登録の翌日中に見積もりの案内が可能!
複数社の中から安い火災保険を見つけたい方におススメです!

価格.com保険の詳細を見てみる!

インズウェブ

住宅購入を検討中でも対応!安くてお得な火災保険が分かるインズウェブ

インズウェブの火災保険一括見積もり

インズウェブ火災保険一括見積もりサービスは、大手火災保険会社を含む最大10社から一括で見積もりが可能です!
また、SBIホールディングスが運営元なので信頼と安心感が大きいのも魅力の一つです。
なるべく多くの保険会社から火災保険の見積書を貰いたい方におススメです!

インズウェブの詳細を見てみる!

住宅本舗

大幅に保険料が節約できた実例あり!住宅本舗

住宅本舗の火災保険一括見積もり

住宅本舗の火災保険一括見積は、大手火災保険会社10社から比較することができます!
住宅本舗では、保険代理店と提携しており、あなたの要望に最適な火災保険のプランを提案してくれます。

住宅本舗の詳細を見てみる!

関連記事

NO IMAGE

三井住友海上の火災保険 | 特徴と見積もり先のご案内

NO IMAGE

AIUの火災保険 | 特徴と見積もり先のご案内

NO IMAGE

朝日火災の火災保険 | 特徴と見積もり先のご案内

NO IMAGE

東京海上日動火災の火災保険の特徴と見積もり方法

NO IMAGE

共栄火災の火災保険 | 特徴と見積もり先のご案内

NO IMAGE

あいおいニッセイ同和損保の火災保険 | 特徴と見積もり先のご案内