構造級別とは?T構造・H構造・M構造を判別する方法

火災保険の構造級別を判別する方法

構造級別とは、建物の構造のことを指します。

火災保険料を算出するには、建物の構造を伝える必要があります。
なぜなら、火災保険は建物の構造によって火災のリスクが異なることで、火災保険料に影響するからです。

建物の構造がコンクリートや鉄骨構造であれば、火災のリスクが低いと判断され、木造であれば火災のリスクが高いと判断されます。

火災保険料を算出する基本情報として、建物の構造つまり「構造級別」は必須の情報となります。

この記事では、構造級別を判別する方法について紹介していきます。

構造級別とは

「構造級別」をもっと具体的にいうと、住宅の柱が何の材料を使って建てられているのか、ということです。

なぜ火災保険に加入するときに構造級別を聞くのかというと、コンクリートや鉄骨構造、木材といった材質の違いで、火災や災害時のときに生じる損害の差が出るためです。

住宅物件の構造級別は大きく3つに分類することができます。

  1. T構造
  2. H構造
  3. M構造

また、一般物件(店舗併用住宅)であれば、1級から3級といたかたちで分類されます。

ただし、これらの構造級別や名称などが各火災保険会社によって多少異なるので注意しましょう。

構造級別の判別方法

自分の住んでいる建物の構造級別を判断する方法として、まずは共同住宅であるかどうかを判断しましょう。

共同住宅の構造級別方法

マンションやアパートに住んでいる方は、次に建物がコンクリート造りなのかを調べます。

共同住宅でコンクリート造りならば、構造級別はM構造、つまりマンション構造ということになります。

コンクリート造りではなかったとしても、その建物が「耐火建築物」ならば、M構造です。

共同住宅でコンクリート造りや耐火建築物ではなく、「鉄骨造」であるならばT構造、つまり耐火構造であると判断されます。

また、「準耐火建築物」や「省令準耐火建物」である場合もT構造となり、上記のどれにも当てはまらなければH構造となります。

一戸建て住宅の構造級別方法

共同住宅ではなくて、一戸建て住宅に住んでいる場合はT構造かH構造のどちらかになります。

一戸建ては「鉄骨造」や「コンクリート造り」であれば、耐火構造であるT構造です。

耐火建築物」や「準耐火建築物」、「省令準耐火建築物」であると判断されたら、その一戸建て住宅もT構造となります。

どれにも当てはまらない場合は、その他の構造であるH構造として保険料が決まります。

火災保険の構造級別判別フローチャート

上記の説明をフローチャート形式にすると次のようになります。
こちらを参考にして、構造級別を確認してみてください。

構造級別判別フローチャート

出典:価格.com 保険

※1 コンクリート造は、鉄筋コンクリート造(RC造)、鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)、コンクリートブロック造、れんが造、石造を含みます。
※2 鉄骨造(S造)は、鉄骨ALC造を含みます。
※3 一定の耐火性能を持つ建築物のことで、建築確認申請書の『(第四面) – 【5.耐火建築物】』の欄にてご確認ください。建築確認申請書は、通常、物件の引渡し時に受け取りますが、引渡し前に書類が必要な場合は、施工業者または販売会社に連絡することでコピー等をもらうことができます。建築確認申請書にて確認できない場合は、施工業者・住宅販売会社等にご確認ください。
※4 省令準耐火建物は、独立行政法人住宅金融支援機構法(旧:住宅金融公庫法)および省令に定める一定の耐火性能を有する建物のことで、書面では確認できない場合が多いです。その場合は、施工業者・住宅販売会社等にご確認ください。

まとめ

構造級別によって、火災保険の保険料が変わってきます。
また同じ構造であっても、保険会社によって火災保険料が大きく異なることもあるのです。

火災保険は、保険会社同士で差別化をはかっており、独自の割引制度を設けているところもあります。

そのため火災保険の見積書を作成してもらう場合は、かならず複数社から見積書を依頼してください。

そして届いた見積書に記載された内容を、比較することで一番お得な火災保険を把握することが可能です。

オススメの火災保険一括見積もりサービス

火災保険を選ぶ上で重要なことは、複数社から見積書を依頼して比較することです。
なぜなら同じ補償内容でも、火災保険会社が違うだけで保険料に大きな差が生まれるからです。

火災保険料を算出するには、建物情報や所在地など数多くの項目を入力しなけれいけません。
もし1社ずつ依頼するとかなりの時間がかかる上、依頼した保険会社の数だけやり取りをする必要があります。

しかし火災保険一括見積もりサービスを活用することで、1度の依頼で条件に合った複数社からの見積書を、まとめて受け取ることができるのです。
また窓口も1つになるので、やり取りもスムーズに行うことができます。

当サイトで掲載している火災保険一括見積もりサービスは、取扱火災保険が10社以上あることを条件にしています。
なぜなら数が多いほど、条件に合った火災保険が見つかりやすいからです。
もちろん同じ補償内容で保険料を比較することもできるので、一番安い火災保険を見つけやすくなるメリットもあります。

とくに火災保険料を安くしたい人や、簡単な手続きで見積書を作成してもらいたい人は「イッカツ」と「価格.com 保険」がオススメです。
どちらも強引な勧誘がなく、入力手続きも3~5分程度で完了。

2つのサービスから火災保険の見積書を作成してもらうことで、あなたの希望する条件に適した火災保険が絞りやすくなります。

最適な補償内容を知りたい人や、一番安い火災保険料を知りたい人はぜひ活用してみてくださいね。

イッカツ
イッカツ

プロが作成した見積書の比較で約20万円の節約できた実績あり!
イッカツの火災保険一括見積もりサービス

イッカツの火災保険一括見積もりサービスは、大手火災保険会社12社から、あなたの希望する条件に適した火災保険の見積書を作成してくれます。

イッカツは大手保険代理店と提携しているので、見積書の作成は火災保険のプロが対応。火災保険の知識がなくても、親切丁寧に案内してくれるので安心して比較することができます。

初めて火災保険に加入する人や、親切な対応を望んでいる人にオススメです。

詳細レビューを見てみる 公式サイトを見てみる

取扱保険会社数 12社:
担当者の対応 丁寧・親切:
見積もりスピード 速い:
おすすめ度
価格.com 保険
価格.com 保険

年間見積もり件数30万件突破!
最適な火災保険が見つかる価格.com保険

価格.com 保険の火災保険一括見積もりでは、大手火災保険会社12社から最適な火災保険を選別して見積書を作成してくれます。
見積書を依頼してから最短で、翌日に見積書を確認することが可能。

とくに見積書を早急に取り寄せたい人にオススメです。

詳細を見てみる 公式サイトを見てみる

取扱保険会社数 12社:
担当者の対応 普通:
見積もりスピード とても速い:
おすすめ度
インズウェブ
インズウェブ

住宅購入を検討中でも対応!
お得な火災保険が分かるインズウェブ

インズウェブ火災保険一括見積もりサービスは、大手火災保険会社を含む最大10社から一括で見積もりが可能です!
また、SBIホールディングスが運営元なので信頼と安心感が大きいのも魅力の一つです。

大手企業が運営しているところが安心できるからいいと思う人にオススメです。

詳細を見てみる 公式サイトを見てみる

取扱保険会社数 10社:
担当者の対応 普通:
見積もりスピード やや遅い:
おすすめ度

関連記事

火災保険を安い保険料にする3つの秘訣と選び方

火災保険料を安くする3つのポイントとは?

【火災保険の選び方】失敗しないための具体的なポイント7つ

火災保険の選び方で失敗しない7つのポイント

火災保険で大雨や豪雨による損害を補償する条件とは?

火災保険で大雨や集中豪雨による損害を補償する条件とは?

火災保険の見積もりがまとめてできる方法!最短で翌日確認可能

火災保険の見積もりがまとめてできる方法!最短で翌日確認可能

火災保険が安いおすすめの保険会社はどこ?

火災保険が安いおすすめの保険会社はどこ?

火災保険いくら払ってる?気になる火災保険料を徹底調査

火災保険いくら払ってる?気になる火災保険料を徹底調査