火災保険の相場ガイド

火災保険の相場はもちろん、基礎知識や選び方、安くする方法に至るまでわかりやすく解説

火災保険の基礎知識

火災保険の契約に必要な書類一覧のまとめ

更新日:

火災保険の契約に必要な書類一覧のまとめ

火災保険に加入したいとき、生命保険と異なる部分があります。

それが、火災保険を契約するにあたって必要となる書類一式です。

ですから、火災保険に加入したいからといって、すぐに手続きをして即完了という単純作業でないため、なるべく契約日まで余裕をもって早めに手続きすること大切です。

今回は、火災保険の見積書作成するときに必要な書類と火災保険に加入するときに必要な書類をそれぞれご紹介します。

火災保険の契約に必要な書類

火災保険の契約に必要な書類というのは、「保険対象の住宅の住所を証明できるもの」、「建築年月を証明できるもの」、「構造や面積を証明できるもの」などです。

これらのことを証明できる書類は以下のような書類となります。

  • 建築確認申請書
  • 確認済証
  • 検査済証
  • 住宅性能評価表
  • 全部事項証明書
  • 仕様書
  • 図面

一般的にこれらの書類があれば、火災保険に加入することができます。

ただ、建物構造および耐火性能に関する必要書類に関しては、加入する保険会社によってことなるので、契約窓口となる保険代理店へ確認しましょう。

火災保険の見積もり依頼で必要な書類

まず火災保険の見積もりを依頼するときは、自宅の構造や築年数、住んでいる地域などによって火災保険料が変わってくるので正確な情報が必要となります。

見積もりを依頼するときには次の2つの書類がが手元にあるとスムーズに依頼できます。

  • 建築確認申請書
  • 住宅性能評価書

建築確認申請書とは

建築確認申請書とは

「建築確認申請書」は、建物を建築する時に、役所または民間の建築確認検査機関に提供して、建築基準法・条例等に適合しているかを確認するための書類です。

書類は通常施工業者または販売会社が保管しており、物件の引渡し時に受け取ることが多いです。

しかし、火災保険の加入日は物件引き渡し日から契約するのが一般的なので、もっと前に建築確認申請書が必要になります。

ですが、火災保険の加入などで、物件の引渡し前に書類が必要な場合に限っては、施工業者または販売会社に連絡することでコピー等をもらうことができるので連絡して受け取りましょう。

住宅性能評価書とは

住宅性能評価書とは

「住宅性能評価書」は、住宅の性能を法律に基づいた一律の基準で評価・表示するために作られた書類です。

住宅性能評価書は2種類あり、住宅設計段階で発行される「設計住宅性能評価書」と、完成時に発行される「建設住宅性能評価書」があります。

マンションの場合は、マンション全体で評価を受けていれば、別途取得費用はかかりません。

書類は通常、施工業者または販売会社が保管しており、物件の引渡し時に受け取ることが多いです。

こちらの書類についても、火災保険の加入などで、物件の引渡し前に書類が必要な場合は、施工業者または販売会社に連絡することでコピー等ををもらうことができるので連絡して受け取りましょう。

火災保険料が決まる基準

火災保険料が決まる基準

火災保険の保険料は、住所、建物の構造、延床面積といった3つの項目で大きく異なるので、それを確認するためにこれらの書類が必要になります。

お住まいの住所が自然災害の多い場所だったり、盗難などの事件が多い場所の場合は他の地域よりも保険料が高くなりますし、逆に自然災害が少ないような場所だと保険料が安くなります。

また、建物の構造が燃えやすかったり、壊れやすい場合は保険料が高くなりますし、逆に壊れづらく燃えづらい住宅であれば保険料が安くなります。

このように保険金を支払う可能性が高いのか低いのかで保険会社は保険料を設定するので、一人一人保険料が異なるのだと思ってください。

そのため、正しく保険料を設定するために、先ほどご説明した書類が必要になってくるという訳です。

先に火災保険を絞ってから書類を準備する

火災保険会社によって、契約する時に必要な資料が異なってきます。

まずは3社程度まで火災保険を絞ってから、各社必要な書類を確認するのが一番効率のよく進めることができます。
また、複数社の火災保険見積書が揃うことで補償の違いや、保険料の比較などが簡易的に見ることが可能です。

火災保険一括見積もりサービスを活用することで、複数社からまとめて見積書が届くので、効率よく見積書を作成したい人は利用してみてください。

オススメの火災保険一括見積もりサービス

当サイトで掲載している火災保険一括見積もりサービスは、取扱火災保険が10社以上あることを条件にしています。
なぜなら数が多いほど、条件に合った火災保険が見つかりやすいからです。
もちろん同じ補償内容で保険料を比較することもできるので、一番安い火災保険を見つけやすくなるメリットもあります。

とくに火災保険料を安くしたい人や、簡単な手続きで見積書を作成してもらいたい人は「イッカツ」と「価格.com 保険」がオススメです。
どちらも強引な勧誘がなく、入力手続きも3~5分程度で完了。
火災保険料の相場だけ知りたい人も、もちろん利用することができます。

2つのサービスから火災保険の見積書を作成してもらうことで、あなたの希望する条件に適した火災保険が絞りやすくなります。

一番安い火災保険料を知りたい人や、最適な補償内容を知りたい人はぜひ活用してみてくださいね。

イッカツ

プロが作成した見積書の比較で約20万円の節約できた実績あり!
イッカツの火災保険一括見積もりサービス

イッカツの火災保険一括見積もりサービスは、大手火災保険会社12社から、あなたの希望する条件に適した火災保険の見積書を作成してくれます。

イッカツは大手保険代理店と提携しているので、見積書の作成は火災保険のプロが対応。火災保険の知識がなくても、親切丁寧に案内してくれるので安心して比較することができます。

初めて火災保険に加入する人や、親切な対応を望んでいる人にオススメです。

取扱保険会社数12社:
担当者の対応丁寧・親切:
見積もりスピード速い:

価格.com 保険

年間見積もり件数30万件突破!
最適な火災保険が見つかる価格.com保険

価格.com 保険の火災保険一括見積もりでは、大手火災保険会社12社から最適な火災保険を選別して見積書を作成してくれます。
見積書を依頼してから最短で、翌日に見積書を確認することが可能。

とくに見積書を早急に取り寄せたい人にオススメです。

取扱保険会社数12社:
担当者の対応普通:
見積もりスピードとても速い:

インズウェブ

住宅購入を検討中でも対応!
お得な火災保険が分かるインズウェブ

インズウェブ火災保険一括見積もりサービスは、大手火災保険会社を含む最大10社から一括で見積もりが可能です!
また、SBIホールディングスが運営元なので信頼と安心感が大きいのも魅力の一つです。

大手企業が運営しているところが安心できるからいいと思う人にオススメです。

取扱保険会社数10社:
担当者の対応普通:
見積もりスピードやや遅い:

-火災保険の基礎知識
-

Copyright© 火災保険の相場ガイド , 2018 All Rights Reserved.