火災保険の契約に必要な書類一覧のまとめ

火災保険の契約に必要な書類一覧のまとめ

火災保険に加入したいとき、生命保険と異なる部分があります。

それが、火災保険を契約するにあたって必要となる書類一式です。

ですから、火災保険に加入したいからといって、すぐに手続きをして即完了という単純作業でないため、なるべく契約日まで余裕をもって早めに手続きすること大切です。

今回は、火災保険の見積書作成するときに必要な書類と火災保険に加入するときに必要な書類をそれぞれご紹介します。

火災保険の見積もり依頼で必要な書類

まず火災保険の見積もりを依頼するときは、自宅の構造や築年数、住んでいる地域などによって火災保険料が変わってくるので正確な情報が必要となります。

見積もりを依頼するときには次の2つの書類がが手元にあるとスムーズに依頼できます。

  • 建築確認申請書
  • 住宅性能評価書

建築確認申請書

建築確認申請書

建築確認申請書」は、建物を建築する時に、役所または民間の建築確認検査機関に提供して、建築基準法・条例等に適合しているかを確認するための書類です。

書類は通常施工業者または販売会社が保管しており、物件の引渡し時に受け取ることが多いです。

しかし、火災保険の加入日は物件引き渡し日から契約するのが一般的なので、もっと前に建築確認申請書が必要になります。

ですが、火災保険の加入などで、物件の引渡し前に書類が必要な場合に限っては、施工業者または販売会社に連絡することでコピー等をもらうことができるので連絡して受け取りましょう。

住宅性能評価書

住宅性能評価書

住宅性能評価書」は、住宅の性能を法律に基づいた一律の基準で評価・表示するために作られた書類です。

住宅性能評価書は2種類あり、住宅設計段階で発行される「設計住宅性能評価書」と、完成時に発行される「建設住宅性能評価書」があります。

マンションの場合は、マンション全体で評価を受けていれば、別途取得費用はかかりません。

書類は通常、施工業者または販売会社が保管しており、物件の引渡し時に受け取ることが多いです。

こちらの書類についても、火災保険の加入などで、物件の引渡し前に書類が必要な場合は、施工業者または販売会社に連絡することでコピー等ををもらうことができるので連絡して受け取りましょう。

火災保険の契約に必要な書類

火災保険の契約に必要な書類というのは、「保険対象の住宅の住所を証明できるもの」、「建築年月を証明できるもの」、「構造や面積を証明できるもの」などです。

これらのことを証明できる書類は以下のような書類となります。

  • 建築確認申請書
  • 確認済証
  • 検査済証
  • 住宅性能評価表
  • 全部事項証明書
  • 仕様書
  • 図面

一般的にこれらの書類があれば、火災保険に加入することができます。

ただ、建物構造および耐火性能に関する必要書類に関しては、加入する保険会社によってことなるので、契約窓口となる保険代理店へ確認しましょう。

火災保険料が決まる基準

火災保険の保険料は、住所、建物の構造、延床面積といった3つの項目で大きく異なるので、それを確認するためにこれらの書類が必要になります。

お住まいの住所が自然災害の多い場所だったり、盗難などの事件が多い場所の場合は他の地域よりも保険料が高くなりますし、逆に自然災害が少ないような場所だと保険料が安くなります。

また、建物の構造が燃えやすかったり、壊れやすい場合は保険料が高くなりますし、逆に壊れづらく燃えづらい住宅であれば保険料が安くなります。

このように保険金を支払う可能性が高いのか低いのかで保険会社は保険料を設定するので、一人一人保険料が異なるのだと思ってください。

そのため、正しく保険料を設定するために、先ほどご説明した書類が必要になってくるという訳です。

先に火災保険を絞ってから書類を準備する

火災保険会社によって、契約する時に必要な資料が異なってきます。

まずは3社程度まで火災保険を絞ってから、各社必要な書類を確認するのが一番効率のよく進めることができます。

「価格.com保険」では、各火災保険会社の相場を比較するシミュレーションがあるので利用してみるといいでしょう。
10社の火災保険料相場を比較してみる

各火災保険保険会社の補償の違いや保険料の比較などが簡易的に見ることができます。

また、無料で複数社の見積書も作成してくれるので、見積書を参考にすると火災保険会社も絞りやすくなりますよ!

ネット依頼ひとつで複数社の見積書が届く!人気の火災保険一括見積もりサービス

年間見積もり件数が多いこと取り扱い火災保険が10社以上あることを条件に該当する「火災保険一括見積もりサービス」です。

人気のある火災保険やオススメの火災保険を抑えるなら、「価格.com 保険」と「インズウェブ」の両社で見積書依頼をすれば、あなたに最適な火災保険を把握することが可能です。
また、2社とも強引な勧誘などがないので安心して依頼することができます。

火災保険料で損をしないためにも、必ず複数社から見積書を作成してもらい比較するようにしましょう。

価格.com 保険

年間見積もり件数30万件突破!安い火災保険が見つかる価格.com保険

価格.com保険の火災保険一括見積もり

国内最大のNo1比較サイト価格.com保険は、大手火災保険会社12社から比較ができます!
また、あなたのご要望に合った火災保険の見積書を無料で作成してくれます。
最短で登録の翌日中に見積もりの案内が可能!
複数社の中から安い火災保険を見つけたい方におススメです!

価格.com保険の詳細を見てみる!

インズウェブ

住宅購入を検討中でも対応!安くてお得な火災保険が分かるインズウェブ

インズウェブの火災保険一括見積もり

インズウェブ火災保険一括見積もりサービスは、大手火災保険会社を含む最大10社から一括で見積もりが可能です!
また、SBIホールディングスが運営元なので信頼と安心感が大きいのも魅力の一つです。
なるべく多くの保険会社から火災保険の見積書を貰いたい方におススメです!

インズウェブの詳細を見てみる!

住宅本舗

大幅に保険料が節約できた実例あり!住宅本舗

住宅本舗の火災保険一括見積もり

住宅本舗の火災保険一括見積は、大手火災保険会社10社から比較することができます!
住宅本舗では、保険代理店と提携しており、あなたの要望に最適な火災保険のプランを提案してくれます。

住宅本舗の詳細を見てみる!

関連記事

火災保険で建物保険金額を設定するコツ

火災保険で建物保険金額を設定するコツ

火災保険で土砂災害による被害は補償されるのか?

火災保険で土砂災害(土砂崩れ)による被害は補償されるのか?

火災保険で出る保険金はどのような災害が対象なのか?実例を紹介

火災保険で出る保険金はどのような災害が対象なのか?実例を紹介

分譲マンションの火災保険を安くする選び方の秘訣

分譲マンションの火災保険を安くする選び方の秘訣

落雷は火災保険の対象になるの?

落雷による修繕費用は火災保険の補償対象になるの?

新築だと火災保険料が割引される秘訣!失敗しない火災保険の選び方

新築だと火災保険料が割引される秘訣!失敗しない火災保険の選び方