火災保険の相場ガイド

火災保険の相場はもちろん、基礎知識や選び方、安くする方法に至るまでわかりやすく解説

火災保険の基礎知識

短期で加入できる火災保険のメリットとデメリット

更新日:

短期で加入できる火災保険のメリットとデメリット

一戸建て住宅やマンションなどを購入したり、賃貸物件を借りたときに必要となるのが火災保険です。

住む人の目的によって、火災保険を短期間だけ加入したい人もいるかと思います。
また、長期契約か短期契約で悩む人も多いです。

この記事では、火災保険の短期加入について紹介していきます。

火災保険を安くするなら必ず一括見積もりサイトを活用すること

火災保険の見積書を作成するときは、
必ず一括見積もりサイトを活用しましょう!

火災保険は10社以上あり、
同じ条件でも火災保険料が
20万円以上も差が出ることもあるのです。

一括見積もりサイトを使うことで
10社以上の火災保険会社から
複数社の見積書を作成してくれます。

そのため届いた見積書を比較するだけで
最安値の火災保険が簡単に見つかるのです。





火災保険を短期期間だけ加入するケース

火災保険を短期間だけ加入するケースは次のようなことが考えられます。

  • 賃貸物件を借りる
  • 家の取り壊し日までの繋ぎ
  • 新しい住居へ引っ越すまで繋ぎ など

火災保険の加入期間は、1~10年までなっており、契約期間が満期になったら更新する流れとなっています。

一部の火災保険では、2年以上からと契約期間が決まっているところもあるため、最適な火災保険を見つけるためには複数社の見積書を作成して比較することが大切です。

また、賃貸物件に関しては、賃貸専用の火災保険も充実しており、最近ではインターネット上で契約手続きができる火災保険も増えてきています。

ただし、インターネット専用だからといって自動車保険のように必ずしも一番安いというワケではないので、注意が必要です。

賃貸用の火災保険に関しては、複数社の商品を比較するようにしましょう。

1年未満で火災保険に加入したい場合

基本的に火災保険は、1年以上からの契約期間がほとんどです。
また支払い方法も、一括支払いが多いので、火災保険の商品ごとに確認をする必要があります。

もし1年未満で火災保険を契約するのであれば、一旦1年間契約をします。
火災保険は途中解約が可能なため、必要な期間がカバーできたら解約手続きすることで1年未満での契約も可能にすることができます。

もちろん、すでに1年分の火災保険料を支払っている場合は、残りの期間に応じて支払った料金が戻ってきます。

これを解約返戻金といいます。

ですから、上手に解約返戻金を活用することが短期で火災保険に契約するための重要なポイントとなるわけです。

ちなみに、契約者から火災保険会社に解約の有無を伝えて申請手続きをしなければ、解約返戻金が支払われないので、忘れずに連絡するようにしましょう。




短期で火災保険に加入するときのデメリット

まず、短期で火災保険に加入したさいにデメリットとなるのが、長期割引が適用されない点です。

1年ごとに火災保険を見直して再契約するよりも、10年契約で一括支払いした方が長期割引が適用されで、火災保険料がお得になります。

また、毎年更新手続きを行わないといけないので、忙しさのあまりに更新を忘れて無保険のままになってしまうリスクも考えられます。

その上、毎年手続きをする手間が発生するので少々面倒くさいと感じることもあるでしょう。

短期で火災保険に加入するメリット

短期で火災保険に加入するメリットは、契約時にまとまった資金を用意する必要性がない点です。

長期割引を適用するには、一括で支払う条件が付くため、ある程度まとまった資金が必要となります。

また、短期契約をすることで、火災保険を見直す機会が作れるため、家族が増えたりしたときに家財の補償金額を増額したり、リフォームでオール電化したとき、オール電化割引が適用される火災保険会社に切り替えやすくなるメリットもあります。




万が一のために資金を残したい場合は短期契約にする

火災保険は確かに、長期契約をすれば割引が適用されて火災保険料がお得になります。

しかし、子供の学費確保や万が一の時に備えて、ある程度の資金は蓄えて起きたいことがあるはずです。

そういった場合は、無理して長期契約をせず、まずは短期契約をして今の家計状況を優先するようにしましょう。

そして、ある程度資金に余裕ができたら、次回の更新時に改めて火災保険を見直して、そのときに長期契約を結んだほうが、日常生活する上でお金の不安を軽減することができます。

まとめ

火災保険は短期か長期かで悩んだときは、まずは今ある資金がどれくらい残っているのか把握しておくようにしましょう。

また、子供がいる家庭では、ライフプランニングを作成し、どの年にどのくらいの資金が必要か予めシミュレーションしておくと、短期契約にすべきかどうかの判断がしやすくなります。

例え、長期契約をして資金が不足してしまいそうな時は、途中解約をして残った期間分の保険料が返還されるので、そのあと、改めて火災保険の見直しをするといいでしょう。




-火災保険の基礎知識
-

Copyright© 火災保険の相場ガイド , 2018 All Rights Reserved.