火災保険で竜巻被害は補償対象になるの?

火災保険で竜巻被害は補償対象になるの?

最近、竜巻による被害がニュースなどで取り上げられているため、火災保険の補償対象に竜巻被害も含まれるのか気になる人も多いのではないでしょうか。

一見、火災保険は火事による損害を補償する保険というイメージが強いため、これ以外で受けた損害は含まれないと思っている人は多いですが、そんなことはありません。

火災保険の竜巻被補償について

火災保険で補償されるのは、火災はもちろん、落雷、破裂、爆風、風災、ひょう災、雪災、消防による水漏れなどといったケースです。

風災というのは、強風による災害のことを指しており、竜巻はこの風災に当てはまるため、火災保険の補償対象内といえます。

竜巻被害は火災保険の補償対象外という印象が強いですが、このようにしっかりと補償に含まれているので、万が一竜巻によって損害を受けた場合は保険会社に連絡にしてください。

また、加入している火災保険の種類によっては、台風による洪水なども補償対象内になっているものもあるので、自分がどのような内容の保険に加入しているのか分からない人は、一度保険会社に確認をしてみましょう。

また、火災保険を選ぶコツについては「火災保険の選び方」の記事で詳しく解説しているので、ご参照ください。

地震による補償は対象外

そして、気をつけていただきたいのが、火災保険では地震による損害の補償は対象外になっているということです。

火災保険は地震による損害もしてくれると思っている人が多いですが、実はそうではなく、地震保険と火災保険は別になっているのです。

例えば、地震が原因で火事が起きた時は地震保険によってしか補償されないので、火災保険だけでは補償してもらないのです。

そのため、地震が原因による損害を補償したい場合は、地震保険に加入する必要があるので、気をつけてください。

竜巻被害を風災などとひとくくりしている火災保険の約款が多いため、どのような損害まで補償してくれるのかいまいち理解していない契約者もいるでしょう。

理解が不十分な状態のままだともし何かあった場合にすぐに対応することができないため、万が一のことが起きる前にしっかりと気になることは保険会社に問い合わせてください。

関連記事

家財保険の対象と適用範囲に含まれるものを徹底調査!

家財保険の対象と適用範囲に含まれるものを徹底調査!

店舗の火災保険と保険料相場の算出基準

店舗の火災保険と保険料相場の算出基準

火災保険の構造級別を判別する方法

構造級別とは?T構造・H構造・M構造を判別する方法

床下浸水と床上浸水で火災保険は支払われる?

床下浸水と床上浸水で火災保険は支払われる?

マンションの火災保険の相場はいくら?簡単に保険料を把握する秘訣

マンションの火災保険の相場はいくら?簡単に保険料を把握する秘訣

火災保険を途中解約することができるの?気になる契約ルールを調査

火災保険を途中解約することができるの?気になる契約ルールを調査