火災保険の相場はもちろん、基礎知識や選び方、安くする方法に至るまでわかりやすく解説

火災保険の相場ガイド

火災保険の選び方

店舗の火災保険と保険料相場の算出基準

更新日:

店舗の火災保険と保険料相場の算出基準

店舗を運営するにあたり、まずはじめにリスク管理が非常に重要になります。

これから初めて店舗を運営する場合や、それなりに店舗経営が軌道に乗り始めてきた際には「保険」の加入が重要となってきます。

もちろん何事も無く店舗経営していくことが出来ればそれに越したことはありません。

しかし、特定の場所に店を開いて運営をしつづける場合、隣接する店舗からのもらい火や窃盗や放火などをはじめとして、様々なリスクが発生することが考えられます。

このようなリスクは店舗経営が中長期的になればなるほど無視できない存在になっていきます。

知らなきゃ損!
一括見積もりサイトの活用でお得な火災保険を選択

火災保険の見積書を作成するときは、
必ず一括見積もりサイトを活用しましょう!
火災保険は10社以上あり、
同じ条件でも火災保険料が
20万円以上も差が出ることもあるのです。

一括見積もりサイトを使うことで
10社以上の火災保険会社から
複数社の見積書を無料で作成。

そのため届いた見積書を比較するだけで
お得な火災保険が簡単に見つかります!

店舗用火災保険の保険料相場

店舗用火災保険の保険料相場

火災保険料を決定するのは「事業内容」と、「延べ床面積」の合計によって算出されてきます。

例えば事業内容が飲食店であり、延べ床面積は100平米、補償の対象は設備や什器などのみで最大2千万円までというような条件だと、一年間の契約で4万円から5万円程度というのが一般的な相場です。

延べ床面積が50平米程度のごく小さな飲食店の場合はこれよりも下がり、補償内容をそのままで考えると、一年間の契約で3万円から4万円程度になるのが一般的といえるでしょう。

では事務所の場合はどうかというと、飲食店の場合よりも1万5千円ほど安い金額で契約できるというのが一般的です。

つまり100平米の事務所であり、補償対象は設備などで最大2千万円とすると、3万円から4万円の範囲内に収まるという形になります。

ここまでで述べた例はあくまでも「設備」や「什器」に関する補償のみであり、もしその物件が賃貸物件であり、建物自体の火災保険が必要になるというような場合には、これにさらに1万円程度が上乗せされる形になります。

火災保険は、建物の条件や補償対象によって保険料が決まります。
正確な火災保険料を把握するために、必ず複数社から見積書を作成してもらい、比較するようにしましょう。

店舗の火災保険に加入する重要性

店舗の火災保険に加入する重要性

中でも特に大切にしたい保険のひとつが「火災保険」です。

「店舗内で火を使うつもりは無い」というようなケースであっても、先ほど説明した放火やもらい火などのリスクが考えられるので、最低限の保険として火災保険は非常に重要となります。

火災保険を選ぶ際にはコストバランスや、必要な補償に対してにリスク管理をするためにも「保険料相場」を理解しておきたいです。

では、火災保険の相場とはどのようにして知ることができるのでしょうか。

火災保険料の算出基準

火災保険料の算出基準

火災保険料は基本的に、これから利用しようとしている火災保険会社によって変わってくるものです。

そして一般的には、飲食店などで「火気」を使う必要があるというような場合には若干高額となり、事務所などで火気の使用を想定していないという場合には割安になる傾向があります。

しかし繊維製品など火気には直接関係は無いものの、万が一火災が発生した場合には被害が拡大しやすい商品を取り扱っている場合などは、喫茶店などの火気を使用する店舗と比較すると若干安いですが、事務所などと比べると高くなるのが通常です。

まとめ

しかし注意したいのが先述した「火災保険の料金はそれぞれの地域や保険会社によっても様々に変わってくる」ということです。

加えて補償の内容や金額、契約年数によっても割引や割り増しが存在していますから、火災保険契約の際には担当者とよく交渉するようにしましょう。

オススメの火災保険一括見積もりサービス

当サイトで掲載している火災保険一括見積もりサービスは、取扱火災保険が10社以上あることを条件にしています。複数社分の見積書を作成するので、一番安い火災保険が見つけやすいのが強みです。

各見積もりサービスでは、保険のプロがあなた専用の見積書を作成。作成する担当者によって見積書の内容も異なるため、「住宅本舗」と「火災保険の窓口」2つのサービスから依頼すると比較の幅が広がるのオススメです。

火災保険の契約日まで時間がある人は、3つのサービスを利用してじっくり検討すると、保険料で損するリスクが軽減します。

どのサービスも強引な勧誘がなく、手続きも3〜5分程度で完了。火災保険料の比較だけしたい人も、もちろん利用可能です!

住宅本舗(イッカツ)【累計利用者50,000人突破!】

プロが作成した見積書で約20万円節約!
利用者累計50,000人突破の「住宅本舗」

「住宅本舗(イッカツ)」の火災保険一括見積もりサービスは、最大16社の火災保険から保険のプロが厳選して、あなた専用の見積書を作成。

住宅本舗は大手保険代理店と提携しているので、見積書の作成は火災保険のプロが対応。火災保険の知識がなくても、親切丁寧に案内してくれるので安心して比較することができます。

初めて火災保険に加入する人や、見直しを検討している人に向いているサービスです。

取扱保険会社数16社:
担当者の対応丁寧・親切:
見積もりスピード速い:

火災保険の窓口【対応スピード満足度90%以上!】

当日見積もりが可能!
契約件数25,000件の実績を持つプロ視点の提案が受けられる

火災保険の窓口では、大手火災保険会社を含めた19商品から最適な火災保険を選別して見積書を作成。
12時までの見積書依頼で当日対応が可能です。

とにかく急ぎで見積書を作成していほしい人にオススメ!

取扱保険会社数-(19商品):
担当者の対応丁寧・親切:
見積もりスピードとても速い:

価格.com 保険【見積もり件数30万件突破!】

年間見積もり件数30万件突破!
最適な火災保険が見つかる価格.com保険

価格.com 保険の火災保険一括見積もりでは、大手火災保険会社12社から最適な火災保険を選別して見積書を作成してくれます。
見積書を依頼してから最短で、翌日に見積書を確認することが可能。

取扱保険会社数12社:
担当者の対応普通:
見積もりスピード速い:

Copyright© 火災保険の相場ガイド , 2019 All Rights Reserved.