安い火災保険を選ぶための3つのポイント!

火災保険を安い保険料にする3つの秘訣と選び方

納得できる補償内容で、なるべく安い火災保険を選びたいですよね?

安い火災保険を選ぶには、抑えておきたい3つのポイントがあります。
そのポイントの中でも、とくに重要なのが各火災保険の保険料比較です。

なぜなら火災保険は、同じ補償内容であっても保険会社によって保険料の算出方法や割引される内容が異なることがあげられます。

ここでは、初めて火災保険に加入する人でも、安い火災保険を選ぶことができるポイントについて紹介していきます。

いますぐ各火災保険から安い火災保険料を知りたい人は下記リンク先で知ることができます。
価格.com保険で安い火災保険を見つける

火災保険を安くするポイント①
火災保険の補償範囲を限定する!

火災保険は、火災だけの補償に特化した保険ではありません。
火災以外にも、落雷や風災、水災など自然災害に対しても補償してくれるのです。

すべての補償を盛り込むことで、さまざまなリスクに対して補償が適用されるので、安心感をえることができます。
しかし、すべての補償を盛り込んだ分だけ火災保険料も高額になります。

逆に補償する範囲を絞ることで、無駄な出費を抑え火災保険料を安くすることも可能です。
また免責金額(自己負担額)を設定することで、さらに火災保険料を安くすることができます。

補償範囲や免責金額の設定は保険会社によって対応が異なる

補償範囲や免責金額の設定などは、すべての火災保険会社が対応できるものではないのです。

火災保険には各社それぞれの特色があり、基本補償(火災補償)をベースに、その他の補償は自由に設計することができる保険、免責金額を細かく設定できる保険など、火災保険会社によって独自の設定方法を設けています。

そのため火災保険の見積書依頼を1社だけに絞ってしまうと、他社との比較ができないので、その火災保険が高いのか安いのか判断することができないのです。

まず火災保険は、ある程度自由に補償範囲を決めることができる、というポイントだけ覚えておきましょう。

安い火災保険を選ぶポイント②
火災保険の割引制度を活用する!

火災保険料を安くするポイントは、補償範囲以外にもあります。
それが、火災保険会社が独自に設けている割引制度です。

たとえばオール電化住宅を購入した人を対象にした「オール電化割引」。
ホームセキュリティを設置している住宅を対象とした「ホームセキュリティ割引」。
喫煙者がいない家庭を対象とした「ノンスモーカー割引」などがあります。

このような割引制度は、すべての火災保険で適用されるものではなく、各保険会社によって異なるのです。

もし不動産会社など、購入手続きついでに火災保険の契約を進めてしまうと、他社の火災保険であれば同じ補償内容でも、割引制度の適用で火災保険料が安くなるのが、それを知らないまま高い火災保険料を払い続けてしまうケースもあります。

火災保険は、保険会社によって独自の割引制度を設けている、というポイントもしっかりと覚えておきましょう。

安い火災保険を選ぶポイント③
各火災保険の見積書を比較する!

ここまで火災保険の補償内容の選択や、割引制度などで火災保険料が安くなることを伝えてきました。

これらのポイントは、各保険会社から火災保険の見積書を作成してもらい比較をすることで、それぞれの違いが明確に知ることができます。

しかし1社ずつ火災保険の代理店から見積書の作成を依頼するのは、手間と労力がかかりすぎてしまい、途中から疲れて面倒くさくなり、適切な火災保険を選ぶことができなる可能性があります。

なぜ疲れてしまうのかというと、火災保険を見積もってもらうには、建物構造や広さなど細かい情報を入力する必要があるからです。
そうしなければ、正しい火災保険料が算出されません。

そこで活用したいサービスが火災保険の一括見積もりサービスです。

火災保険の一括見積もりサービスは、1度の情報入力だけで複数社の火災保険会社から見積書を作成してもらうことができます。

しかも、あなたの条件に合った火災保険会社から見積書が届くので、同じ補償条件で比較することが可能です。

補償範囲も同じなので、あとは火災保険料が安い会社を選択するだけで済みます。

まとめ

以上が、安い火災保険を選ぶポイントとなります。

まだ、1社しか見積書を作成していない方や、これから火災保険に加入する人は、火災保険の一括見積もりサービスを活用して最安値の火災保険をみつけてください。

1点注意点があります。
火災保険が安くなるからといって、補償範囲を減らしすぎてしまうと住んでいる地域によってはリスクが大きくなるので、保険料と補償バランスを考えながら選ぶ方法もあります。

初めて一括見積もりサービスを活用するのであれば「価格.com 保険」と「インズウェブ火災保険一括見積もり」がオススメです。

この2社から見積書作成を申し込むことで、主要な火災保険からの見積書が集まります。
そして、それぞれ提出された見積書を比較するば、より安い火災保険を見つけることができるのです。

見積書作成後は、火災保険の内容についてサポートをしてくれるので、気になる点があれば色々相談して補償内容を検討してみるといいでしょう。

人気の火災保険一括見積もりサービス

火災保険一括見積もりサービスで重要視するべき点は、取扱火災保険数が多いことです。火災保険選びは他社との比較が欠かせないので、なるべく多くの見積書があればあるほど、条件絞込みや補償内容の選択がスムーズにいきます。

当サイトで掲載している火災保険一括見積もりサービスは、取扱火災保険が10社以上あることを条件として掲載。

火災保険料を安くしたい人や、簡単な手続きで見積書を作成してもらいたい人は「イッカツ」と「価格.com 保険」がオススメです。

2つのサービスから火災保険の見積書を作成してもらうことで、どちらのサービスが一番あなたに適しているか比較して判断することができます。

どちらの見積もりサービスも強引な勧誘がなく、入力手続きも3~5分程度です。

イッカツ
イッカツ

プロが作成した見積書の比較で約20万円の節約できた実績あり!
イッカツの火災保険一括見積もりサービス

イッカツの火災保険一括見積もりサービスは、大手火災保険会社12社から、あなたの希望する条件に適した火災保険の見積書を作成してくれます。

イッカツは大手保険代理店と提携しているので、見積書の作成は火災保険のプロが対応。火災保険の知識がなくても、親切丁寧に案内してくれるので安心して比較することができます。

初めて火災保険に加入する人や、親切な対応を望んでいる人にオススメです。

詳細レビューを見てみる 公式サイトを見てみる

取扱保険会社数 12社:
担当者の対応 丁寧・親切:
見積もりスピード 速い:
おすすめ度
価格.com 保険
価格.com 保険

年間見積もり件数30万件突破!
最適な火災保険が見つかる価格.com保険

価格.com 保険の火災保険一括見積もりでは、大手火災保険会社12社から最適な火災保険を選別して見積書を作成してくれます。
見積書を依頼してから最短で、翌日に見積書を確認することが可能。

とくに見積書を早急に取り寄せたい人にオススメです。

詳細を見てみる 公式サイトを見てみる

取扱保険会社数 12社:
担当者の対応 普通:
見積もりスピード とても速い:
おすすめ度
インズウェブ
インズウェブ

住宅購入を検討中でも対応!
お得な火災保険が分かるインズウェブ

インズウェブ火災保険一括見積もりサービスは、大手火災保険会社を含む最大10社から一括で見積もりが可能です!
また、SBIホールディングスが運営元なので信頼と安心感が大きいのも魅力の一つです。

大手企業が運営しているところが安心できるからいいと思う人にオススメです。

詳細を見てみる 公式サイトを見てみる

取扱保険会社数 10社:
担当者の対応 普通:
見積もりスピード やや遅い:
おすすめ度

関連記事

家財保険の対象と適用範囲に含まれるものを徹底調査!

家財保険の対象と適用範囲に含まれるものを徹底調査!

火災保険の資料請求で見積書も同時に貰う方法

火災保険の資料請求で見積書も同時に貰う方法

火災保険の風災・雹(ひょう)災・雪災とは?

火災保険の風災・雹(ひょう)災・雪災とは?

新築の火災保険はどれくらい?

新築の火災保険はどれくらい?

賃貸マンション・アパートの火災保険は必要?補償や金額の決め方

賃貸マンション・アパートの火災保険は必要?補償や金額の決め方

家財保険の必要性は本当にあるの?気になる疑問を徹底調査

家財保険の必要性は本当にあるの?気になる疑問を徹底調査